【 人生は苦しいが、それだけで終わってはいけない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


釈迦はこう言いました。

『人生とは苦なる存在である』

と。

釈迦


確かにそうです。

物事は思い通りには進みません。

また、

人生とは挫折や失敗の連続で、思和ぬ時に病気にかかる
こともあります。

それ程、人生とは苦しいものなのです。


しかし、私はこう思うのです。

『人生とは苦しいが、それだけで終わってはいけない』

と。

苦しい人生のなかで、どれだけ楽しいことを見つけられるか。

そして、

それを探し求めていくのが本当の人生ではないか?

そのように思うのです。


人間とは不条理な生き物です。

何故なら、

『正直者が損をする』

からであります。

でも、それでも人は善を求めて生きていく。

そして、

ほんのたまに、人の優しさに触れる。

そういうことがあると、とても幸せを感じるのです。


世の中とは冷たいものです。

しかし、

だからといって、それで自分の人生を投げ出してはいけない。

『人生とは苦しいが、そのなかから楽しいことを見つけていく』

それこそが真実ではないでしょうか。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 命 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


いつものように昨夜も早く就寝し、夜2時前に起床しました。

今夜は雨が降っています。
静かな夜に雨だれの音が響きます。


この時間は妻も生き物たちも寝ていますが、
この子だけは私に付き合ってくれます。

【ピー助】
ピー助(夜)

とてもなついてくれて私の心を癒してくれます。
私にとってかけがえなのない存在ですね。

ピー助は一昨年の3月生まれですから、2歳になります。

鳥年齢からすると、もう青年期ぐらいというところでしょうか?
毎日とても元気です。


人間と鳥がこれほどまでに仲良くなるとは、ピー助を飼うまで
知りませんでした。

言葉は通じませんが、心は通じている気がします。


ピー助を飼うようになってから私は生き物の命というものを
大切にするようになりました。

どんな小さな生き物でも命がある。
それを人間が殺める権利はない。

そう考えるようになったのです。

地球というものは人間のものではありません。
そのことをピー助が教えてくれた気がします。

毎日ニュースでは殺人事件が報道されています。
確かに、「殺してやりたい程憎い」という人はいるでしょう。

でも、人が他人の命を殺めてはいけないのです。

それは、法律で決まっているというよりも道義的な問題です。


また、シリアの内戦状況をニュースで見ると、とても悲しくなります。

指導的立場の人間はどうでもいいです。
大切なのは、シリアに住んでいる一般人の命です。

子供たちも命を落とす危険に毎日怯えていることでしょう。

そういうことを考えると、人間というのはなんと愚かな生き物か!
そう言わざるを得ません。

ただ、人間が地球上に存在する以上世界平和はおとずれないでしょう。

それ程人間とは愚かな生き物なのです。

さらに、地球の命さえも短くしている。
地球温暖化や森林伐採などがそのいい例でしょう。

人間は、自分以外の命というものをもっと尊厳視する必要が
あると思います。

一人一人がそのような気持ちを持つ。

そうすれば、もう少しマシな世界になるのではないでしょうか?


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 振袖を着ることが成人になることではない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


先月の成人式の日にある事件が起きました。

あの、「はれのひ」がやったことであります。

確かに、はれのひの会社がやったことは詐欺まがいの
ことであり、決して許されるものではありません。

しかし、この事件に関しての世間の考え方というのが
ちょっと違うと私は思っています。

TVの情報番組のコメンテーターなどは一同にこのように
言っています。

『女性にとって成人式で振袖を着るというのは一生に一度の
 ことです。だから、こういう事件は決して許されないことである』

と。

そして、今朝のニュースを見ていたら、お笑いタレントの方が
企画をして振袖をもう一度着てもらおうという「リベンジ成人式」
なるものが支援によって無償で行われたという。

これを聞いた時の私の気持ち。

それは、

『日本とはなんと甘い国であることか』

ということと、

『成人になることとは、振袖を着ることではない』

ということです。


人生というものは、思い通りにはいかないのが常であります。

そして、未成年の場合は親などが助けてくれるでしょうが、
成人(大人)になったらなら、その理不尽さを受け止めて
生きていかねばならないのです。

ということは、成人になる式というものが思い通りにいかなかった。
そして、成人式に振袖を着て出席できなかった。

という、そんな甘い理由で成人式に出席しないとか、
それをできなかったことで何日も泣き明かした。

などということは、本当の成人(大人)になるということと
全く違うことなのであります。


はっきり申し上げましょう。

成人式に数十万のお金をかけて振袖を着れる方というのは、
その立場だけでとても恵まれているのです。

家が貧乏で振袖を着ることもできない。

また、一家の生活を考えて、振袖を着ることができない方が
日本にはたくさんいるのであります。

では、そういう方は成人になれないのでしょうか?

違いますよね。

親に高いお金を払ってもらって振袖を着れる方より
よっぽど大人なのであります。


もう一度いいますが、

『人生とは理不尽なことばかりであり、思い通りには進まない』

のであります。

なので、成人となる式などに振袖が着れなかったというこなど
たいしたことではありません。

『日本はほんと甘い国だよな』

私は今回の事件に関して、そう強く思った次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 闘いが終わったら水に流す 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


日本という国には、とても美しい文化というか考え方が
あります。

それは、

『闘いが終わったら水に流す』

というものです。

当然、両者が闘っている時は勝つために一生懸命になります。

しかし、闘いが終わったならノーサイド。
闘い時のすべての恨みつらみも水に流すのであります。

日本は、先の大戦で二回も米に原爆を落とされ、
たくさんの都市で大きな爆撃(空襲)を受けています。

それによる死者というのは大変なものです。

しかし、

日本には古来から「水に流す」という文化があったからこそ、
今では米とうまく付き合うことができるのです。


しかしです。

お隣の韓国を含む朝鮮文化というものには、「水に流す」
というものはありません。

朝鮮文化で一番大きく頓挫する考え方とはこれです。

それは、

(ハン)』

であります。

恨をうまく言葉にするのは難しいですが、簡単に言いますと、

・単なる恨み、辛みではなく、悲哀、無念さ、痛恨、無常観、
 優越者に対する憧憬や嫉妬などの感情

のことを言います。

古来から中国という大国の属国になってきた朝鮮半島。

朝鮮古来の文明というものが発展してこなかったのも
仕方がありません。

現在、日本に対する反日感情や慰安婦問題を終息させないのも、
この「恨」という考え方が韓国にあるからだと思っています。


話を戻します。

日本における「水に流す」という思考(文化)。
それは、とても美しく潔いものであります。

『闘いが終わったならノーサイド』

私も日本人なら、喧嘩した相手に対してもそれが終わったなら
手を結ぼうと思う次第です。



≪今回のクワばな≫
前記事で羽化前だった、亀岡産オオクワ♂の蛹が羽化しました。

亀岡産オオクワ♂羽化(2)

いいですね。素晴らしい個体です。
まだ測定できませんが、顎幅7mmあるかもしれません。

完品羽化おめでとう(^o^)/


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 自分の立ち位置について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私が常日頃、大切にしているものがあります。

それは、

『自分の立ち位置』

であります。

人にはそれぞれ立ち位置というものがあり、
それにおける義務を果たすことやその位置をキープすること。

それが大切だと思っています。

・家族の中での立ち位置。
・夫としての立ち位置。
・仕事における立ち位置。

そういうものをきちんと把握し、それを超えることもないし
放棄することもない。

そういうつもりで現在いる次第です。


いろんな方を見ていると、

『あなた、もっとやらなきゃいけないでしょ』

と思うこともあります。

それは、その人が自分の立ち位置を理解していないのです。

また、

『あなたのポジションで、そんなこと言っちゃいけないでしょ』

と思う時があります。

それは、完全に自分の立ち位置を理解せず越権行為を
している。

そう感じます。


立ち位置をきちんと理解してその義務を果たす。

とても大切なことです。

この、基本的な部分をきちんと守っていく。
それこそが、長い間安定した生活を送る基盤となる。

私はそう思っています。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ