【女性はそんなに働いて輝きたいのか(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


安倍政権の政策の一つにこれがあります。

それは、

『女性が輝く社会をつくる』

というものです。

これを知った私の感想ですが、

『そうなんだ。女性って仕事をしてそんなに輝きたい
 ものなんだ』

そういう疑問がわきました。

この件について、2人の女性に聞いてみました。

一人はうちの妻で、もう一人は仕事の上司の方です。

妻曰く、

『別に女が輝く必要はないよ。第一、女が輝くと
 ろくなことがないから』

そう一喝。

そして上司の女性は、

『はっきり言って大きなお世話。仕事で輝きたいなんて
 まったく思わない。』

ということでした。


確かに、女性のなかで仕事でキャリアを積み自己実現を
目指すという方もおられると思います。

でも、それは少数なのではないでしょうか?

これは男でもそうですが、結局仕事というのは生活するための
手段であることが多いです。

なので、男でも「仕事をして輝きたい!」などと思っている人は
ごく稀だと思います。


では何故、安倍政権はそのような政策を進めているのでしょうか?

それは明らかに、

『女性にも働いてもらって、税収を増やしたい』

という思惑のもとでしょう。

さらには、

『女性にこんなに配慮していますよ!』

というパフォーマンスであるとも考えられます。


しかし、政権が女性の生き方まで介入するのは
ちょっと横暴だと思います。

生き方というのは人によって違うもの。

女性であっても家事が好きな方もおり、
専業主婦になることを選択する場合があります。

ならば、そういう女性は輝いていないのでしょうか?

そういう自分の生き方をやめて、働かねばならない
のでしょうか?

私はそうとは思いません。

男でも女でも、生き方というのは自由です。

それをいちいち政権から勧められるなんて、まっぴらご免
であります。


最後に、

今の日本の女性は非常に恵まれていると思います。

TVやCMなどを見ても、明らかに女性目線で物事が
進んでいます。

そういうことを考えると、

『もうこれ以上、女性の地位向上なんて必要ないのではないか?』

そう思う次第であります。

皆さんはどう思うでしょうか?それでもやはり、女性は働いて
輝くべきなのでしょうか?

もしよければご意見をいただきたく存じます。

応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
スポンサーサイト

【 ハロウィンの日を迎えて思うこと(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


どうも今日は、ハロウィンの日だそうです。

日本では、ハロウィンと称して渋谷などで仮装をして
バカ騒ぎする若者たちが大勢います。

さらには、TVの情報番組などでも「よいハロウィンを
お過ごしください」などと言っています。

しかし、

私は、このハロウィンという祭りが日本で認知されるように
なってから、あまりにも違和感をおぼえて仕方がないのです。

何故なら、

『バカ騒ぎをしていますが、ハロウィンという祭りの起源を
 知っているのですか?』

と言いたいからです。

ハロウィンとは、

毎年10月31日に行われる、古代 ケルト人 が起源と考えられている
祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な
意味合いのある行事。


であります。

つまり、古代ケルト人が行った宗教的な意味合いを含んだ
大事な祭りなのですね。

当然、秋の収穫を祝うことも含まれているのですが、
どこにも「仮装(コスプレ)をして楽しむ」という意味合いは
ないのです。


私は何が言いたいのか?

それは、

『他民族や他国の文化を取り入れる場合、その上っ面だけを
 見るのでなく、その根っこもきちんと理解するべきである』


ということなのです。

日本という国は明治維新以降、欧米の文化を多く吸収してきました。

しかし、その吸収の仕方は良い部分(上っ面)だけを取り入れ、
本当の意味(根っこの部分)を理解していないものでありました。

その影響が今の日本人には完全に根付いてしまった。
そう私は考えています。


話は変わります。

私は、もう一つの大きな祝い事でとても違和感を持つものがあります。

それは、「日本で行われるクリスマス」のことです。

クリスマスとは、

・イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭

です。

つまり、キリスト教の中の神であるイエス・キリストの誕生を
祝うのでありますから、それを祝うのはクリスチャンで
なければいけないのです。


では、日本におけるクリスチャンの割合はどうなのでしょう。

現在詳細まではわからないですが、ほぼ人口の1%にしか
ならないと言われています。

つまりは、

日本人の99%はクリスチャンではないのですね。

そのクリスチャンでない日本人がクリスマスを祝い、
「メリークリスマス!」などと言ってバカ騒ぎするのは
あまりにもおかしなことであると思うのです。

これも、ハロウィンと同じく、文化の上っ面だけを取り入れる
日本人の特色が表れている証だと私は考えています。


最後に、私は日本人にこう言いたい。

『文化の吸収とは、その起源や宗教的な意味合いなど
 きちんと根っこの部分を理解して取り入れるべき』


であると。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 生徒の教師への暴力について(問題提起) 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


ちょっと気になる事件が起こりました。


9月28日に福岡市内の私立高校で、男子生徒が授業で使用するために
配布したタブレット端末で動画を視聴。男性講師が気が付き注意を促すと
男子生徒は暴力をふるった。

その様子がSNSで拡散され、翌29日に事件が発覚。講師は警察の勧めで
被害届を提出、男子生徒は傷害容疑で逮捕された。



この事件に関して、講師の先生には何の落ち度もありません。

学校からは生徒から暴力を受けても暴力で返すな、という指示も
あったようです。

しかし、その後の学校と保護者の話合いなどがあった後
学校側はこう言いました。

「もう少し講師(教師)のスキルアップをするべきであった」

「生徒への対応(教育方針)に問題があった」

さらに、保護者側からはこういう意見がありました。

「学校は、信頼回復に努めてほしい」

と。


さて、私の持論ですが、

こんな問題、簡単に解決できます。

それは、

『講師に暴力をふるった生徒は即刻退学』

これ以外の対処方法はありません。

学校側も保護者側も、なにを甘いことをいっているのでしょうか。

講師(教師)に暴力をふるったら、退学させるのが当たり前でしょう。

さらに、学校は私学の高校です。高校生ならば、常識を逸脱した
行為については停学かひどければ退学。

そういう強い姿勢で生徒には臨まなければいけません。


この問題に対して、「講師も暴力で返すべきだった」
という意見もあるようですが、それは私としては反対です。

昔は教師から体罰を受けることはしばしばありましたが、
体罰(暴力)からはなにも生まれません。

だいたい、学校というのを何だと思っているのでしょうか?

学校とは学問を教えるところです。
それ以外の一般常識というのは、家で親が躾するものと
私は考えています。



こんな簡単な問題が簡単に処理できない。

日本もおかしな国になったものと情けなく思います。



今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 日本人の倫理観念の低下について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近よく思うことなのですが、今の日本人はこうなっている
と言わざるを得ないと思います。

それは、

『倫理観念が低下している』

と。

ここ最近の国会議員(女性)の不倫スキャンダル。

芸能人などがいくら不倫(浮気)をしていてもどうでもいいのですが、
税金で収入を得、さらに国民の代表である国会議員がこのような
状態であって良いのか。

そう私は思うのですね。

さらに、豊田真由子議員の秘書に対する暴言・暴行。

これは、倫理観念が低下している以前に人間としての品格が
問われる問題であります。

昨日、私の妻と話していたのですが、日本人の倫理観念の低下は
普通の国民も同じであるという意見で一致しました。

・会社において上司(管理職)とはどうあるべきか。
・サービス業としての接客態度はどうあるべきか。

そういう当たり前にわかっていたことが今はわかっていないことが多い。

そういう気がするのです。

・友人や知人をすぐ裏切らない。
・他人に対しての思いやりを持つ。

そういう当たり前にあった普通の倫理観念が崩壊していると
思うのであります。

いったい、こういう状況はどうしてできてきたのか?

私が提案するには、

『欧米からの個人主義を間違った形で取り入れた』

ことではないか?と思っています。

・人のことなどどうでもいい。
・自分さえ良ければいいのだ。

そういう考えを持っている日本人が多過ぎる気がします。


『日本人の倫理観念の低下』

このことは、もっと真面目に考えなければいけないことだ
と思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【日本の男達へ(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今回は、自分に喝を入れるための記事を書きます。

人間にとって大事なこと。

それは、

『自分に負けない』

ということです。

私は散々自分に負けてきました。
その私が結論を出したのですから、間違いはないと思います。

では、自分に負けないということは、これまで記事にしたように、
・精神力を強く持つ。
・甘えた同情に満足しない。
・賢明な選択をし続けること。
そして、
・自分が決めたことは守るということ。

なのであります。

上に書いたこととは、それができないと自分の目標に近づけません。
なので、「そんなことできない」なんてことで嘆くのはタブーなのです。

どうも最近、日本の男が弱くなったと思っています。

それは、平和ボケの日本で生きてきたら当然かもしれません。

でも、そんな日本でこそ昔の侍魂を忘れずに生きること。
そのモチベーションが大切だと思っています。

私はいつも言っていますが、「自分を病気にしてしまっている」人が
大嫌いです。

いつもネガティブで後ろ向きなことを言っている。

そういう人間に、目標を成就することなどできないのであります。

私の仕事は、農作業です。
毎日泥だらけになりながら働いています。

一見すると辛くて汚い仕事に思うでしょうが、そういう肉体労働も
必要なのです。

この歳になって綺麗な仕事なんかありません。
・警備員
・交通誘導員
・土木作業員
・農業従事者

のような肉体労働こそが、中年にとっての最後の仕事だと
思っています。

そういう仕事場では、人間関係で負けるということは許されません。
男がいったん外に出れば、「七人の敵」が待ち構えているのです。

それは、今も昔も変わってないです。

ただ変わったのは、それに対する男達の反応。

ストレスがあって仕事場に行きない。
とか、うつ病になるのが怖い。

なんて言っていたら、もうそこで自分は負けているのです。


人間には精神力が大切です。

そして、「自分に負けない意志力」が大切だと思います。

日本で男達が住みにくくなった今、それでも男であることを
忘れずに闘っていく。

そういう気概が必要なんだと思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ