【 言葉には魂がある 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私もつい言ってしまうのですが、良くないことだと思っています。

それは、

『悲観的な言葉』

です。

・自分はダメな人間だ。
・自分はついていない。
・なにをやってもうまくいかない。

等々。

私は、言葉には魂があると思っています。

つまり、悲観的な言葉を発すると、そのような生き方になっていく。
そう思うのです。

思っていても口に出さない。それが大切なのでしょう。

人間、良い時ばかりではありません。
当然ながら、悪い時があります。

良い時はそのまま進んでいいと思います。
でも大事なのは、悪い時の生き方です。

『前向きに生きろ!』

と言われてもそうできない場合もあります。

私は、悪い時は無理に前向きにならなくてもいいと
思っています。

『大事なのはその時の状態を受け入れること』

そして、

『決してこの状態がずっと続くわけではないということ』

それをきちんと意識して時を待つべきなのでしょう。

私もそうですが、こう言いたくなる時があります。

『なんで自分ばっかこんなに不運なんだろう』

って。

でも、自分だけが不運なのではないのです。
人は皆、生きることに苦労しているのであります。

自分だけではない。
「人生とは苦であり、苦労するのが当然なんだ」
そう思えるようになったらいいのだと思います。

今日の私の状態は、まぁ普通だと思います。
どちらかと言うといい状態かもしれません。

しかし、必ず良い時の後には悪い時がやってきます。
そのことを覚悟しながら、良い状態を慎重に進めたい
と考えています。

皆様も、良い1日をお過ごしください!!


≪今回の1曲≫
U2 で、『 With Or Without You 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 余計なことを考えない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、とてもしんどい1日でした。

精神は問題ないのですが、身体が非常に疲れていたのです。
おそらく昨日運動を激しくしたのですが、その反動がきた
という感じです。

ダメですね。いかんです。
もういい歳なのですから、そこそこにして無理をしてはいけません。

明日の運動は、少し控えめにしようと思います。


さて突然ですが、

『人は死んだらどうなるの?』

でしょうか。

天国に行くという説もありますし、極楽浄土に行くという説も
あります。

しかし、実際のところはわからないのです。

あの釈迦さえも弟子たちにそのことを問われると、
きちんとした答えを示さなかったと言います。

でも、おそらくですね。私が思うに、死んだら「無」になると思う
のです。

そして自然に戻っていく。そういう気がいたします。

ならばです。一番大切なのは、

『生きているうちは一生懸命生きる』

ということでしょう。

しかし、人間は毎日調子がいいわけではありません。
いい時もあれば悪いときもある。それが現実です。

要するには、

人間万事塞翁が馬

なのですね。

でも、どうせ生きているなら調子がいい方がいいです。

ならばどうすればいいか?

それは、

『余計なことを考えない』

ではないでしょうか?

人間の精神を悪くするのは不安です。その不安は、未来の
どうなるかわからないことを思い過ぎてなる場合が多いです。

どうなるかわからないことを、今から悶々と考えていても
仕方がありません。

『余計なことを考えずに今を生きる』

精神を落ち着かせるには、そうするしかないと思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 執着を捨てる 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


『心穏やかにし、不安など持たずに過ごす』

なかなか難しいことです。

でも、少しのことを努力することでそれが成し遂げられる
場合があります。

まずは、「取り越し苦労をしない」ということです。

不安とは、自分の妄想に過ぎない場合が多いです。
『これからどうなっていくのか。未来がわからない』

そういう状態になると、人は不安になります。

なので、あまりどうなるかわからない未来を案じて
悶々とするよりは、今何をするかに集中した方がいい
と思います。

あと、このことも大事です。

それは、

『物事に執着しない』

ということです。

人は執着すると、そればっかり考えるようになります。

そして、いい方向へ考えられればいいですが、結構悪い方へ
考えることも多いです。

なので、物事はそこそこのところでよし!とし、
あまり深く考えない方が得策です。

仏教には、『喜捨』という言葉があります。
読んで字の如く、「喜んで捨てる」という意味です。

私が思うに、

喜んで捨てていいのは、「己の執着」だと思います。

・お金
・過去のプライド
・自分の理想の姿

そういうものに終着しないこと。それこそが、不安を呼び込まない
術だと考えます。

今を大事にしましょう。未来はなんとかなります。
なんとかならない物事はないのです。

私も心配性のところがありますから物事に執着しがちです。
でも、「ある程度で止めておく」。そういう勇気も必要かと
思う次第です。


さて、今日はどんな天候になるのでしょう。
たまにはカラッと晴れて欲しいものです。

朝陽が見れるのを楽しみにしている私であります。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 諦めない勇気 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人は、成長し原則として前へ進んでいかねばならない。
しかし、前に進むには色々な選択をせまられる。

『こちらの方がいいのか?いや、あちらの方がいいのか?』

そうやって一つ一つ判断しながら、手さぐりで歩んでいく。

当然ながら、その判断が失敗する時もあるだろう。
そういう時は、潔く撤退する勇気も必要。

だから前述したように、前へ進むことだけが人生ではない。
失敗して撤退し、一時的に後退する時もある。

大事なのは、その時の生き方である。

『前へ進めない。もうダメだ』

そう思う時、一番大切なのは人生を投げ出さないこと。
つまり、諦めないことが重要なのである。

根気よく辛抱する時期も必要。
そして、前へと進めるように努力することも大事。

そしていつしか、長い間苦渋をなめてきた時にも終止符が
打たれる。光明が見えた時である。

そうなったら、また前へと進み始めよう。手さぐりでありながらも。


人生とは、一生順風満帆で生きることはできない。
必ず困難というものが襲いかかってくる。

まずは、そういうことがあるのが普通である。
そう覚悟することが必要であろう。

『覚悟』

それをすることで、どうしようもない不安から脱出できる時がある。

迷うこともあるだろう。不安になることだって当然のこと。

でも、すべての事には終わりがある。
何事も永遠に続くことはない。

今の自分の苦痛を嘆く必要はない。
必ず終わりがあるからだ。

今の自分を否定しないで生きていこう。
自分が自分を否定してしまってはいけない。

自分の価値を信じよう。
どんな人にも必ず生きる価値はある。

現状が不遇であっても落ち込むことはない。
必ず物事は移り変わるからだ。

自分を信じよう。自分を好きになってみよう。
それが、自分を大切にするということだから。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 頑張って生きていきましょう 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今の私に必要なこと。

それは、

『根気よく辛抱すること』

だと思っています。

どんなことでも、一挙に事を成し遂げることはできません。
地道にコツコツと辛抱しながら事を進めていく、という
姿勢が大切だと思っています。

その根気と辛抱のモチベーションを持続させるには、
はっきりとした希望(目標)や夢というのが必要でしょう。

希望や夢。それが強い意志であればあるほど人は
それを成就しようという気持ちになります。

しかし、希望や夢があいまいであった時は、困難があると
すぐ挫けてしまう。

強い意志を持ち、根気よく辛抱強く一歩一歩進めていく。
私がもう一度普通に戻れるのは、それしか手段がない
と思う次第です。


しか~~し、

このような気持ちになるまでは、時間がかかる場合が
あります。

・なにをやってもダメだ。
・なにも気力がでない。
・希望や夢を持てない。

そういう時期というのもあるのが人生の現実です。

この時は、ある意味心の病であることが多いです。
なのでこの時期は、病気を治しつつ心をリラックスさせて
ゆっくり過ごしましょう。

でも、その時に大事なことがあります。

今の自分が不甲斐ない。あまりにも苦し過ぎるからといって、
絶対に自暴自棄になり欲望(煩悩)のままに過ごさない
ことであります。

逃げてもいいのです。働かなくてもいいのです。
そういう不遇の時期は、しっかりと心身の治療に努め
ゆっくり過ごしましょう。

『なんで私はこんなに不運なのだろう↘』

などと自分を責める必要はありません。

人生は諸行無常です。必ずや変化というのが表れます。
なので、決して焦ってはいけません。

私は情けないことに、不遇な時期に酒に溺れました。
その代償はとても大きいものになりました。

だからこの記事を読んでいる方で、「生きるのが苦しい
もう死んでしまいたい」と思う方もおられるでしょうが、
決して自暴自棄にならずに時を待ちましょう。

時を待っていても罪にはなりません。
自分に価値がないということもありません。

要は、人生にはそういう時期もあるということです。

頑張って生きていきましょう。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ