【 利他 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


久しぶりに仕事をしてきました。
今日の仕事は結構ハードでしたが、あまり疲れは感じていません。

内容は、福祉施設のベッドメイキングだったのですが、
以前にそれに近い仕事をしていたことがあったので、
疲れを感じなかったのかもしれません。

明日から3連休になります。
今から何をしようか?とワクワクしております。

しかし多分、家でゆっくりのんびりすることになるのでしょうが・・・



さて今回の話は、ブログを通じてお世話になっている massan さん
から教わったことです。

それは、

『利他』

ということになります。

まず、「利他」の言葉の意味を調べますと、

【コトバンクより】
~利他とは~
他人の福利を願うこと。自分を犠牲にして、他人に利益を与えること。
仏教用語では、人々に功徳、利益を施して救済すること。


となります。

つまり「利他」とは、自分の利益よりも他人に利益を与える行動を優先する。

となるわけです。

この「利他」の対義語は、「自利」となります。


Wekiで調べると、面白いことが書かれてありました。

利他(主義)とは、自己の利益よりも、他者の利益を優先する考え方。
対義語は利己主義。

ここまではいいのですが、その後にこのようなことが書かれてあります。

「自然状態の人間は利己主義的であるが、人間が普遍的利益の重視や
利他的な行為をすることができるのは、人間に固有の精神性による。
この精神性は、自然科学の方法ではとらえられない」とする考え方と、
「自然状態の人間は利他的であるが、人間が普遍的利益の重視や利他的な
行為をすることができるのは、人間のもつ自然的本性による。
この自然的本性は、自然科学の方法によってとらえることができる」との
考え方が存在する。


つまり、もともと人間は利己主義であるが、精神的な成長とともに
「利他」の行為ができるようになる。


ということと、

もともと人間は「利他(的)」な部分を持っていて、それは自然現象で
人間の本性的行為である。


という二つの考え方があるというのです。

この考え方、「人は性善説か性悪説か」の議論に似ていますが、
実際のところはどうなのでしょう。

人間はもともと「利己主義」なのか?
それとも、
もともと「利他主義」の部分を持ち合わせているのか?


今の私では、どちらの考えが正しいかはわかりかねます。

しかし、人間が社会生活をしていると、こういう場面に遭遇します。

『人や社会のためになる仕事をすると、やりがいを感じる。
 人のために無償で何かをしてあげると、非常に満足する』

さらに、震災などでボランティア活動をされている方を見ると、
根っから「利他的」思考を持ち合わせている方々が多くいる
ことがわかります。



私はまだ未熟者ですので、「利己主義」の範疇にいます。
しかし、「利他」の精神も非常に美しい生き方だと感じています。

最終的に人が「成熟した大人」になってくると、「利他」を
優先することになるのでしょうか。

まだよくわかりませんが、少々「利他と自利」について
考えてみようかと思う次第であります。




≪今回の1曲≫
ノラ・ジョーンズ で、『 Seven years 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

お仕事お疲れ様
でした(*^^*)

明日から3連休なのですね(*⌒▽⌒*)

私は明日も今日
同様仕事ですが、仕事をした分だけのお金が貰えるからと
頑張りますね(^o^;

人様の為に何かを
する方を見ると、頭が下がる思いがします^^;

RE:sashimisashimi777さんへ

sashimisashimi777さん、こんばんは。

ありがとうございます<m(__)m>
仕事をしてきました。

sashimisashimi777さんもお仕事だったのですね。
明日も頑張ってください。

そうですよね。自分を犠牲にして人の為に行動できる方
というのは、尊敬に値しますよね。

コメントありがとうございました。

No title

こんばんは。
人は無償奉仕をすることでストレスが解消される、あるいは、心に傷を負うと人助けをしたくなる、そのような傾向にあることが明らかなのだそうです。万人の心の奥底にはそういう本能、あるいはそれによって自分自身の幸福感が増すようなシステムがあることは間違いなさそうです。いまや 「自然科学の方法ではとらえられない」 段階ではないのです。かつては宗教や道徳によって精神論的に言われてきましたが、どうやら科学の方が追いついてきたと言う事なのではないでしょうか。現代人はなかなか宗教や道徳で言われてきた事を上辺で肯定してはいてもなかなか行動が伴わない、そんな状態も科学がはっきりと証明して来ているので信じざるを得ない、信じないと損をする時代に入ってきているのではないでしょうか。

こんばんは

うめぞーさん、こんばんは。

お仕事お疲れ様でした。
また3連休なんですね!
ゆっくりお身体休めてくださいね!
(^_^)
僕は根っからの利己主義なんですよね~。
自分の生活でいっぱいで、利他主義には到底到れません。
(^_^;)
こんな人間ですが、根っからの悪人でも無い?ので、これからも宜しくお願いいたします。
(^人^)
お休みなさい。

RE:massanさんへ

massanさん、おはようございます。

仏教的な考えから「利他」という概念があることは知って
いましたが、修行もしていない一般の人間に「利他」の
精神が宿っているとは思いませんでした。

『人は無償奉仕をすることでストレスが解消される、あるいは、
心に傷を負うと人助けをしたくなる』
前者はまだわかりますが、後者のことも本能的に宿っている
のですか。すごいことですね。

まだまだ私は、「利己主義」な人間であります。自己犠牲して
まで人の利益を優先できる器ではありません。しかし、本能的に
人間の中に宿っているならば、それを信じて人間的に成長
する“意識”を持つべきかと思います。

「利他と自利」について、もう少し調べて考えてみます。

コメントありがとうございました。

RE:nori さんへ

nori さん、おはようございます。

ありがとうございます<m(__)m>
久しぶりに仕事をしましたが、労働とはいいものですね。
お金の問題だけでなく、社会に貢献しているという感覚が
そう感じさせてくれるのでしょう。

私もまだまだ「利己主義」な人間です。自己犠牲してまで
他人に奉仕出来る器ではありません。
ただ、それをすることにより幸せを感じることができるのなら、
少し意識してそうなっていく努力をしてもいいかと思っています。

私もこんな未熟者ですが、こちらこそ今後ともよろしくお願い
申し上げます。

コメントありがとうございました。

No title

お仕事、お疲れ様でした。

利己と利他
難しいですね。
ボクも「利己」の中で生きていると思います。
もちろん仕事は別ですが・・・他人のために何かをしてあげるまえに、自分の足りてないところを補おうとする。 そこで余裕があれば、初めて他人のために・・・って感じでしょうか。
実際は、その「余裕」がなく、永遠と自分のために生きているわけですが・・・「他人のために何かをしてあげたい」って気持ちは持ち続けていようと思ってます。




三連休、十分に楽しんでくださいね♪

RE:あ~ちゃん仮面さんへ

あ~ちゃん仮面さん、おはようございます。

利己と利他、確かに難しい題材でした。
コメントいただき、恐縮の限りです。

私もまだ、「利己主義」で生きている状態です。
お書きになられているように、自分が生きていくだけでまずは
精一杯であり、とても他人のために何かをしようという余裕が
無いのが現実です。

でも、「他人のために無償で奉仕する」ということは大事な
ことだと思います。自分の生活を安定させ、「利他」の精神
で生きてみたいとも考え始めています。

三連休、ゆっくりさせていただきますね!!

コメントありがとうございました。

世の中のほとんどの人は表面上は利己主義で心の奥底に利他が潜んでいるように感じます。
だからこそ普段は何もしないけれども、いざ災害が起こるとボランティアが大量発生するのではないでしょうか。
私の中にも利他はあるのかな?

No title

お早うございます。
 利他ですか。
「よそのことばかりに一生懸命にせんと、ちいとはうちの事もしんさい」とは、ツレの言い方ですが、
おんぶにだっこに肩車のケースが多いですね。
見返りを求めているわけではありませんが、だいたい歳上の方は無条件に喜んでいただけ、同年代は無遠慮で、どっかりさらに寄りかかられたりします。
 現実的ですが、精神衛生上、相手を見て、出来る範囲でだけにしていきたいです。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、おはようございます。

よっぽどの悪人でなければ、誰しも「利他」の部分を持っている
ような気がします。
だからおっしゃられるように、震災でのボランティアや募金
というのが成立するのでしょう。

「利他」の部分はあるのでしょうか?私にはよくわかりません。
何故なら、自分に「利他」の精神があるのかがわからないからです。
ただ、「世の中のためになりたい」という気持ちは持っている
つもりです。

コメントありがとうございました。

RE:yamadagagaさんへ

yamadagagaさん、おはようございます。

「利他」です。難しい話です。

誰しも自分は可愛いです。そして、自分と家族の生活の安定
を守っていくだけで精一杯であります。
その中で、「他人に無償で奉仕できるか」と言うと、なかなか
難しいのが現実だと思います。

なので、最後にお書きになられているように、このことも
二極的に考えてはいけないような気がしています。

時には「利己的」に。そして、時には「利他」的に生きる。
そういう、柔軟な気持ちが大切なのだろうと考えております。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ