FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【近況報告】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今年も早いもので3月に突入しました。

まだまだ寒い日が続きますが、季節は確実に
春へと向かっています。

皆様方も体調に注意をされ、良い毎日をお過ごしください。


私はなんとか穏やかな日々を暮らしています。

仕事の方ですが、来週の月曜日に面接となります。

B型事業所の職員での応募ですが、
なんとかいい方向へ向かいたいと願っています。

いろいろ考えることはあるのですが、
私も今年で50歳になります。

もう50歳で良い仕事に就くことは不可能に近いです。

この日本では、40歳を超えると正社員での転職が
難しくなります。

高齢化社会になり、年金支給も引き上げられる今、
このような雇用状況でいいのか?
そう思わざるをえません。


もはや、考えを変えるしかない状況です。

仕事で自己実現を求めることはできません。

仕事はお金のためで生活をするためと
割り切る必要があります。

いつまでも、過去の栄光を求め続けてはいけませんね。

私の40歳代はあまりよいものではありませんでした。

しかしそれは、自己責任というものです。

失った過去は戻ってきませんが、あまり過去のことに囚われず
今後のことを考えて生きていきたいと思います。


家族を大切にし自分が生きれる間は懸命に生きる。

いつまで生きれるかわかりませんが、
なるだけ他人様に迷惑をかけないようにしよう。

そう最近は思っている次第であります。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

【2月27日の朝のつぶやき】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


毎日、普通の生活を普通に過ごしております。

でも、結構辛く思い悩むことが多い。

多分、仕事もしないで家に居るからそうなるのだろう。

仕事がなかなか見つからない。

少し前に面接に行ったが、仕事内容がダメでパスした。

今度はもう少ししたら面接ですが、どうなることやら・・・


最近気にしているのが、堀ちえみさんの病状である。

私は中学生の頃、堀ちえみさんのファンでした。

アルバムも何枚か購入したし、ファンクラブにも入っていた。

なんとか回復して元気な姿を見せてほしい。

そう願うばかりである。


私もいつか癌になるだろう。

癌は命にかかわる病気なので怖い。

でも、どうせ死ぬんだったら癌で死にたいと思う。

あまり早い時期に癌にはなりたくない。

70歳ぐらいでなるのがベストではないか。


断酒は続いている。

癌で死ぬのは仕方ないが、酒で命を落としたくはない。

酒で命を落とすのはあまりにも惨めだ。

だから、私は断酒をする。

たまに飲酒欲求がわく時がある。

でも、飲んだらどうなるかわかっているので飲まない。


今日も1日が始まった。

どういう日になるかはわからないが、穏やかに過ごしていきたい。

そう思う次第である。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 最近の徒然 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


まだまだ寒いですが、たまに暖かい日があるようになりました。
まだ2月ですが、着実に春へと向かってますね。


私の方は、穏やかな毎日を過ごしています。

しかし、仕事の方がうまくいきません。

というか、シフトに全然入らないのですね。

なので、仕事を変えようと思っています。

明日、面接になります。

でも、もう一つ応募しているところがあるので、すぐには判断しません。

どちらかよい方を選びたいと思います。


趣味の方はゴルフとオオクワガタ飼育ですが、
今のところ6:4の力配分で楽しんでいます。

ゴルフはお金がかかると思われがちですが、
最初にクラブを購入したらそんなにかかりません。

練習場に行っても、1日1000円ぐらいで済みます。

しかし、オオクワガタ飼育の方はお金がかさむのですね。

2~3ヶ月に1回、幼虫の餌替えがありますから、
その時は万単位でお金が飛んでいきます。


まぁ、仕事が決まるまで少しゆっくりします。

皆様方も健康に注意されお元気に過ごしてくださいね!


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました
関連記事

【 ダメなつぶやき 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


久しぶりの更新になります。

調子が悪かったわけでなく、ちょっと始めたツイッターに
はまっていたからです。


さて、いつもながらにして人生とは苦しい。

思い通りにいかないし、仕事もなかなかうまくいかない。

今あえていいとするならば、家族との仲。
でも、これが悪くなったらもうお手あげであります。

40歳からこのかた、良かった時期というのがありません。

仕事はうまくいかない。体は段々悪くなる。
過去のことは言いたくないですが、なんて人生を歩んできたんだ。
と言いたくなります。

妻はよく言います。
『いいじゃないの。普通に生きていれば十分よ』
と。

確かにそうかもしれません。

でも、自分が生きていて、自分の価値というものが
感じられないのですね。

何のために生きているのか?

そのようなことを混沌と考えながら日々過ごしています。


最近、笑ったことがありません。

というか、なにも面白くないといった方がいいかもしれない。

歳とると笑えなくなるというのはこういうことだったのか。
そういうことを思ったりしています。

でも、

『今日1日が無事に過ぎればそれでいいか!』

とも思います。

何事もなく今日1日が過ぎる。

結構、それが幸せだったりするのかもしれないですね。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 煩悩 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近、体の調子が良くありません。

不安感が襲ってきて、イライラする。

そして、

とても強い欲求不満であるのです。

欲求。

それは、金があれば購入できるのですが、
それがないのでできません。

その苛立ちが私の心を不安定にするのです。


なにをやっても面白くない。

そういう日々が続いています。

なにかが足りない。

なにか自分の満足することが欲しい。

そういう気持ちで一杯です。


人間、身の丈に合った生活で満足できればいいのですが、
現実はなかなかそうはいかないです。

もっといい生活を!
もっといい生き方を!

そのようなことを思ってしまいます。

明らかに煩悩ですね。

今日はなんとか煩悩を埋めるべく、
なにか行動したいと思います。

張り合いある1日。
そういう1日を過ごしたいものです。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 生きる 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


『生きていく』

このことが本当に大事だな、と最近とみに思うようになりました。

人間、「もう死んでしまいたいな」と思うことは数知れず。

しかし、

生きている以上は懸命に生きなければならないのです。

人間は一人で生きているのではありません。

誰かに助けられながら、支えられながら生きているのです。

それを、

自分から命を落とす行為というのは、その方々に失礼です。

当然、生きていくのは基本自分のためですが、
そうやって支えられている方のためにも生きる必要があります。


生きているというのは、生かされているということでもあると
思っています。

私も以前、ある病気のことで死にかけました。

入院中でしたが、夜に血圧の最高の値が30を切ったのです。

しかし、ドクターやナースの方の尽力で生き延びることができました。

そういう生かしてくれた方にも感謝しなければいけません。

安易な気持ちで死にたいと言わないことが大事です。

意識があって死ぬというのは、とても苦しくて辛いのです。


私が過去に膵炎を発症した時に、外科医がこう言いました。

『あなたはもう死んでもいいと思っているでしょう。
 しかし、人が死ぬとはそう簡単なことではないのですよ。
 苦しんで苦しんで苦しんだ挙句息を引き取るのです。
 そこをわからないといけないですよ』

と。

ドクターの言う通りだと思います。

人間が一人死ぬということは並大抵な苦しみではありません。

私は生きれる限り、生きようと思います。

それは、この世に生を得たものの義務でもあります。

『生きる』

普段はあまり考えないことですが、そのことはとても尊いことなのです。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【我慢強く生きる】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近、気付いたことがあります。

それは、

『我慢強く生きていかないといけない』

ということです。

私は今まで、根っからの我慢嫌いでした。

しかし、

我慢というのは一種の慣れだと思うのですね。

常に我慢強く生きていると、それに対する耐性ができ、
本当に我慢強い人間になると思うのです。


私はアルコール依存症です。

なので、酒を一滴も口にすることができません。

しかし、断酒を続けていく中で一番厄介なのは
飲酒欲求であります。

この飲酒欲求をどう乗り越えていくか?

そこが大事なわけです。

やはりこれも、最終的には我慢強く乗り越えていかねばならない
と考えています。


我慢強さも修練で身に付くものと考えます。

人間、自分の好き勝手で生きていくわけにはいきません。

ですから、我慢強く時を待つというのも大事なことでしょう。


我慢強くコツコツと人生を歩んでいく。

そういう人間になりたいものです。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 自分をダメな人間とは思わない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


『あぁ、自分はダメな人間だ』

そういうことを思う時があります。

しかし、

私が最近実践しているのは、
絶対自分をダメな人間とは思わないようにしよう
ということです。

ダメだと思うと本当にダメになってしまいます。

また、

負の連鎖というのも付いて回ります。

だから、

・自分は大丈夫
・まだまだ負けはしない

そのように強い気持ち(メンタル)を持って
常に臨むようにしています。


現状が自分の理想と違っても構わないと思っています。

理想はあくまでも理想。

人生、そんなにうまく理想通りにいくわけがありません。

過去へのトラウマで悩んだ時期もありました。

しかし、過去は過去であってこれからではないのです。

たとえ忌まわしい過去であっても、それを忘れるということが
大事です。

もはや私は、過去への囚われから脱せたと思ってます。

それには、自分を強く持つという信念が大切だと思います。


人間、自分で自分を痛めつけるようなことは
しない方がいいです。

どんなに不遇な状況であっても、「きっと大丈夫!」
そう思っていれば気持ちが沈むことはありません。

私はもともとネガティブな人間です。
なので、物事を悪い方向へと考えがちです。

でも、それではいけないと思いました。

さすがにポジティブに物事を考えることはできませんが、
自分を強く持って耐えることはできます。

人間には失敗や挫折は付きものです。

だから、そういうことがあっても悲観することはありません。

『そんなことで負けてたまるか!』

そのように思い、次々と襲いかかる難題を解決していきたい。

そう思う次第です。


今回は以上です。  閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 人生とは難しい 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人生とは難しい。

どうしていいかわからないことが多い。

・このままの自分でいいのか
・何か変えなければいけないのではないか

そう試行錯誤しつつ毎日を過ごしている。

勝ち組・負け組という言葉があるが、
私は一般的には負け組の部類に入る。

しかし、

それは仕方のないこと。
そして、過去のことである。

人生においては、これから大事。

これからどうするか。
今何をするか。

そこに集中するべきであろう。


気持ちが弱くなる時がある。
そして、暗い気持ちになる時も。

しかし、そういう時こそ強い気持ちを持つことが
大事であろう。

自分は自分に負けないという心。
そして、ポジティブに考える気持ち。

それを持っていないとダメになってしまう。


人生とは難しい。

そして、生きていくのもそう簡単ではない。

しかし、だからこそ生きるというのは楽しいのかもしれない。

そう考えると、むやみに悲観的になるのは
やめておいた方がいいだろう。

今年一年、頑張っていこうと思う。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 人生、なにが成功かはわからない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


世の中には、一般的な成功例というものが存在します。

それは、

・サラリーマンで退職まで働く
・マイホームを持つ
・結婚して子供は2人
・大病をしない

ですが、

しか~~し、

そんなものは幻想に過ぎないのです。

つまり、

人間に於ける人生の成功とは、一つではないのです。

なにが成功かはわからない。

それが、人生というものではないでしょうか。

私は、上記に挙げたものを一つも持っていません。

でも、それでもいいと思っています。


チャンスはいつやってくるかわかりません。

私は今年の11月で50歳になりますが、
まだまだチャンスはあると思っています。

一番大事なのは諦めない心。
常に前向きに生きようという気概。

それこそが大切なのでしょう。

人間、枯れてはいけない。
枯れるのは死んでからでいいでしょう。


『人事を尽くして天命を待つ』

そうやって常に前を向いて生きていきたいものです。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 2019年の抱負 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


2019年になりました。
新しい年です。

昨年はいろんな面で反省することが多い年でしたが、
今年は充実した年にしたいと思っています。

まずは、

今年の抱負をどうするか?

ですが、

私は、『メンタルを強くする年』にしたいと思っています。

ここ何年か、メンタルが弱くなっていることに気付きました。
その原因は、過去への囚われや自信喪失の部分が
多かったのですが、今年は過去に囚われずすべてのことに
自信を持って臨んでいきたいです。

人間生きていくといろんなことに出くわします。

時にはそれがひどいことであって、苦しい思いを
することも多いでしょう。

しかし、生きていくのに大切なのは、「今なにをするか」です。

人間が自力で変えられるのは今だけです。

なので、過去に縛られず未来を案ぜずに今一生懸命生きる。

それが大事であろうと思います。


それともう一つ、これも大切にしていきたいです。

それは、

『対人関係で負けない』

ということ。

人間が一歩社会に出たら、敵ばかりです。

自分のことだけを考え、人を陥れようと考える人間が多い中、
それらの人に負けるわけにはいきません。

・おかしい(理不尽)と思ったらきちんと言い返す
・利用されていると思ったらきちんとものを申す

そうやって泣き寝入りはしないようにすること。

それを大事にしていこうと思います。


ただ、そうは言っても色々あるのが現実でしょう。

しかし、

自分に負けずに日々精進していく。

そうやって、穏やかな1年を過ごしていきたい。

そう思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【ロクでもない人生。しかし、それでも我が人生】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私の人生はロクでもないものであった。

20代まではまだよかった。

しかし、29歳で結婚をしそこからおかしくなった。

30歳でパワハラを受けて鬱が発症。
1年の休職期間を得て復職するが、また再発。

そして32歳の時にどうにもならず退職。
その後離婚。

そこからは、奈落の谷を落ちるように人生は堕ちていった。

ここには書けないことも数々やった。
当然、警察にお世話になることもあり。

そして、魔の40代に突入するわけだが、
ここからがひどすぎた。

再就職を希望するもどこも正社員では雇ってもらえず、
アルバイトを転々とすることに。

そして、酒にどっぷり溺れてアルコール依存症
にもなった。

現在私は49歳。基本的な部分は変わっていない。


しか~しである。

このようなロクでもない人生であったが、それでも我が人生である。

誰からも後ろ指を指されたくないし、プライドというものも
一応持っている。


そしてなにより、一緒になってもう9年目になる妻がいることだ。

私の人生、誇れることはなにもないが、幸い伴侶だけには
恵まれた。

私は妻を愛している。そして、妻もそうだと思う。

こんな私に付いてきてくれる妻。本当に感謝しないといけない。

そして、この2018年の年末にさしかかり、
来年以降の再復活と回復を願うばかりだ。

誰にでもいつでもチャンスはくる。

そして、そのチャンスをきちんとつかみ自分のものにするには、
自身の心掛けが大事であろう。

よい49歳。そして、よき50代を過ごしたいと思う。

それには、なにをして、なにをしてはいけないかは
わかっているつもり。

来年への最後の投稿になるこの記事において
私は誓う。

これからの人生、幸せであったと言えるものにしたい。

と。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 自信について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近、このことのことをよく考えます。

それは、

『自信』

です。

世の中には二通りの人間があると考えます。

一つは、自信を持っている人。
もう一つは、自信がない人。

であります。

そこで、いろんな本を読んでみると、どうやら自信がある人
というのはある一定の法則があるようなのです。

それは、

『自分への自己評価が高い人ほど、人は自信を持つ』

というもの。

これはだいたいの方がうなずける理由であるでしょう。

でも私は、もっと自信を持つことに大事なことがあると思うのです。

それは、

『気持ち』

であると。

ちょっと精神論のような形になりますが、
人は自分が成功するという気持ちが大きければ大きいほど
自信が持てる。

逆に、失敗するんじゃないかと思えば思うほど
自信がなくなる。

つまりは、自信を持てるかどうかは気持ちの持ちようで
変わっていく。

と思うのです。

こういう考え方もあります。

『成功体験をたくさん積むことにより自信が得られる』

確かにそうかもしれません。

しかし、人生とはスポーツではないのです。

いくら練習を積んだからって、巧くなり自信が持てるような
わけにはいきません。

そして、これを成し遂げるにはあまりにも時間がかかり過ぎます。


「自信を持つ」ための手段はいろいろありますが、
私自身はまずメンタルを強くすることが大切かと考えます。

逆境に置かれた時の反骨精神。

これを持っていると、自信というのは徐々についてくるもの。

そう私は考える次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【自己評価を少しずつ上げていく】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人間には、その人個人の価値と尊厳がある。

これは、誰にも侵されないとても大事なもので、
人から蔑まれても失ってはいけないものです。

では、これはどうか?

自分が自分を愛することができるか?

だが、

これは結構人によって違うもので、
自分を愛せる人は自己肯定感(自己評価)が
高いのだと思います。

自分には個人価値と尊厳があることは認めますが、
自己肯定感(自己評価)は高い状態にない、
と言えるでしょう。

こういうことを書くと誤解されるかもしれませんが、
人間は少々自分本位に生きた方がいいと思っています。

『また、なにか言われるのでないか』

『また、自分を否定されることをされるのでないか』

そういうことを考えていると、他人の目ばかりを
気にするようになり、自分個人の主張が言えなくなります。

『お前はまだまだ子供だな!』

そう言われたっていいのです。

言っていることが自分の気持ちに正直であれば。

過去の苦しみから解き放たれましょう。
そのことがどんなに大切なことか?

とき離れた時わかるのだと思います。

難しいことですが、少しでも過去のことは忘れるべきです。

人間にはたくさんの過去があります。

そのことをいちいち思い出していては気が抜けません。

ただ、いいことをやった時は自分で自分を褒めてあげましょう。
それが、自己満足だっていいのです。

大切なのは、自分への評価を高めること。

つまりは、自己肯定感(自己評価)を高めるということは、
とても難しいことなのです。

しかし、それを一歩一歩やってく。

そうすれば、いつかしら自己評価というものは
上がっていくのだと思います。

社会に出たら、万人が敵だらけです。

そして、そういう人間が自分を否定するのです。

だったら、そういう人間のことも否定してやりましょう。

同じことをして返してやるのです。


もう一度いいますが、人間には個人の価値と尊厳がある。
そして自己を肯定して自己評価を高める必要があるのです。

後ろを振り向かないで生きましょう。

後ろを向いたって何のいいこともありません。

前向きに、そして少々自分本位で生きる。

そのことが大事なのであろう。

そう思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 再出発 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人生とは辛く苦しいものです。

しかし、

それだけで終わってはいけません。

私は、忌まわしい過去に執着していました。

でも、そうではいけないのです。

過去は過去。決して直すことはできません。

なので、大切なのは今。そしてこれからなのです。

人間、いつからでもやり直しがききます。

ですから、私のようなと歳になろうとも、
前を向いて歩かねばなりません。

ようやく暗闇から抜け出すことができそうです。

人生いろいろ。

だけど、後ろを振り返ってはいけません、

常に前を向き、楽しい人生を渡ってみる。

そうでなければ、私が生きてきた甲斐がないではないですか。

自分自身をもっと大切にし、自分自身を変えていきたい。

そう思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【自己を否定され続けると・・・】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私は今、49歳になります。

40歳を超えて現在の群馬に住むようになりましたが、
そこから私はことごとく自分を否定され続けてきました。

特に職場なのですが、こういうことを言われ続けたのです。

・お前はダメな人間だ
・まったくやる気が感じられない
・お前は覇気のない奴だ
・あんたがいるだけで頭にくる
・お前の生き方は間違っている

等々。

このようなことを言われ続けると、自信がある人間でも
そうでなくなってしまいます。

私は若い頃、人並みの自信と自己肯定感を持っていました。

しかし、

先程書いたことを言われ続けてきたことで自信をなくし、
自己を肯定することができなくなりました。

結果、自分の存在意義も感じられず、自分はダメな人間なんだ
と思うようになったのです。

『なんだそんなこと、忘れちまえ。過去に囚われるな』

そう思われるでしょうが、人間が受けた心の傷は
そう簡単に解決できるものではないのです。

この状態からどうしたら脱せることができるのか?
それを模索している毎日であります。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【無題】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


ここ最近、精神の状態が良くありません。

抑うつ状態が続き、気力もほとんどありません。

なおかつ、なにをしても楽しくない。
ただ、じっとしているだけで苦しい。

こんな状態でいるなら死んでしまった方がマシ。

そのように思います。


何のために生きているのか。

その意味すらわからない状態です。

夜眠る時、もうこのまま目が覚めなければいいのに・・・
そういつも思います。

人生とは苦しいものです。

それはわかっているのですが、あまりにも苦しいので
どうしようもありません。


私は、アルコール依存症です。

なので、酒を飲むことができません。

断酒をして酒を飲まなくなると人生が良くなる
と言う人がいますが、私はまったくそうではありません。

現実とは辛いものです。

そして、その辛さから逃げようと酒を飲んでいたのです。

ならば、酒を飲まなくなると、辛い現実を素面の状態で
対峙しなければならない。

そんなこと、耐えられるわけがありません。


この世に生まれてこなければよかった。
そう強く思います。

若い頃、人生はハッピーなものだと思っていました。

しかし、

私は人生を失敗してきてしまったのです。

人生に失敗すると、苦しい人生がもっと苦しいものになります。

今の私、これからの人生に希望などありません。

あるのは絶望のみ。

絶望からはなにも良いことは生まれません。

なので私は、早くこの世とおさらばしたい。

そして、早く無の状態になりたいのです。



≪今回の1曲≫
ザ・ドアーズ で、『 The End 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 カウンセリングを受けてきました 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日の午前中、初めてのカウンセリングを
受けてきました。

臨床心理士は男性。だいたい50歳半ばぐらいでしょうか。
物腰は穏やかで、とても優しい感じでした。

カウンセリングの時間は1回50分。

最初の2~3回は私のことを知るために
いろんな話を聞くということになりました。

私は、過去の辛かったことや苦しかったことを
一つ一つ話していきました。

カウンセラーは私の話を聞き、時々うなづいたり
辛かったですねなどと言ってくれました。


カウンセリングが終わった私の印象ですが、

『あぁ~、自分の話を聞いてくれるって
 こんなに気持ちがいいんだ』

そう思いました。

この感覚は精神科や心療内科の診察では
決して得られないものです。

そして、

心の傷は薬では決して治せない。
そう強く感じました。


もしかすると、カウンセリング自体で私の心の傷が
治ることはないかもしれないです。

しかし、

何回かカウンセリングを行って自分の話を
聞いてもらえたならば、私は自分の苦しかった過去を
受け入れられるかもしれない。

そう思いました。

現在の日本の医療では、カウンセリングには保険が
適用されません。

ということは、カウンセリングが医療として認められていない
ということになります。

しかし、私はそうではないと思います。

心の傷は薬だけでは治らない。
心理的な面をケアしてこそ回復していくのだ。

と。


日本の精神医療は、欧米に比べてかなり遅れています。

薬の認可も非常に遅いです。

しかし、最も遅れているのは心理面からのケアでしょう。

私は少々高額でも、しばらくカウンセリングを
続けていこうと思います。



≪今回の1曲≫
エルヴィス・コステロ で、『 She 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 人の道 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人生とは苦しいもの。

しかし、それでも人間は生きなければいけません。

病気やいろんな障害などが起こるもの。

でも、それでも仕事をして生活しなければいけません。

そうなのです。

人間が生きるのは辛いものですが、その辛さを受け止めて
前に進んでいく。

そうでなければならないのです。


なかなか思い通りにいかない人生。
そして、世の中の理不尽さや不公平さ。

そのことにも耐えて、なんとかうまく世の中を
渡って行く。


言うのは簡単ですが、それを実行するのは結構
難しいもの。

だけど、諦めてはならないのです。

地道に自分の信じる道を歩んでいけば、
いつかいいことがある。

そう思いながら毎日を暮らしていく。

それが、人の道というものではないだろうか。



≪今回の1曲≫
ジャニス・ジョップリン で、『 Kozmic Blues 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 日本という国の愚かなところ 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


年末の、この時期になると思うことがあります。

それは、

『日本で何故クリスマスなんだろう??』

って。

クリスマスとはキリスト教信者の方達が、
イエス・キリストの誕生を祝う祭りです。

それがどうでしょう。

日本ではクリスチャンはほぼ1%しかいないと
いわれています。

その日本が、12月24日~25日にかけて、
『メリークリスマス』と言ってバカ騒ぎをするのです。

また、先日TVでこんな馬鹿なことを言っている
タレントがいました。

『クリスマスって、恋人たちの日じゃないですか!』

と。

もう、アホとしか言えないです。


日本という国は明治維新後、富国強兵の実現をもとに、
欧米の文化を多く輸入してきました。

しかし、その現実というのは、その根っこを全く理解しないで
いいところだけを搾取する。

そういう間違ったものだったのです。


今、日本が一番間違っていること。

それは、

ハロウィンであfります。

ハロウィンとは仮装祭りやバカ騒ぎする祭りではありません。

れっきとした、ケルト民族の大切な祭りごとなのです。

渋谷でバカ騒ぎしている若者。

彼らは、ハロウィンの起源すら理解していないでしょう。

バカ騒ぎして大酒を飲み、ただ楽しければいい。
ああいう姿を見ると、日本も信念のない国になったな~~
と思います。


他国や他民族の文化を取り入れる場合、
その起源をよく知り日本にそれが合っているかどうかを
判断する必要があります。

このことは、マスコミや企業にとって一番大切な
ところです。

マスコミも、クリスマスをはやし立てる前に、
一度キリストとはどういう(人)だったのか?

そういうことをきちんと伝える義務がある。

私は、そのように思う次第です。



≪今回の1曲≫
ザ・スミス で、『 Panic 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。