【「自分本位」で生きる前提にあるものは・・・】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日は、とても暖かい日でした。
ここ前橋では、24℃くらいまで最高温度が上がったそうです。

しかし今日は、うって変わっての寒さ。
先程、糖尿病検診で外に出ましたが、風がとても冷たかったです。

しかし春になるには、暖かいのと寒いのが交互にやってきます。
なので、自然界は確実に春へと向かっている。そう確信するのであります。



さて、前々回の記事で、私はこう生きるようにする!と書きました。

『自分本位で生きる』

と。

そこでもう一度おさらいですが、「自分本位」とは、

【weblio 辞書より】
自分を中心とした物事の考え方。自己中心的なあり方。

要は「自分本位」とは、思考や言動が主観的であり、自分を中心にした
考え方なのです。


話は変わります。

私が嫌いなものに、このようなことがあります。

それは、

・きれいごとを言う方
・偽善者


つまり、

『人様のためになることをしましょう』

とか、

『~のために行動しましょう』

ということが非常に嫌いなのです。

なぜなら、

「~のために」というところに疑問を感じているからであります。

ここからは、批判を承知の上で書きます。

「~のために」事を行うということは、卑しく貪欲なことだと
私は思っています。


どうしてかと言いますと、

誰々のためにであろうと、何々のためにであろうとも、それが失敗すると相手、
もしくは事情か何かのせいにする心が生まれますし、うまくいったと思える
ときは自分の手柄だとする慢心が生まれるからです。
(「子供のためを思って私はしている」という事柄でも、こと子供が失敗する
 と、子供を責めるのが一般的です)


つまり、「~のために」といってやった行動は、自分のために行っている
のであります。

(純粋に能動的な“愛”から事が行われるときには、「~のために」という
 言葉も考えも出てくることはありません)


話を戻します。

「自分本位」とは非常に主観的であり、自分を中心に物事を考えます。

しかし、

人間が このせちがなく、理不尽な世の中を生き抜くには、
それでいいと私は思っています。

しかしながら、一つだけ注意しなければならないことがあります。

それは、

『自分の思うように事が進まなくても、
 それを受け止めること』


です。

世の中、自分が考えているようにはなかなか物事は進んでくれません。
思うようにいかないことが多いです。
(その方が多いと言っても、過言ではない気がいたします)

そこで、考え方は「自分本意」であっても、現実が上手くいかない場合は、
それを受け止め我慢することも大事。


それをしなければ、ただの傍若無人で身勝手な人間になってしまいます。


前々回の記事で少々説明不足でしたが、「自分本位で生きる」というのは、
前述したことが前提のもとで行われなければいけないのであります。




≪今回の1曲≫
リトル・リチャード で、『 Lucille 』 です。

リトル・リチャード


ここをクリックしてください



今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うめぞーさん、こんばんは😃🌃

「思うように事が進まなくても、それを受け止める」世の中殆どが思うように進まないことのほうが多いように思います。うめぞーさんの仰るようにグッと我慢をしないといけませんよね。

今日は栃木県に居ましたが雨でした。少し寒かったです。

RE:ぶーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんばんは。

世の中、自分の思うようにいかないことばかりなのが現実です。
しかし、そこで無理強いしたり怒ったりするのはいけません。

「自分本位で生きる」とは、「自分勝手に生きる」ということでは
ないのであります。

栃木におられたのですか。ここ群馬とは近いですが、群馬は
雨は降りませんでした。しかし寒かったですね~(>_<)
この寒さ、2~3日続くそうです。お風邪などひかれないように。

コメントありがとうございました。

No title

こんばんは!

納得のいく考え方ですね。
全くその通りだと思います。(*^^*)

誰かのためにといっても必ずと言っていいほど自分のためでもありますものね。
思うようにいかないのが 人生。
それでも 少しは思った通りに行くこともあります。
その時の嬉しさをバネにして 生きていきたいです。
 
波は色々ありますが 今 歳を重ねて思うことは 今までの人生いろいろあったからこそ今があると言う事かもしれません。

RE:けいさんへ

けいさん、こんばんは。

ちょっと書きすぎたかな~と思っていたところですが・・・
共感いただき、ありがとうございます<m(__)m>

私、ほんと きれいごとを言う方があまり好きではないのですね。
(TVのコメンテーターなどのコメントを聞くと、よくそう思います)
『「誰かのためにやっています」、「~のためになるように
しています」』などと言う方は、本当は自分の(利益)ために
行動していることが多いです。

思ったようにいかないことが多いですが、思うようにいくことも
ありますよね。そういう時、私も嬉しく思う次第です。

人生いろいろありますが、それもいい体験かと考えております。
人は、いろいろな体験を通じて成長していくものなのかもしれません。

コメントありがとうございました。

誰かの為に

こんにちわ。

自分は○○の為って、二つの意味の取り方があるかと思います。
一つはうめぞーさんの言われているものですね、あともう一つは
本当に献身の心で○○の為っていうのもあると思います。

一番迷い込んじゃうのが自分の為…
強気心がないと自分の為って遂行するのが難しいと自分は
思います。

RE:kaionさんへ

kaionさん、こんにちは。

確かに、「~のためにする」ということには、2つのパターンが
あります。
kaionさんがおっしゃられる後者で行動する場合は、「~のため」
という気持ちは持ち合わせていないでしょう。
(記事にも書きましたように、そこには“(無償の)愛”というのが
存在すると思っています)

「子供のため」、「家族のため」に働いているとおっしゃられる方
でも、こと自分の思うようにいかないと、「お前たちのために
働いているんだぞ!」と言って怒るケースが多いです。
そういう場合は、とても献身の心でやっているとは思えません。

いろいろ難しいとは思いますが、人は自分のために行動した方が
いいと私は考えます。それが結果的に、誰かのためになっていれば
最高ですよね。

私も迷い込んだ時期がありました。しかし、どうやら吹っ切れた
感じです。まずは、すべての生き方を「自分本位」にし、自己肯定感を
強く持つために自尊心を高くする。そうしていくと、おのずから能動的に
行動できるような気がしています。

なかなかうまくいかない世の中ですが、頑張っていきましょう!!

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ