【 連休初日を終えてのつぶやき 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は連休初日でした。

いったい私は何をしていたか?

それは、

『ただ、のんびりとしていただけ』

なのであります。

・愛鳥たちをカゴから出して一緒に遊ぶ。
・クワガタの成虫に餌をあげる。
そして、
・昼寝を3回する。

最初の2つはまぁいいでしょう。
でも、昼寝3回は自分でもすごいな!と思います。

朝食後、昼食後、そして夕方の3回。
よく寝れるものだと自分でも感心する次第です。

仕事の疲れが溜まっているのだと思います。

もはや、仕事を終えた夜寝ただけでは疲れが取れない
身体になってしまったのでしょう。

でも、今の仕事を始めてほぼ1ヶ月が経ちました。
だいぶ体力はついてきたかな、という感じはしています。

ただ、坐骨神経痛の痛みとの闘いですので、
あまり無理することができません。

その辺りは上司の方も理解していただいているので、
とても感謝しています。

あと、

ばね指の方は痛いことは痛いのですが、朝方から
比べると日中は指を動かしているせいか多少マシ
である感じがします。

月曜日に整形外科に行く予定にしています。


明日は、車検に出していた車が出来上がったようなので、
昼ぐらいに取りに行きます。

最初の予定からは多少足が出たようですが、そこはまぁ
仕方がないところでしょう。

今夜もゆっくり休もうと思います。
皆様も、よい夜になりますように。



≪今回の1曲≫
ザ・ビートルズ で、『 Mr.Moonlight 』 です。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 本に関するつぶやき 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


先日、本棚の整理をしました。

そうしたところ、結構読みかけの本というのが
あるものです。

この本もその一つです。

五木寛之
~生きるヒント~

生きるヒント


私がこの本を購入したのはいつだったか。

もう完全に忘れましたが、かなり前の
まだ若きし頃の時期であったような気がします。

昨日、1時間くらいかけて読んでみましたが、
さすがは五木氏です。なかなか興味深いことが
書かれてあります。

でも、若きし頃の私には、生きることとはなんぞや?
などに興味がなかったのだと思います。

なので、読みかけのままになっていたのでしょう。


このように、新しい本を購入し続けるのもいいですが、
昔読んだ本や読みかけの本を読み返してみるのも
なかなかいいものです。

本とは、1回読んだだけではわからない部分があります。
なので、繰り返し読むことで作者の言いたいことが
理解できるというところがあります。

さらに、読む年齢によって内容の感じ方が変わってくる、
ということもあるでしょう。


しばらく、今持っている本を読み返してみようと思います。
購入した当時ではわからない、何かが発見できるかもしれません。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 ある春の日のつぶやき 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


日本というのは、四季というのがはっきりしている国です。

私は個人的に秋が好きなのですが、最近春という季節の
良さを再認識しています。

寒さの厳しい冬。樹々は枯れ、動植物たちはその寒さに
耐えて、命を絶やさないように生き忍びます。

それはまさに、人間で言う辛く苦しい時と同じであるとも
言える気がします。

しかし、物事は必ず変化します。

辛く苦しかった時期を耐え忍び、状態が良くなっていく。
そういう時は必ずやってきます。

その状況になることが、なにかしら冬から春に変わる
現象に似ているような気がするのです。


気温は暖かくなり、いろんな植物たちも段々花を咲かせ
るようになります。

そうなってくると人間の体調にも変化が表れ、
気分というのが徐々に上がってきます。

他の方のブログを拝見していても一様に春になると、
精神の状態が良くなってきたという記事をたくさん
見かけます。

かく言う私も、冬の時期はあまり調子がよくありませんでした。

気分が落ち込んだことで鬱になったり、気力も落ち気味で
やるべきことも放っておくということも多かったです。


人間には、好調な時期とそうでない時期がどうしても
存在します。

どんなにポジティブ思考な方でも、そうであると思います。

不調な時期。この時はあまり無理をせずに調子が良くなる
時を待つことが必要です。

その時を待つというのはとても辛いもの。

しかし、朝が来ない夜はないように、じっと時を待っていると
段々良い風が吹いてきます。

まさにそれは、光明が見えてくると言ってもいいでしょう。

『人間万事塞翁が馬』

良いことの後は悪いことがやってくる。
また、悪いことの後には良いことがやってくる。

世の中はそう回っているようでして、波というのがどうしても
あるようです。

私はまだまだ人間的に未熟ですのでうまくできないですが、
人生というのはその波というのをうまくコントロールしていく
ことが大切だと思います。

上手に心の状態をコントロールする術。
それを身に付付けたいと日々思う次第であります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 私に素晴らしき未来は来るのか 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


何故私は今のようになってしまったのか?
そのことは、常日頃ず~っと思うことであります。

そこそこの学歴をもって23歳で社会人になりました。
最初に入社した会社は、大手住宅メーカーの設計(研究開発)部門。

そこで32歳まで働き、その後旅行会社の営業マンに転職。
この営業という仕事も自分に合ったようで、仕事を楽しみ
ながら働きました。

しかし40歳になって会社は倒産し、職を失いました。

ここまでは私、まずまずいい人生を進んでおりそこそこに幸せも
感じていました。

でも、いいこともそこまで。職を失った私は、遠距離恋愛を
続けていた今の妻を慕って群馬県に移住しました。

ここから私の人生は、暗黒時代に入っていくのです。

・なにをやってもうまくいかない。
・正社員を目指すもまったく採用されない。
 採用されるのはブラック企業ばかり。
・アルバイトを転々とするものの、長くは続かない。

そうして私は、酒へと溺れていくのでありました。

結局アルコール依存症となり、膵炎も4回発症。
その入院のなかで、1回はほぼ死にかけました。

しかし、

そんな地獄のような人生から脱却しようと何回も
立ち上がり(這い上がり)ました。

でも、結局はいい結果が出せない。

そういうことを繰り返しながら今まで来ました。

結局群馬県に来て6年間(7年目)、いいことなど
なにもない状態で時間だけが無為に過ぎていきました。

『一体なんだったんだろう。この6年間』

そう思うことしかりであります。

抜け出そうと努力してもなかなか出口が見えない状態。
「出口は本当にあるのか?」
そう思うことも多々あります。

『もう一度きちんと働いて、妻と二人で幸せに過ごしたい』

その気持ちは非常に強いです。

でも、なかなかそういかないのが現状。
「一体どうすりゃいいんだい?」
そう毎日思います。

『苦しい。あまりにも人生は苦しい』

そう思う私に幸せは来るのでしょうか?
わかりません。未来だけは予想することはできない
のであります。



≪今回の1曲≫
チェット・ベイカー で、『 Almost blue 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 ただのつぶやき特集 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今年もあと4日になりました。

世の中では師走と言いますが、私はなんにも走っておりません。
穏やかな日々を過ごしています。

体調も悪くない。不安もない。しかし、刺激もない。
そういう毎日ですが、なにか小さな幸せを感じています。


今年は不安になるのが多い年でした。

大きなものでは3つ程ありましたか。
いやぁ、ほんと苦しかったです。

なので、来年は不安の少ない年にしたいです。


来年は、春ぐらいにアパートの引越しを考えています。

今のアパートは2DK。しかし、すべての物が古すぎます。
サッシからは隙間風がじゃんじゃん入ってきます。
これでは、エアコンがあっても温度管理などできるわけがありません。

やはり、2LDK以上で築年数も新しいところがいいのではないか、
と妻と話しています。


なにもしてなくても困難というものはやってきます。
それは仕方がないです。世の中の現実なのですから。

しかし、自分で自滅するようなことはしたくはありません。
なので、悪い欲望などに手を出さずまっとうな生き方が
したいと思っています。

やはり、身の丈に合った生きた方をするのがいいのでしょう。

程々の幸せを感じつつ、穏やかな日々を送っていきたい。
そう思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ