【 執着しない生き方をする 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


生きていく上にはいろいろ大事なことがありますが、
このこともその一つだと思います。

それは、

『執着しない生き方をする』

ということです。

人間は、思い出というものを大切にする傾向がありますが、
仏教的観点からすると「思い出こそ「執着」そのもの」
なのであります。

執着の意味とは、「ある物・事に強くひかれ、深く思い込んで
どうしても忘れ切れないこと」になります。

その対象は異性でもありますし、物にもあります。

色欲や物欲も同じ系統です。恋愛は典型的な執着ですね。
忘れたくても忘れられない。その人との思い出のプレゼントを
見ると思い続けてしまう。

また、一度「新発売の○○がほしい」と思ったら、買うまで忘れられない。
これも典型的な執着です。

どちらも過度になると、ストーカーか依存症になってしまいます。

仏教ではこの執着を「煩悩」としてます。


話は変わります。

こういう考え方があります。

『青年は未来に生き、 老人は過去に生きる』

というものです。

要は、「老人と青年や若い人とは、何で分けられるか?」ということです。

それは年齢ではありません。また、肉体的な若さでもありません。
大事なのは心の向きなのです。

人が若いか老人かを判断するのは、

『心の向きが過去に向いてるか、未来に向いてるかによって決まる』

ということなのです。

過去を憂い、それに執着していると、人は老人になってしまいます。

しかし、

過去に執着せずに今を生きる。そして、希望を持って未来へ行き進む
ことができたなら、人はいつまでも若者であるのです。


人生とは、常に変わっていくものであります。
毎日毎日、一瞬一瞬、刻々と物事は変化していくのです。

なので、過去に執着している場合などないのです。

『今を大切に、その結果未来を明るいものにする努力をする』

それこそが、人間が生きていく上で最も大切であるとも言える
ことだと思います。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 気持ちに余裕を持って生きる 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


このことは私に欠けていたことでもありますが、
ここ最近特に大切だと思うことであります。

それは、

『気持ちに余裕を持つ』

ということです。

仕事のことや生活面、また趣味のことなどに一生懸命になる
ことは大事です。

でも、あまり一生懸命になり過ぎて、周りが見えない状況に
なるといけません。


周りが見えないようになると、良い判断ができなくなります。

なので、

どんなことをする時でも、少しだけ「気持ちに余裕を持つ」
ということが大切だと思い始めたのです。

気持ちに余裕を持っていると、今現在していることが
正しいか間違っているかの判断を客観的にできます。


さらに、

余裕を持って事に臨んでいたら、疲れることもありません。


『気持ちに余裕を持ってゆとりある生活を心掛ける』

そのことが毎日を豊かなものにしてくれ、穏やかに過ごす
術だと思う次第であります。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 自分に甘えない。そして自分の「道」を進む 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日は、予報とうって変わって気温はあまり上がりません
でした。

なので、作業の方は比較的やりやすかったです。

ただ、風が強かったですね。
植えていた苗が、吹き飛ばされることもあったくらいです。

今日も昨日と同じような天候のようです。

しか~~し、

今日仕事をすれば明日は休日です。
そうなると、モチベーションも上がります。

怪我のないように注意して頑張ろうと思います。


世の中には、自分に甘えている人がいます。
その方は、わからないうちに自分に負けているのです。

「自分に甘えない方」
そういう方は、やるべきことをきちんとやりこなし、
淡々と物事を遂行していきます。

それを続けていくと、知らないうちに人は成長していきます。
人は、成長していくことが「人生の目的」の一つと考えて
いいでしょう。

自分に甘えている人は、他人に依存していることが多いです。

「他人への依存」
それは、極力無くしていかねばなりません。


話は変わります。

他人の言動にいちいち気を使うことはありません。
しかし、他人の言動や評価をすごく気にする方も存在します。

そして、そういう方に限って「自分は自分。人は人」などと
言うのですが、実際のところは他人の言動に左右されて
いるのです。

「マイペース」
これを貫くのが良いと思います。

自分の「道」は自分だけのものです。
その「道」を進むには、粛々とやるべきことをこなしていく。
そのことが大切であると思います。


自分が決めた「道」とは、誰がなんと言おうが正しいのです。
また、自分自身も正しいと信じて歩んでいくことが大事です。

他人のペースに自分を乱されないようにしていこうと思います。
それが、自分自身の人生を進んでいくということになるのですから。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 幸せに過ごすための努力 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日もとても暑い日でした。
気温も上がってましたが湿度も高かったため、作業をしていても
結構辛い状況でした。

昨日は玉ねぎの葉切りを1日して、大変疲れました。

家に帰ってもバタンキューで、長い間寝てしまいました。

現在は2時前。ついに私の至福の時間がやってきました。
疲れもだいぶとれ、非常に落ち着いた感じでPCの前に座って
おります。

今日は休日です。やるべきことが多く行動することが多くなる
1日になりそうですが、休憩を入れながらゆっくりと進めていこう
と思っています。


さて最近ですが、毎日大体同じような日々を過ごしてるような
気がします。

特に目立った良いこともなく、特に目だった悪いこともない。
そういう普通の毎日を淡々と過ごしているような感じです。

以前もお話ししましたが、私の祖母がこのようなことを
よく言っておりました。

『あのな。毎日なにも起こらずに1日が終えることができたら、
 それはとても幸せなのだよ』

と。

今私は、祖母が言っていたそのままの日を過ごしています。
ということは、とても幸せなのでしょう。

しかし、

今考えていることは、現在の状態を維持することです。

幸せであるというのは、毎日の努力の結果だと思っています。

では、どういう努力をすればいいのでしょう?

私が考える努力とは、

・家族(妻)と仲良く過ごすようにする。
・必要のない欲望に溺れないないようにする。
・規則正しい生活をするように心掛ける。
・不安を消し去る
・今を大切にして生きる。

こんなところでしょうか。


何も変化のない普通の日を送ること。結構難しいことです。

でも私は、その何も変わらない毎日を送るために、
多くの努力をしようと考えております。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 幸運を逃さないようにしよう 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日はとても暑い日でした。

日中の外気温は30℃を超えていたと思いますし、
私が作業をするビニールハウス内は38℃まで
達していました。

でもです。私自身、あまり辛いとは思わなかったのですね。
どちらかというと、快適に仕事ができたという印象を受けます。

これはいったいどういうことなのか?

よく考えたところ、どう考えても私の体力が付いてきた
としか思えないのです。

今の仕事を始めて、もう1ヶ月と20日が過ぎました。

最初の頃はとにかく作業が辛く、そして坐骨神経痛などに
悩まされて仕事どころではありませんでした。

でも、人間には適応能力と耐性というのがあるのですね。

徐々に作業が辛くなくなり、坐骨神経痛もほとんど痛みを
感じなくなっていきました。


人間、すべてのことに耐えなければならない、ということは
ありません。

仕事内容が自分に合わなかったり、人間関係がうまくいかない
場合は、それをストップした方がいい時があります。

でも、そうではない、ただ仕事がきついというだけの場合、
少々耐えてみるのもいいことだと思います。

人間、なにかを始める時はいろんな弊害が起こります。

でも、その弊害を少しずつ乗り越えていくと先の未来は
明るいものになる気がします。


今、私は仕事をするのが楽しいです。

それは、人間関係もうまくいっているという非常に稀な境遇に
出会えたからだと思っています。

高齢での転職は、なかなかうまくはいきません。
私もずっとそれで悩んできました。

しかし、どうやらいい縁に巡り合えたという感じがします。

これは、すべて運であると思います。
まだ私にも運があったんですね。


この運を逃さないためにも、頑張って仕事に従事しようと思います。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ