【 日本の地方議員に物申す 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


だいぶ前の話になりますが、こんなことがありました。

~野々村竜太郎 兵庫県議が、不明瞭支出で"号泣"釈明会見~

野々村竜太郎

【The Huffington Post:2015年1月19日より】

兵庫県の野々村竜太郎元県議が1月19日、詐欺と虚偽有印公文書作成
・同行使容疑で兵庫県警に書類送検された。
2011年度から13年度にかけて、カラ出張にもかかわらず「日帰り出張」
として申請したり、「切手代」として金券を不正に購入したりして、政務費
約220万円をだまし取った疑いが持たれている。



『こんなことは絶対いけない』、『絶対に許せない』とお思いでしょうが、
このようなことをやっている地方議員(県会議員、市会議員)は
山ほど存在します。


ということで、今回は地方議員に着目したいと思います。

最初に、
実際のところ、彼らはどれだけの報酬をもらっているのでしょうか。

全国都道府県会議員の年間報酬額の平均は約1,300万円。
同じく、市議会議員は約680万円となっています。

しかし、これだけではありません。

ほとんどの自治体がこの報酬に加えて、「第二の給料」とも
呼ばれる政務活動費を支給しています。

この政務活動費、兵庫県では570万円、東京都と大阪市では
720万円となっています。

そしてなんと、
横浜市と神戸市の市会議員の報酬と政務活動費を合わせると、
2,000万円にもなるのです。

呆れてものも言えません(>_<)

では、世界の地方議員の報酬はどうなっているのでしょう。

例えばイギリスでは、基本的に無報酬です。そしてドイツでは通常、
少額の報酬と出席手当が支給されています。人口10万人くらいの
都市の議員で月2~3万円程度です。
イタリアもまた、議会の出席日数に応じて日当が支払われるだけ。
フランス、スウェーデンなどはほとんど無給で、支払われるのは
必要経費くらいだそうです。

これらを見てみると、日本の地方議員の報酬がどれだけ高いか
おわかりになると思います。



では、これだけの報酬をもらっている日本の地方議員の仕事内容
はどんなものなのでしょう。


彼らの仕事は、年4回(3月、6月、9月、12月)開かれる地方議会に
出席することであります。

その会期日数は、全国平均でわずか84.8日。

『たったこれだけ?』と思われるでしょうが、実は本会議が行われる
日数はもっと少なく、全国平均にすると21.4日しかないのです。

これ以外は、地方議員としての仕事は原則的にありません。

つまり、年に84.8日仕事するだけの人間が、何千万円という
高額な報酬を得ているのであります。


ちょっと考えられませんね(>_<)

もう少し突っ込んで、地方議員の具体的な仕事内容を見てみましょう。

国会議員は国権の最高機関であり立法府ですから、国会議員は
法律を作ることが仕事です。

ところが、地方議員には法律は作れない。せいぜい条例を作るくらい
であります。

しかし条例は知事や市長の制定することができるので、彼らだけの
権限ではありません。

そもそも条例は、法律の範囲内で制定することが決められていて、
法令に反することはできません。

なので、せいぜい「淫行条例」くらいしか作れないのです。

また、地方議員には執行権はまったくないので、選挙の時に
「○○をやります」とか「□□を作ります」というのは、
はっきり言いまして全部ウソ。

彼らの実質的な仕事とは、首長(知事、市長など)の行政を
チェックすることしかありません。



世界においての地方議員は、引退した地元の名士や実業家が
ボランティアでやるものだ、という認識が当たり前になっています。


だから前述したように、報酬など無いに等しいのであります。

国会議員の定員削減も大事なことですが、まずは地方議員の
報酬を大幅にカットし、無駄な税金を使用しないようにすることが
必要だと私は考えます。



最後に、私はこう提言したいです。

『地方議員の皆さん、議員をやりたいならボランティアでやってくれ!』

と。


長文になりまして申し訳ありません。
ここまで閲覧いただきありがとうございました。





≪今回の1曲≫
ザ・ローリング・ストーンズ で、『 Honky Tonk Women 』 です。

ザ・ローリング・ストーンズ

ここをクリックしてください




今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うめぞーさん、こんばんはー。

この野々村県議が出てきた時はびっくりしましたね。
良い大人が何を泣いているのかと思いました。

泣くくらいなら最初から不正をするな!

うめぞーさんが言っているように日本の議員(県議・市議)は必要ないですね。
国会議員だっていらない人は沢山いるでしょうしね。そのいらない人達には秘書や事務員までついていますからね。
その不必要な議員を排除する事により、税金がどれだけ浮いて国民が助かるか知れないのではないでしょうか。
世界ではお金目的ではなくボランティア。
日本はお金目的で私利私欲に走って議員になる。公約なんて、チャンチャラ可笑しいですね。
誰かなんとかしてほしいですね。

年を取っても味がありますね。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんばんは。

最初TVで見たとき、「この人、何で泣いているんだろう」と不思議に
思いましたね。でもあれはパフォーマンスであった、と今でも
思っています。

大変恐縮ですが、地方議員自体は必要です。しかし現在のように、
「税金を使って高収入を与えているのがけしからん!」というわけです。
ただ、国会議員もそうですが、議員数が多すぎるというのは
否めない事実であろうと思います。

日本の地方議員の方たちは、ほんとうに欲の塊のような気が
します。ある情報筋からすると、「野々村元県議がしたようなことは、
地方議員なら誰でもやってることだ!」ということらしいです。

ストーンズ、もういい年ですが頑張ってますね。おっしゃられるように、
段々渋さも加わって味が出てきた感じがします。80歳になっても
ロックしていて欲しいですね♪

コメントありがとうございました。

もっと

こんにちわ。

本当に議員さん達はちゃんと仕事しているのでしょうか?
多額の報酬に見合った仕事を…
ボランティアまでとは言いませんがもっと報酬を下げて本当に
やる気のある人たちだけが議員になって欲しいです。

RE:kaion さんへ

kaion さん、こんにちは。

はっきり言いまして、地方議員の方できちんと仕事をしている方を
探すほうが難しいと思います。

記事でも書きました議会への出席以外では、支援者の冠婚葬祭
に顔を出したり、有権者に頼まれて彼らの親を養護老人ホーム
に優先的に入れたり、子供を保育所に入れたりといった次の選挙
のための活動が主な仕事(といわれるもの)です。

地方議員の報酬が何故減らないのか?と言いますと、議員報酬
を減らすという議題に、議員たちが絶対に賛成票を投じないから
です。彼らは地方自治体がいかに赤字で苦しもうと、自分たちの
給料は1円たりとも減らしたくはないのです。

日本の地方議員の現状、とてもかなしいことです。おそらくこの
状態は変わらないことだろうと思います。

コメントありがとうございました。

No title

こんにちは。
それにしてもテツさん、お詳しいですね。議員さんの報酬というのはたぶん聞くとバカらしくなってくるだろうと思ってはいましたが、ここまで多いのですね。○○県の知事さんは日本の知事の中で一番給料が安いと言うことを謳っておられましたが、それでも結構な額なんでしょうね。

議員をやったことがないので議員がどれほどしんどいものかは知りませんが、一般大衆に納得してもらえる額と見合った仕事を期待したいものです。このままではすまされない時代がいつか来ることを信じています。

RE:massan さんへ

massan さん、こんにちは。

とんでもありません。ちょっと本をかじり読んだだけであります。

よく昔から、「こ○きと政治家は、3日やったらやめられない」と
言いますが、まさにそうなのだと思います。

たいした仕事もしないで、多額の報酬がもらえる。また、「先生」
などと呼ばれ、チヤホヤされる。
地方議員なんてそんなものだと私は思います。

知事や市長は結構もらえるようですよ。ただ、大阪市の橋本市長や
名古屋市の河村市長のように、自ら報酬をカットされる方は
別ですが・・・

おっしゃられる通りです。報酬に見合った仕事をしてほしいもの
です。今は県民も市民も知らずに騙されてますが、このままだと
いつの日か大きなしっぺ返しを食らう可能性はあると思います。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ