【日本の男達へ(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今回は、自分に喝を入れるための記事を書きます。

人間にとって大事なこと。

それは、

『自分に負けない』

ということです。

私は散々自分に負けてきました。
その私が結論を出したのですから、間違いはないと思います。

では、自分に負けないということは、これまで記事にしたように、
・精神力を強く持つ。
・甘えた同情に満足しない。
・賢明な選択をし続けること。
そして、
・自分が決めたことは守るということ。

なのであります。

上に書いたこととは、それができないと自分の目標に近づけません。
なので、「そんなことできない」なんてことで嘆くのはタブーなのです。

どうも最近、日本の男が弱くなったと思っています。

それは、平和ボケの日本で生きてきたら当然かもしれません。

でも、そんな日本でこそ昔の侍魂を忘れずに生きること。
そのモチベーションが大切だと思っています。

私はいつも言っていますが、「自分を病気にしてしまっている」人が
大嫌いです。

いつもネガティブで後ろ向きなことを言っている。

そういう人間に、目標を成就することなどできないのであります。

私の仕事は、農作業です。
毎日泥だらけになりながら働いています。

一見すると辛くて汚い仕事に思うでしょうが、そういう肉体労働も
必要なのです。

この歳になって綺麗な仕事なんかありません。
・警備員
・交通誘導員
・土木作業員
・農業従事者

のような肉体労働こそが、中年にとっての最後の仕事だと
思っています。

そういう仕事場では、人間関係で負けるということは許されません。
男がいったん外に出れば、「七人の敵」が待ち構えているのです。

それは、今も昔も変わってないです。

ただ変わったのは、それに対する男達の反応。

ストレスがあって仕事場に行きない。
とか、うつ病になるのが怖い。

なんて言っていたら、もうそこで自分は負けているのです。


人間には精神力が大切です。

そして、「自分に負けない意志力」が大切だと思います。

日本で男達が住みにくくなった今、それでも男であることを
忘れずに闘っていく。

そういう気概が必要なんだと思う次第です。



≪今回の1曲≫
プリンスで、『 Sign O' The Times 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 善人は報われないのか(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


突然ですが、私は富にこう思うのです。

それは、

『何故、善人は報われないのだろう』

と。

人間、小さい頃から「いい人になりさい」とか「善い人間になりなさい」
などと教育され、運よく(運悪く?)善人になったとします。

しかし、世の中って善人が幸せになれるほど住みやすい世界では
ないのですね。

『正直者はバカをみる』

『善い人は早く逝く』

などのように、世の中は善人に厳しいのであります。

そして、何故かしら悪人というのがこの世にはびこります。
さらには、善人は悪人に利用されることが多いのが現実。

悪人で卑しい人間は、世の中を要領よく生き進みます。

「あぁ、なんであんな奴が出世するんだ」
と思っていても、悪人はスルスルッと上に立っていることが
多いのです。


・北朝鮮では自分の保身しか考えず、民のことなどなにも
 考えていない。

・アメリカでは、「アメリカファースト」などと言いながらも、
 白人至上主義で移民の方のことなどまったく考えていない奴が
 トップに居座る。

・シリアでは内戦がずっと続き、子供や老人などの弱者が
 無残に亡くなっていく。

世の中というのはそういうものなのです。

一神教の宗教では「この世(地球)は神が創りたもうた」
などと考えます。

ならば、神が創ったこの世は大失敗作だと言わざるをえません。


話が飛びましたので元に戻します。

善い人間は損をするのが現実のこの世で、それなら悪人に
なりますか?

という問いに対して、

『私はそれでも善人でありたい』

と思うのであります。

善人であることは苦しいことが多いです。
また、冒頭で言いましたように悪人に利用されることもあります。

しかしです。

『人はそれでも善人になることを目指すべき』

だと思うのです。

・善い行いをする。
・他人に対して思いやりを持つ。
・自分勝手な生き方をしない。

そういう人間を目指して人は成長すべきでしょう。


『最高の善人は悪人をも打ち負かす』

そう私は考えています。

善を追及してある意味悟りの境地にたどり着く。
それこそが、人生の目的ではないか?

私はそう思うのであります。



≪今回の1曲≫
ザ・スタイル・カウンシル で、『 Have You Ever Had It So Blue 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 日本のドライバーに物申す(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近、富に思うことがあります。

それは、

『ドライバー(車)の運転が下手すぎる』

ということです。

少なくとも私が20代の頃は、きちんとルールやマナーは
守られていたと思います。
(もしそうでなければ、大きなクラクションを鳴らされたものです)

・方向指示器(ウインカー)を出さずに曲がる。
・交差点などでどちらが優先かわかっていない。
・急に飛び出してくる。
・車を入れてあげるべき時に入れてあげない。
・車を入れてもらっても礼をしない。
 (会釈でもハザードでもいいので)

こういうこと、ほんとできないドライバーが増えてきていると
感じるのです。

さらには、

『よくこんな運転で免許がとれたな』

と思うドライバーが多過ぎるのです。


私が思うに、車とはマニュアル車が運転できてこそ免許が
交付されるべきと考えます。

車はゴーカートではありません。
運転中は、いろんなところに注意しなければならないのです。

車を作っている会社にも物申したいことがあります。

それは、

「自動ブレーキ」など、ドライバーがしなければいけないことを
車の性能にしてしまう。

どうやら、「車が蛇行したらセンサーが鳴る」とか「前の車に
近づきすぎたらセンサーが鳴る」というような装置もあるようです。

私は、この傾向は反対だと考えます。

車の性能を良くするよりも、ドライバーの技術を上げるべき。

つまりは、

『免許取得をもっと厳しくするべき』

だと思います。


走っている車とはとても怖い凶器であります。
操作を間違うと、人を殺めてしまうことさえあるのです。

なので、その辺りをもう少し考慮し、免許取得をもっと厳正にすべき
と考える次第です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 自分は何のために生きているのか 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今回のお題はこれです。

それは、

『自分は何のために生きているのか?』

であります。

ここ2日間程このことについて考えましたが、
あまりよい答えが見つかりませんでした。

「何のために生きているのか」
これについては、どう考えても人それぞれです。

・自分の人生設計を成すために生きている。
・仕事を完遂するために生きている。
・家族を幸せにするために生きている。
・自己実現のために生きている。

等々いろいろあるでしょう。

でも、あまり明確に「何のために生きているのか」
を考えている方はおられないでしょう。

『毎日を一生懸命生きる』

それだけでも大変なことです。

しかし、「何のために生きているのか」を明確に持っている
方は素晴らしいですよね。

きちんと自分の未来についても考えている。
そうならないかもしれないけど、自分の目標とすることがある。

私には、「55歳リタイア計画」があります。
55歳以降は、妻と共に楽しく過ごすのであります。

しょうもないことを妻と話しながら、毎日を笑顔で過ごしたい。
そういうことのために生きている。そういう気がします。

今回のお題はあまりピンと来ないかもしれませんが、
ちょっと考えてみて「自分は何のために生きているのだろう」
ということに焦点を絞ってみて欲しいと思います。

意外に自分を見つめ直すことができるかもしれませんよ。


≪今回の1曲≫
スティング で、『 Englishman In New York 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【人生は楽しくするものである(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私はずっとこう言ってきました。

『人生とは苦である』

と。


しかし、その考え方に疑問を持つようになってきたのです。

確かに、人生には苦しいことや辛いことが多いのが事実です。

・難病にかかる
・仕事上や家庭の中で大失敗する
・自分の意図していないことで挫折する


そういうことばかりではあります。

しかしです。もしかするとこうなのではないか・・・
と思い始めてきたのです。

そのこととは、

『人生とは「楽しくするもの」である』

ということです。

苦しいことや辛いことばかりに目を向けると、確かに人生は
苦であるでしょう。

でも、人間には考える能力があるし自分を変えていくことも
可能なのです。

そうなると、

『人生を苦のままで終わらせるのでなく、楽しくなるよう
 努力すことが大切だ』


とも言える気がします。


過去を振り返って苦しかった人生を嘆いても仕方がありません。
どのようにしても、過去は変えられないのです。

ならば、変えられない過去を嘆くよりもこれからの人生を
どう楽しんでいくか。

そちらに全力を注ぎこんだ方が賢明である、のような気がしてきたのです。


私は、「人生は楽しいものである」とは言っていません。
『人生は「楽しくするもの」である』と言っているのです。


では、「人生を楽しくするもの」とはどういうことなのか?

それは、

『苦である人生という試練を乗り越える』

と考えます。


人間の価値観を変えるのはとても難しいことです。
なので、そう簡単には変化させられないでしょう。

でも、どうせ1回きりの人生です。楽しく過ごした方が得です。
まずは、自分の思考を変化させることから始めようと思う
次第であります。



≪今回の1曲≫
マドンナ で、『 Secret 』 です。

マドンナ

ここをクリックしてください



今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ