【 カサブランカ 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~

昨夜、妻とこの映画(DVD)を観ました。

~カサブランカ~

カサブランカ

映画の詳細は、こちらからリンクして参照ください(Wekipedia)。
ここをクリックしてください


映画を観た一番の印象は、『この映画はラブストーリーなの?』
という疑問です。

ハンフリー・ボガート 演ずるリックが、イルザ(イングリッド・バーグマン
を愛していることはわかるのですが、イルザはそうとは思えない。

イルザは自分が生き残るためにリックを利用し、夫であるラズロと
新天地を目指し、カサブランカ を去っていく。

この映画の中で、イルザはあまりいい女性として描かれていません。
それよりも、リックのイルザへの一途な愛。そして、イルザを守る
男としての人情味あふれる行動が、とても印象に残りました。


【名文句(セリフ)】
1.これは、この映画において一番有名なセリフですが、

「君の瞳に乾杯」
"Here's looking at you, kid."


2.リックが映画の中で、ある女性をフるセリフ。
  (個人的には、このセリフが印象に残りました。)

女性:「夕べはどこにいたの?」

リック:「そんな昔のことは覚えていないね」

女性:「今夜、会ってくれる?」

リック:「そんなに先のことはわからない」



「カサブランカ」は、映画本編が103分と非常に短く、
時間があまりない時でもサッと観ることができます。

さらに、私はこの映画のDVDを家の近くにあるTUTAYA
で購入しており、現在でも手に入れることは容易です。

映画内容についてはいろんな見方があるでしょうが、
非常に有名であるということで、一見の価値はあると言えます。


≪今回の1曲≫
映画の中で効果的に流れるこの曲。
As Time Goes By (時の過ぎゆくままに) 』 です。

カサブランカ2

ここをクリックしてください



今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

[時の過ぎ行くままに]名曲ですよね。
あーぁこの曲はカサブランカの映画の中の曲だったのですね。
そしてあの有名なセリフもカサブランカの映画だったのですね。
曲とセリフは有名でも映画自体は素晴らしい内容なのか疑問です。

RE:ブーちゃんさんへ


そうですね。スタンダードナンバーとして、いろんなところで
よく流れる曲です。

セリフでは、「君の瞳に乾杯」は、あまりにも有名ですね。

映画内容は、やや複雑です。第二次世界大戦の時期を
舞台にした物語ですから、その辺も理解しないといけません。

この映画は、「永遠のラブストーリー」ということになってますが、
私としては、「様々な人間が交じり合った、ヒューマンストーリー」
のような感じがしました。

お時間があれば、一度観てみてください!

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ