【 日本航空123便墜落事故 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


日航機事故 灯篭流し

今日は8月12日です。

31年前、日本航空123便が群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根
(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した日です。

私はその日、まだ高校1年生でした。

非常にこの事故のことを鮮明に覚えているのは、その日は自分の通う
高校が明日甲子園に出場するということで、深夜バスで三重県から甲子園に
向かうという日だったからです。

深夜バスに乗る前のまだ家に居る頃、日本航空123便の行方がわからなく
なったというニュースが流れました。

歌手でタレントの坂本九氏が、乗客として乗っていたという報道もありました。

結局何時に墜落したのかはわかりませんが、深夜バスに乗り朝のTVの中で
生存者の女の子が助け出されたことを知りました。

乗員乗客524名のうち死亡者は520名。死者数は日本国内で発生した
航空機事故では2015年8月の時点で最多、墜落事故および単独機の
航空事故でも世界最多の事故でした。

子供ながらにショックだったのを覚えています。あまりにも大きな事故
でしたから。

しかし遺族の方々としては、31年経った今でもその当時のことを忘れ
られないことだろうと思います。

改めて、亡くなられた520名の方のご冥福をお祈りいたします。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 現在の教育現場について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、祝日ということで休日です。

昨日の仕事は割とハードなものだったので、今日はその疲れを
癒すべく家でゆっくりとしています。

しかし、明日明後日(金曜土曜)は仕事です。

まぁ、給料日は15日で、現在金欠状態。
休みであっても何もすることができません。

ならば、「仕事して励んだ方がマシ」と考える次第であります。



さて今回は、「日本の教育現場って、今どうなっているの?」と
言いたくなる事件を二つ


今日の昼に、グーグルニュースを見ていたら、矢継ぎ早に
出ていました。

Ⅰ)小学校校長 女性更衣室にカメラ(8月10日配信)
兵庫県南あわじ市立の小学校に勤務する55歳の男性校長が、
女性教諭用の更衣室にカメラを設置した疑いがあるとして警察に
事情を聴かれていることがわかった。先月19日この学校の
女性教諭が更衣室にカメラがあるのに気づき市の教育委員会に報告。
市教委の調べに対し校長はカメラは自分の物で、盗撮目的で設置
したことを認め、警察に自ら名乗り出たということである。
警察は県の迷惑防止条例違反などの疑いで捜査していて容疑が
固まり次第校長を書類送検する方針とのこと。


Ⅱ)男性教諭を停職3か月…財布置き引き(8月10日配信)
大阪市教育委員会は10日、パチスロ店で客の財布を置き引き
したとして窃盗容疑で逮捕された同市立小の男性教諭(25)を
停職3か月の懲戒処分とした。教諭は同日付で依願退職した。
発表によると、教諭は市内のパチスロ店で、大学時代の友人で
大阪府泉大津市立小の男性講師(26)と共謀し、1万5000円
などが入った男性客の財布を盗んだ疑いで、7月9日に逮捕された。
大阪市教委に対し、教諭は「軽い気持ちでやってしまった。お金は
その後の飲食に使った」などと話しているという。


なんと言ったらいいのでしょう。他人を指導する立場の人間が、
このような事件を起こす。

私も人のことが言える立場ではありませんが、この2件の事件は、
明らかに教職員としてやってはいけないことです。

当然ながら、日本の教職員の方がすべて悪いわけではありませんが、
最近教職員が犯す事件というのが多過ぎるように思えます。

確かにⅡ)の事件に関しては、魔がさしたということが言えるかも
しれません。

しかしⅠ)の事件は明らかにワイセツ行為であり、計画的です。
しかも、それを行ったのは小学校の校長とのこと。
こんなことでいいのでしょうか・・・?


最近、青少年が起こす事件(殺人事件など)が増えています。
先日も、見知らぬ男性を「フィッシングピック」で数十回も刺して
殺害したという事件がありました。

こういう青少年が罪を犯さないためにも、親はもちろんですが、
指導する立場の教職員がきちんとしなければいけないと思います。


『一体日本は、どうしてこんな国になってしまったのか』

私にはよくわかりませんが、様々な人々が様々な状況の中で
病んでいるような気がしてなりません。




≪今回の1曲≫
ザ・ドアーズ で、『 People Are Strange 』 です。

ザ・ドアーズ

ここをクリックしてください



今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 相模原障がい者施設殺傷事件 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


県立津久井やまゆり園

神奈川県相模原市の「県立津久井やまゆり園」にて19人が死亡、
26人が負傷した「相模原障がい者施設殺傷事件」が起きてから、
今日でもう16日目となります。

しかし、私が事件を知ったニュースを見た時のあまりにも
ショック(怒り)の感情は、まだ消えておりません。

第二次世界大戦後の日本において発生した殺人事件としては、
最も多い死亡者を出したこの事件。現在リオオリンピックで
その報道は縮小されているものの、少ないながらもその後の
報道がされている状況です。

しかしです。今現在、最もクローズアップされている部分は、
犯人の 措置入院 の在り方に問題がなかったか、といういつもの
責任論に集中しています。

そして動機の解明ですが、今回のような大量殺人を犯す人間の
殺人動機などを調べても意味がないと考えます。

何故か?

それは、「障がい者に恨みを持っていた」と言われますが、その恨みは
とても稚拙なもので常人では理解できないものだと思われるからです。

なので私が考えるこの事件については、「何故このような狂人が
日本で作られるようになったか」という根本の論議をしなければいけない。
そう考える次第です。


自由や平和。そういうとても大切なものが当たり前のようにある日本では、
「命というものを軽く考えてしまう」傾向にあると思います。

また、一人一人の人権が守られ言論や思想の自由を与えられ過ぎると、
なにも生きることに苦労しないようになり、今回の犯人のような人間が
作られるとも考えられます。

おそらく、「今回の事件の責任がどこにあるか」とか、「どのようにしたら
今回のような事件が再発しないか」などというところに問題点を置くならば、
今回のような事件というのはこれからも増えていくでしょう。

なので、

『日本の教育の在り方、命の尊さとはいかなるものか』

等々、現在の日本をどう変えていったらいいか、という部分に重点を
おくべきであると私は思います。


亡くなられた19人の方のご冥福を祈るばかりです。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 警察官が犯す犯罪について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今夜も中途覚醒しています。

現在2時。なんとなくまどろんでいますが、明らかに脳は
働いています。

というわけで、この時間を利用して一記事書きたいと
思います。


今回も時事問題についてですが、これも最近富に多くなってきた
と感じています。

それは、

『警察官が犯す犯罪』

です。

ここ2日間ぐらいネットのニュースを検索しても、下記のように
2つぐらいの事件はすぐヒットします。

1)盗撮容疑で巡査部長逮捕=スマホでスカート内-京都府警
女性のスカート内をスマートフォンで盗撮したとして、京都府警山科署は
7月20日、東山署地域課の巡査部長伊藤博之容疑者(43)=京都市
山科区勧修寺西金ケ崎=を現行犯逮捕した。

2)福井県警巡査長を書類送検…酒気帯び運転で懲戒処分
福井県警は7月20日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、県警本部
公安課の男性巡査長(28)を書類送検するとともに、停職6カ月の
懲戒処分にした。巡査長は同日、依願退職した。


人間は失敗する動物です。だから私のように、刑事処分を受けることも
あります。

ただ大事なのは、その犯した罪を償って更生し、まっとうな人間として
生きていくということです。

しかしです。

このことは、一般人に対して言えること。

司法の側に立ち、人を逮捕する(拘束する)権利のある立場の人間は、
絶対に犯罪を犯してはならないのです。


でも、こういうことを言う方もおられるでしょう。

『警察官も人間だから犯罪を犯すだろ!』

と。

しかし、それは違うと私は思っています。

法の下に犯罪者を取り締まる権利のある警察官は、
それをしてはいけないのです。
(検事や裁判官も同じ)

そしてそのことは、警察官に就いた時点で覚悟しておかねば
ならないこと。


昨年、私の家の近くの交番に勤務する警察官が、少女を
ワイセツ目的で誘拐しようとし逮捕されました。

その警察官は、あることで被害者となった方の住所から
その少女に近づき、犯罪を犯しました。

そんなことがあると、自分が被害者になっても警察官に住所も
教えることができません。

言ってみれば、治安維持が成り立たないのであります。

日本の治安を保つためにいる警察(官)。
もう少し、襟を正して任務を遂行していってほしいものです。



≪今回のクワばな≫
前々回の記事で、今季の産卵は終了すると言いました。
しかし、このペアだけはブリードしておこうと思います。

阿古谷オオクワガタ

極太阿古谷オオクワ♂

(♂)
・体長:76.0㎜
・顎基部幅:6.5㎜
・顎厚:5.0㎜


(♀)
・体長:52.0㎜

♂は、非常にバランスのよい極太なオオクワです。
悩みましたが、やはりこの血統は残しておきたい。
なので、ブリードすることを決断しました。

このように悩んで迷ったりするのも、クワガタ飼育の
面白いところです。


≪今回の1曲≫
ノラ・ジョーンズ で、『 Summertime 』 です。

ノラ・ジョーンズ

ここをクリックしてください



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 動機が理解できない殺人事件について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、3連休明けの最初の仕事でした。

やはり案の定動きは鈍く、完全に休みボケという
感じで仕事を終えた感じ。

体の方も疲れてしまったため、家に帰って17時過ぎには
寝てしまい、20時まで寝るという暴挙をしでかしました。

やはり、連休明けはこうなりますね。わかっていたことですが・・・
まぁ、明日からボチボチと仕事に慣らせていこうと思います。


さて今回は、最近日本において多すぎると思う事件について
の話となります。

先日、こういう事件がありました。

茨城県龍ケ崎市の川で女性の遺体が見つかった事件で、
茨城県警は17日、殺人容疑でつくば市の県立高2年の
少年(16)=死体遺棄容疑で逮捕、処分保留で釈放=を
再逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。
県警によると、少年は動機について「ただ人を刺したかった」
と供述している。

再逮捕容疑は6月30日午後8時ごろから同11時ごろまで
の間、同県つくばみらい市東栗山の路上で、同県牛久市
上柏田の職業不詳、進士(しんじ)康子さん(42)の背中などを、
所持していた釣り具のフィッシュピックで数十回刺して殺害した
としている。


非常に残虐な殺人事件ですが、問題はその動機です。

『ただ人を刺したかった』

そんな理由で、フィッシングピックで数十回も刺して殺害
するでしょうか。


数えていないですが、こういう理解できない動機で人を殺す
事件が、あまりにも増えているという気がしてなりません。

・人を殺せるなら誰でもよかった。
・死刑になるために人を殺したかった。
・ただ人を殺したかった。


こんなこと、殺人の動機でもなんでもありません。
あまりにも身勝手すぎます。


でも、こういう昔で言う「通り魔」的な犯罪が増えているのは
間違いないことです。

私は心理学者ではないので、このような犯罪を犯す人間の
心理状態はわかりません。

しかし、平和国家と言われるこの日本の中で生きている
日本人のかなりの人が、病んでいるとしか言いようがありません。


教育の問題でしょうか?それとも、日本の生活環境に問題が
あるのでしょうか?

よくわかりませんが、とにかくこのような病んだ事件が少なく
なることを願うばかりです。



≪今回の1曲≫
ロバート・パーマー で、『 Mercy Mercy Me/I Want You 』 です。




応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ