【 幸運を逃さないようにしよう 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日はとても暑い日でした。

日中の外気温は30℃を超えていたと思いますし、
私が作業をするビニールハウス内は38℃まで
達していました。

でもです。私自身、あまり辛いとは思わなかったのですね。
どちらかというと、快適に仕事ができたという印象を受けます。

これはいったいどういうことなのか?

よく考えたところ、どう考えても私の体力が付いてきた
としか思えないのです。

今の仕事を始めて、もう1ヶ月と20日が過ぎました。

最初の頃はとにかく作業が辛く、そして坐骨神経痛などに
悩まされて仕事どころではありませんでした。

でも、人間には適応能力と耐性というのがあるのですね。

徐々に作業が辛くなくなり、坐骨神経痛もほとんど痛みを
感じなくなっていきました。


人間、すべてのことに耐えなければならない、ということは
ありません。

仕事内容が自分に合わなかったり、人間関係がうまくいかない
場合は、それをストップした方がいい時があります。

でも、そうではない、ただ仕事がきついというだけの場合、
少々耐えてみるのもいいことだと思います。

人間、なにかを始める時はいろんな弊害が起こります。

でも、その弊害を少しずつ乗り越えていくと先の未来は
明るいものになる気がします。


今、私は仕事をするのが楽しいです。

それは、人間関係もうまくいっているという非常に稀な境遇に
出会えたからだと思っています。

高齢での転職は、なかなかうまくはいきません。
私もずっとそれで悩んできました。

しかし、どうやらいい縁に巡り合えたという感じがします。

これは、すべて運であると思います。
まだ私にも運があったんですね。


この運を逃さないためにも、頑張って仕事に従事しようと思います。



≪今回の1曲≫
エルヴィス・コステロで、『 Peace, Love and Understanding 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 グレーのままでいいじゃないか 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日の休日も、早夕方となってしまいました。

午前中は読書とクワガタ飼育、午後は昼寝をしていました。
13時~16時までの3時間、バッチリ寝ました。

精神的なものは何も問題ないですが、昨日から膝が痛いのが
気になります。でも、まずは様子見でいこうと思います。

明日からは水曜日まで仕事になります。
また雨が降らないか心配ですが、頑張って仕事をしようと考えています。



さて私、若い頃は早く物事を決着させたいと焦ることが多かったです。
要は、「白黒をはっきりつけたい」ということだったわけですね。

でも、そうすることによって人との意見の衝突や、自分の思い通りに事が
進まないことにストレスを溜めることが非常に多かったです。

なので最近は、そこのところを改善してこう思うようにしています。

それは、

『グレーのままでいいじゃないか!』

ということです。

物事を決めるのに焦りは禁物です。焦って直ぐに結論を出そうとすると、
失敗する確率が多くなってしまいます。


日本人は、外交交渉が下手だと言われます。
それは、「白黒を早くつけたい」と焦るからだと言われています。

外交交渉が巧い国というのは、なかなか結論を急ぎません。

「ああでもない。こうでもない」と言いながら、物事を先延ばすことが
よくあります。

これは、「グレー交渉」と言って自分の国の利益をうまく導き出す
手法なのであります。


生活面を考えてもそうではないでしょうか。

あまり焦らずに物事に対してじっくりと取り組む。
その方がパニックになることはありませんし、時の流れを良く読める
ことにも繋がります。

病気の治療でもそうです。

早く治そうと焦りがあると、精神的に不安定になり逆効果になることが
多いです。

それよりも、じっくり時間をかけて少しずつ治療をしていく。
その方が、結局は治療の完治は早いのであります。


『物事を白黒つけずにグレーのままで置いておく』

これもいつも言ってますように、「中道 の状態を維持する」
ということに繋がると考えている次第です。



にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 自分へのルールを多くつくらない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、朝から大雨でした。

雨の中の作業は大変であり、かつ不快であります。
仕事が終わったら、作業着がビショビショになってしまいました。

でもまぁ、それでも明日は休日です。

明日の休日も特に予定を立てず、成り行きに任せて過ごそう
と思っています。



人生にはいろいろ気を付けることが多いですが、これもその一つです。

それは、

『自分へのルールを多くつくらない』

ということです。

※自分へのルールというのは、自分の生き方や生活に対する基準のこと
  です。つまり、人が物事を判断する時の価値基準ということになります。



自分へのルールが多いとどうしても人は、「こうでなければいけない」
とか「こうあるべきだ」という極端で偏った思考になりがちです。

そうなるとどうなるのか?

それは、

『自分のルール以外に物事がなった時に対処できなくなる』

のであります。

物事は、思い通りには行かないのが世の現実です。

なので、「自分がこうなるべきだ」と思っていてもそうなることは
なかなかありません。

しかし、自分へのルールが多く柔軟な対応ができない人は、
そのことが許せなくなるのです。

そうなると、他人との意見が衝突したりなどの人間関係にも
問題がでてきます。

したがって、

『自分へのルールは少なく、そして思考にも幅を持たせる』

ことが大切だと思っています。

それにはいつも言ってますが、何事にも「中道」の立場を
維持して生きていくことが大切です。


・どちらか極端な思考に偏らない。
・「こうでなけなければいけない」という極端な思考を持たない。


それこそが、この厳しい世の中で生き残っていく術であると
思う次第です。



にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 人事を尽くして天命を待つ 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私は、常日頃からこう思っています。

『何事を成すにも努力が必要だ』

と。

それは、

・幸せになること。
・平穏無事な生活を送ること。
・病気を治すこと。
・自己実現を達成すること。


等々。

すべて同じと考えています。

しかし、人間の努力にも限界があります。

だから、「自分はここまでやったんだ」という為のいい諺が
あります。

それは、

『人事を尽くして天命を待つ』

であります。

自分がやれるところまでの努力はするのです。
でも、その努力にも限界がある。

なので、「自分はここまでやったんだ」という自信があるならば、
あとは運を天に任せるのです。


前述したように、努力なしではなにも成就することはできません。

しかし、

やり過ぎもまたいけないのです。

その辺りのさじ加減は自分の判断になりますが、
自分ができる精一杯のことはやるのです。

そうしたら、あとはどうなろうと結果待ちです。


『果報は寝て待て』

などという諺もありますが、ただ寝ているだけでは果報は
絶対にもらえません。


人事を尽くさねばならないのです。

各々、努力する内容は人によって違います。

時には病気を治すために、「安静にしていること」が
人事であることさえあります。

努力や人事とは、ただ一生懸命頑張るというだけでは
ありません。

その時その時に合った内容というものがあるのです。



というわけで、今日も私なりの人事を尽くしたいと思います。

それは、自分にできることの最大限の努力だからです。



にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 自分本位に生きる 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今朝目覚めた時・・・

『右手の指とその根元が激痛』

でありました。

パソコンを使おうと思ったのですが、痛くてマウスさえ
まともに動かせない状態。

『いやぁ~、これはいかんぞ』

そう思い、予定通り仕事に出勤する前に整形外科に行きました。

ドクターに診察してもらったところ、やはり「ばね指」という
診断でした。

そして、手に注射を2本打ってもらいました。

しかし、その注射がとても痛かったのです。

私は注射や点滴の針の痛みには強いほうです。
でも、かなりの痛みを感じました。

しかし、

注射を打ってから5分ぐらい経つと、不思議に痛みは
消えていきました。

現在もほぼ痛みはありません。

『思い切って病院に行ってよかったな』

そう思っているところです。ほんとよかったです。



さて、以前には結構書いていましたが、ここ最近書いていない
ことがあります。

それは、

『自分本位に生きていくこと』

であります。

「自分本位」と言うと、身勝手だとか自分勝手だとかを連想
するでしょうがそうではありません。

簡単に言いますと、

『自分の人生を自分で決め、判断し、自分自身の「道」を進む』

ということになります。

私もそうでしたが、人は他人の言動に影響を多く受けがちです。

下手をすると、他人の「間違った判断」を信じ誤った方向へと
進んでいくことがあります。

しかし、人生とは自分自身のものです。

当然助言などには耳を傾けなければいけませんが、
最終的に判断を下すのは自分自身なのです。

他人と自分を比較したり、自分の生き方を他人に委ねることは
とてもナンセンスなことだと思っています。

やはり自分の生きる道は自分で決め、自分自身の「道」を
自分自身の足で歩いていこう。


そのように、しばらくぶりに思った次第です。



にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ