【 諦めないこと。そして信じること 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今回は、人生において最も大切なことを言います。

それは、

『諦めないこと』

であります。

人間とは失敗する生き物です。
だから、失敗し挫折もするのです。

しかし、

1回や2回の失敗で大切なことを諦めていいのか?

答えはNOであります。

自分が正しいと思い、それを成し遂げたくあるならば、
何度失敗してもへこたれないことが重要です。

いわゆる、七転び八起であるのです。

『諦めないかぎり負けたわけではない』

そういう言葉があるように、信念を貫くということは
とても大切です。


そしてもう一つ。

『自分が正しいと思ったことをあくまでも信じる』

その姿勢も大事です。

『ほぼ可能性がないことをすごく心配する』

人間はそういうところがあります。

でも、

・確立が非常に低い
・信じた方が同じことを言っている

のであれば、それを目隠しで信じてもいいのではないでしょうか。

よく、「可能性はなくはない」などと言う人がいますが、
確かにそうなんでしょうけど、ほぼそういう時は可能性はありません。

私はいつも、「人生は確率の問題である」と言いますが、
悪い確率が1%以下の場合、それで心配する意味があるでしょうか?

答えはNOであります。

『人間、信じる者は救われる』

であり、100%大丈夫と言うわけでなくてもほぼ大丈夫なら
それを信じ切る。

そういう曖昧なところも重要です。


人間は、自分が正しいと思うことを諦めず、
かつ自分が大丈夫というものを強く信じる。


私はそうやって生きていきたいと思います。



≪今回の1曲≫
ヴェルヴェッド・アンダーグラウンド で、『 I´m Waiting For The Man
です。




応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【人生、 幸せ・・・徒然 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


『自分の思い描いた人生を生き、成功しながらこの世を去る』

そういう人間というのはこの世にいるのだろうか?

非常に稀にそういう方はいるのかもしれませんが、
その割合はかなり低いものだと思います。


若い頃に成功し、何もかもを手に入れた人であっても、
なんらかの失敗で挫折したりして人生における失敗を
味わう。

おそらく、大半の人はそういうものであることでしょう。

かく言う私も多大な失敗を多く経験し、挫折をして
若い頃に思い描いていた人生とはまったく違う生き方を
現在しています。

でもです。

私はそれはそれでいいと思っています。

・今まで多くの失敗をしてきたからこそ現在がある
・挫折の経験をしたからこそ、普通の生活を幸せに感じられる

そうやって人間は、失敗して挫折を味わうことによって
人間的に成長していくものである。

そう私は思っています。


今ある自分を不甲斐なく思う。

そういう時期もありました。

でも今は、不甲斐なく満足できない人生であっても、
何も問題なく普通に毎日が暮らせたならそれでいいと
思っています。

夜寝る前に「あぁ、今日も何事もなく普通に過ごせたな」。
そして、朝目覚めた時に「今日も1日頑張ろう!」。
そうやって毎日を始め終れたならそれが幸せなのです。


人生とは思い通りにはいかないものですが、
思い通りにいかなくても普通の生活ができたらそれで十分。

そう私は現在思っている次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 職業がくれる恵み 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人間は、病気で療養中などの例外を除き、職業を持って
働いていた方がいいと思っています。

それは、

自分の社会的な居場所というものを明確にしてくれますし、
自分の生きる価値というものをわからせてくれるからです。

そして、こういうこともその理由の一つです。

ニーチェ:職業がくれる一つの恵み

ニーチェ

自分の職業に専念することは、余計な事柄を考えないように
させてくれるものだ。その意味で、職業を持っているということは、
一つの大きな恵みとなる。

人生や生活上の憂いに襲われたとき、慣れた職業に没頭
することによって、現実問題がもたらす圧迫や心配事から
そっぽを向いて引きこもることができる。

苦しいなら逃げてもかまわないのだ。戦い続けて苦しんだ
からといって、それに見合うように事情が好転するとは
限らない。自分の心をいじめすぎてはいけない。
自分に与えられた職業に没頭することで心配事から逃げて
いるうちに、きっと何かが変わってくる。



人間、職業を持たずにじっとしていると余計なことを
考えるものです。

生きる意味や自分の価値とは何か。

そのような答えが出ないことを考えてしまうこともしばしば。

でも、職業を持ってそれに没頭していると、その余計な考えから
逃げることができる。そして、忘れることができるのです。

ニーチェが言うように、

人生や生活上の憂いに襲われた時、慣れた仕事に没頭
することで現実を直視しなくて済む時があります。

そして、そうやって現実を直視しない時間を持っていると、
不安や心配事などがなくなっていったり変化していく
のであります。


収入が高いとか、良い企業に勤めているということが
大切ではないのです。


『人間は、労働しているということだけで尊く、
 かつ人生を意味あるものにしてくれる』


私はそう思っている次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 人生における極意 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近、このことを注意しながら過ごしています。

それは、

『失敗するリスクが高いことは絶対に選択しない』

ということです。

この言葉を読むと少々誤解されると思われます。

例えば、

・挑戦をしない
・目標を持たない

そのような意味でとらえるかもしれませんが、
そうではありません。

私が言う「失敗するリスクが高いこと」とは、
自分の欲望や欲求においてそれを実際に行えば
自分の人生を間違うおそれがあることを言います。

人間には欲望や欲求がつきものです。

そして、その欲望をどうしても成し遂げたい。
そういう願望があります。

しかし、

人生をうまくわたっていくには、その欲望や欲求を
実践してもいいか?ということを賢明に考える
必要があるのです。

今の日本を見てみると、

・素晴らしい経歴を持ちながら、女性問題で辞任する知事。
・財務省の事務次官にもなりながら、セクハラ問題で
 辞任せざるをえない人。

こういうことが問題になっていますが、これらはすべて
『失敗するリスクが高いことを選択した』結果であります。

どんなに順風満帆に生きてきた方でも、選択ミスをすると
失墜し人生を台無しにしてしまいます。

ですから、人生をうまくわたっていくには、賢明な判断と
選択が必要なのですね。

前回の記事で『失敗しない人生を進みたい』と申しましたが、
私が言いたかったのはこういうことだったのです。


『自分の人生をダメにする欲望や欲求は抑止していくべき』

私はそう考えている次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 人生は苦しいが、それだけで終わってはいけない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


釈迦はこう言いました。

『人生とは苦なる存在である』

と。

釈迦


確かにそうです。

物事は思い通りには進みません。

また、

人生とは挫折や失敗の連続で、思和ぬ時に病気にかかる
こともあります。

それ程、人生とは苦しいものなのです。


しかし、私はこう思うのです。

『人生とは苦しいが、それだけで終わってはいけない』

と。

苦しい人生のなかで、どれだけ楽しいことを見つけられるか。

そして、

それを探し求めていくのが本当の人生ではないか?

そのように思うのです。


人間とは不条理な生き物です。

何故なら、

『正直者が損をする』

からであります。

でも、それでも人は善を求めて生きていく。

そして、

ほんのたまに、人の優しさに触れる。

そういうことがあると、とても幸せを感じるのです。


世の中とは冷たいものです。

しかし、

だからといって、それで自分の人生を投げ出してはいけない。

『人生とは苦しいが、そのなかから楽しいことを見つけていく』

それこそが真実ではないでしょうか。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ