【 心萎えるとき 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日は、ハローワークに行ってきました。

検索機で募集情報を見ていたところ、めぼしいところが
あったので応募してみることにしました。

面接は23日です。

私は面接が嫌いです。どうしても、志望動機がうまく話せない。
口ごもってしまうのです。

志望動機だけきちんと話せたなら、後は相手の言うことに
そつなく答えればいい。

なので今回はその企業のことをよく調べ、志望動機をきちんと
述べれるようにしておこうと考えています。



さて今回は、このことについての話になります。

それは、

『心萎えるとき』

です。

「萎える」ということは、「体力や気力が衰えて弱る」という意味ですが、
私が言うのは気力の方であります。

つまり、精神(メンタル)が弱くなるということです。

私は現在、自分を客観的に見て、「心萎えるとき」にあると思います。

しかし、今まで生きてきた中でも「心萎えるとき」は何回もありました。
そういう時、私はどうやって乗り越えてきたのか?

それは、乗り越えたのではなく現実から逃げてきたように思えます。

『現実の辛さから目を背け、酒に溺れる』

そういうことをしてきました。

その揚げ句にアルコール依存症となったわけですが、「ほんと情けない
生き方をしてきたものだ」と強く感じます。

でも、もう酒が飲めない体となった今、いくら心が萎えても酒に逃げる
ことはできません。

きちんと現実と向き合い、今ある自分を受け止めなければいけないのです。

しかし、「辛く苦しい現実を受け止める」ことは、なかなか難しいことです。
思考が、マイナスの方やネガティブな方へと陥ってしまうからです。

こういう時、メンタルが強い方はこう思います。

『まぁ、なんとかなるだろう』

『まぁ、いいか!』

と。

このある意味、開き直りと気持ちの切り替えが大事なのですね。
上記のようなことを思えた時、人は「心萎えるとき」を脱するのでしょう。

メンタルは鍛えられるとよく言われます。しかし私は、性格的なものが
強いような気がしています。

楽観主義な方と悲観主義な方。

世の中はこの二つに分かれる気がしますが、私はどちらかというと
悲観主義の方です。

楽観主義の方のように、「まぁ、いいか!」という開き直りができない
のですね。

では、私のような悲観主義な人間は「心萎えるとき」にどうすれば
いいのでしょう。

それはやはり、

『良くなる時をじっと待つ』

しか方法はないのだと思います。

少し前に少々自暴自棄になりかけた時もありました。
しかし、そうなってはいけないのです。

もう一度再認識し、「じっと耐える」覚悟を持とう。
今はそう考える次第です。



≪今回の1曲≫
竹内まりや で、『 』 です。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

深い言葉です^^

誰にでも萎える事はある
それを乗り越える時デコは力んではいけないような気がする

○○ねばならないをデコは捨てました
そこで増やしたのがまっいっかです^^

大切な人が教えてくれました

生きていればどちらの思考もやってくる
ポジティブもネガティブも

でもでもいずれトンネルは抜けます
どんな人もいつまでもトンネルの中でもがいている事はないのだから

それぞれの方法で明るい出口へ(#^^#)

RE:♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん、おはようございます。

おっしゃる通りで、力んではいけないと思っています。
力んで脱出しようと焦れば焦るほど、深みにはまっていきます。

・・・ねばならない。・・・であるべき。そういう考えは捨てた
つもりですが、心の中ではまだ持っているのでしょうね。

いつかはトンネルを抜けるでしょう。それが短いか長いかだけ。
世の中に変わらないものはありません。必ず変わるのです。

どういう方法がいいのかはわかりません。でも、希望を持って
生きていきたいと考えています。

コメントありがとうございました。

うめぞーさん、おはようございます!

萎える時は萎えますよね…。
(ノ_<。)
僕は最早発想が『ま、考えても仕方ないか』って考えですね。
悲観的に考えてもどうぞしようもないって感じっす。
( ^∀^)

RE:nori さんへ

nori さん、おはようございます。

そうなんです。萎えるときは萎えるものなのです。
でも、悲観的に書いてますが、「そういう時期だ。仕方がない」
という諦めの気持ちは持っています。

「ま、考えても仕方ないか」
いいですね。そういう思考が、nori さんのいいところです。

今日は休日でしょうか。
もしそうなら、よい休日をお過ごしください。

コメントありがとうございました。

おはようございます!

メンタル面が弱くなる、いずれは
その時期がやって来たと、実感して居ます(+_+)

気持ちが切り替えれたり、割り切れたりできる人は、本当に
羨ましくなります^^;

RE:sashimisashimi777さんへ

sashimisashimi777さん、おはようございます。

メンタルが弱くなり「心萎えるとき」が来る。
毎年ではありませんが、何年かに一度はそういう状態になります。

気持ちの切り替えが早い方っておられますよね。
私も、そういう人が羨ましいです。

今日も、全国的に天候が悪いですね。
早くお朝陽を拝みたいです(^.^)

コメントありがとうございました。

落ち込むこともありますよ

うめぞーさん、おはようございます。
心萎える時…
うめぞーさんの言われるように、誰かに言われた言葉、自分の周囲で起きた現象、自分に降りかかったちょっとした出来事も楽観的に捉えるか、悲観的に捉えるかで180度変わりますよね。

「ま、いっか」「なんとかなるんじゃない?」と言える楽観主義者は一見、明るい未来が待っているように思えます。
しかし、悲観主義はいつも慎重で、注意深く、私は悲観的な方も生きていく上でいいことがたくさんあると思います。

気分はどうしても良くなることもあれば、落ち込むこともあると思います。私はどこかの本で昔見た、『ミディアムテンション』と言う言葉が好きです。テンションを上げ過ぎず下げ過ぎず、冷静に中ぐらいの気持ちを保つというスタンスなのですが、

今度の面接、緊張しちゃうし、志望動機もなかなか流暢に話すのは難しいと思います。(私も面接は大の苦手!!)
気持ちは無理せず、しかし想定質問への答えは完璧にして臨んでくださいね。^ ^

またしても長文だ。失礼いたしました。

RE:ぴろりんさんへ

ぴろりんさん、おはようございます。

「心萎えるとき」
おそらく悪いことが連続し、精神が複合的に痛めつけられて
いるのだと思います。
そういう時、自分の気持ちをどう持っていくかで向かう方向は
違ってきますよね。

「ミディアムテンション」ですか。初めて聞く言葉です。
テンションを上げ過ぎず下げ過ぎず、丁度いいくらいに保つ。
それができたなら、うまく世の中を渡っていけそうですね。
覚えておきます。

私も、悲観主義が決して悪いわけではないと思っています。
なのでこれも、楽観主義と悲観主義の中間辺りをキープ
できたらいいですね。

面接頑張ってきます。落ちてもいいと思えば本当に落ちて
しまいますから、採用されると思って臨もうと思います(^o^)/

コメントありがとうございました。

萎える時

おはようございます。

萎える時ってありますよね。
自分悲観主義者なので簡単に開き直る事も出来ませんが
空元気でも良いので開き直れる様に挑戦しています。
でも失敗する確率の方が高いですけど…

誰しも心萎える時は有るかと思いますが人それぞれの度合いの違いで仰るように「まいっか」と思う人もいれば毎回毎回まいっかと思えずに深刻に受け止めてしまう人がいるのでしょうね。
かくいう私は中間くらいの度合いでしょうか?
心萎えても誰に言える事も無く一人悶々と悩み考え時間と共にその思いが薄らいで行くというパターンです。
深刻に受け止め悩むタイプのようですが時間と共にその思いが薄らぎ楽になるといいですね。

RE:kaionさんへ

kaionさん、おはようございます。

萎えるときってあります。おそらく、まだ鬱が完治していないので
余計に辛く感じるのかもしれません。

「病は気から」ですから、空元気でもいいので元気ださないと
いけないですね。とりあえずは当面、その日やるべきことはやり、
後はのんびりしようと考えています。

コメントありがとうございました。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、おはようございます。

「心萎える」とは、落ち込んでいるということとは意味合いが
違います。落ち込むことはよくありますが、「心萎えるとき」は
何年かに一度の頻度です。

やはり私は、「人生は苦である」という観念に賛同してしまいます。
一難去ったらまた一難。そういう悪い時が続く時ってあると思います。
ならばどうすればいいか?それは、最初から「人生は苦しいもの」
という覚悟を持つことだと考えています。

なかなか生きることって難しいものですね。

コメントありがとうございました。

文才ありですよ

こんばんは。

自分も面接は嫌いです・・・。
依然受けた会社で志望動機を聞かれ答えましたが、面接官からは厳しい指摘を受けました。
もういいやって感じで、それ以上深くは考えていませんと答えましたが、それから合否の返答はありませんでした。
うめぞーさんのブログはとても読みやすく、文書が整っている感じを受けます。
きっと文才があるのだと思います。
自分は本など文書関係を読むのも書くのも苦手な方なので、文才はありません(>_<)
志望動機を聞かれたら、文書を書くように考えると良いのかもしれませんよ。
「心萎えるとき」、自分も同様に現実から逃げてきました。
これ以上書くと長文になるので、このあたりで止めときますね。
面接は誰でも緊張するし、上手く話せないことのが多いです。
ですから、深く考えず自然体で話せばいいと思いますよ。
上手くいくといいですね。

RE:おっさんさんへ

おっさんさん、こんばんは。

ちょっとひどい話ですね。面接の途中で指摘を受けたり、
なによりどんな面接であっても合否の返答はするべきです(怒)

お褒めいただきありがとうございます。
文才があるかどうかはわかりませんが、閲覧者が記事を
読みやすくするようには努力しています。
おっさんさんのブログの記事も読みやすいですよ。

そうですね。面接は、普通でも緊張するものです。そして、緊張
するのが当たり前かと思います。なので志望動機だけはきちんと
用意しておき、後は自然体で受け答えしようと思っています。

ありがとうございます<m(__)m>
頑張りますね。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ