【 最近の男女の仲について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日は台風が来ていましたが、10時頃には風雨は止み
午後からは快晴となりました。

午前中はサツマイモの出荷作業をし、午後からは
サツマイモの収穫作業をしました。

午後の作業が結構ハードで疲れました。
家に帰ったらまずはぐっすりと寝た次第です。


さて、最近よく見る広告で「婚活」のことが宣伝されてますが、
それを読んでいるとなんか最近の男女はおかしいのでは
ないか?と思わざるをえません。

『婚活はコスパが良い方がいい』

『スムーズに婚活するには・・・』

『あなたの今の婚活は間違っていませんか』

などの言葉が載っていますが、結婚とはそういうものではない
と思うのですね。

まずは、結婚ありきで異性とお付き合いするということが
おかしいと思います。

普通はまず好きな異性ができてその方とお付き合いする
ことを目指します。

そうしてうまくいったらお付き合いが始まるのですが、
最初は結婚のことなど考えていません。

結婚を考えるのは付き合って2~3年経ってからでしょう。

そして時期が来たらお互いが結婚を意識し、うまくいけば
ゴールインとなるわけです。

しかし、最近の若者はそうは考えてないのでしょうか?

まずは結婚ありきで相手を探し、そこから物事が始まる
という気がします。

私の職場にも20代や30代の方がたくさんいますが、
恋愛をしてお付き合いしている人があまりいません。

私が若い頃は、常にお付き合いしている女性がいたものです。

それは自慢でもなんでもないのですが、若い頃はそれが
健全であるような気がするのですね。


小子化の問題などで結婚する男女の年齢が高くなっている今、
男女の仲というのを昔のように戻したらどうか?

そのような気がするのですが、これも時代なのでしょうか。



≪今回の名言≫

「勝つ」ことではなく「負けない」ことに本物の強さはある

若い頃は勝つことに一生懸命になっていたような気がします。
でも、本当に自己実現を成そうと思うならば「負けないこと」
を重視する必要があるように思えます。
負けないこと。それは、引き分けでもいいわけであります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【結婚するときに大切なこと】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


こんな記事を、先月新聞で読みました。


【読売新聞 3月23日朝刊 編集手帳より】
詩人の田村隆一氏が、人生指南として語った話です。


田村隆一(2)


・息子が結婚を考えているなら・・・

 相手の母親に会うこと。

・娘が結婚を考えているなら・・・

 相手の友人2人に会うこと。

だそうです。


う~~ん、なんかわかるような気がします。

私の経験からしても、女性はなぜか年を重ねてくほど、
母親に似てくる傾向にあると思います。

男性は原則、群れて行動をしないです。
「個」というのを大切にし、自分の生き方を貫いていく。

なので友人には、自分に似た人を選ぶ傾向にあります。

2人というのは、友人2人もいないような男性は論外ということです。


「男と女」、おもしろいですね。

同じ人間なのですが、ぜんぜん違う思考をもち、かつとる行動も
違うことが多い。

医学者のなかには、『男性と女性はまったく別の生き物だ』
と言われる方もおられます。

でも、男と女がいないと人間界は存在しない。

そこが、おもしろいところであります。



≪今回の1曲≫
クリス・アイザック で、 Dancin です。

クリス・アイザック

ここをクリックしてください



今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ