【 幸せや楽しみを求めない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


幸せを求め続けている方は多いと思います。

しかし、幸せというのは鼻の前にぶら下げられたニンジンの
ように、ただ追いかけても口には入りません。

前に記事で書いた孤独と同じように、幸せでなくて当たり前
なのであります。

幸せは、頑張れば見つかるというわけではありません。

もちろん、幸せを願う気持ちを否定するわけではありませんが、
幸せでない時も「それでいいんだ」「当たり前なのだ」と理解して
おくことも必要だと思います。

どの時代の、どこの国の、どの地位の人も「100%の幸せ」
は、つかんでいません。

だからこそ人類は文化を発展させ、智慧をつけてここまできたので
あります。

それがなければ、人類は未だ木の上に座り、バナナを食べていた
ことでありましょう。


幸せと同じように「人生を楽しみたい」ということを目的におくと、
いつまでたっても満たされることはありません。

楽しむことは忘れて、まず目の前のことに一生懸命になってみる。

楽しむためでもなく、幸せになるためでももなく、ただ身の回りの
生活を大事にしてみる。

身の回りの生活を大事にして1日を終えた時、意外に幸せを感じる
かもしれません。


「いつも幸せで楽しくなければいけない」というのは、幻想であります。

そうでないのが現実であり、そのことに気付かないと余計に不幸に
なってしまいます。

「苦しい時もあり、幸せでないときもある」と思えたなら、人は意外に
安定した人生を送れるような気がします。

誰も苦しみの受け入れ方は教えてくれません。幸せになれ、夢を追え、
と言いますが、夢など見なくても普通に現実を生きていくだけでいい
のではないか。

そのように、私は思う次第です。


≪今回の1曲≫
エルヴィス・コステロ で、『 She 』 です。

愛も、求めているだけでは手に入らない。与えることを知った時、
自然と自分の手に入ってくる。そういうものではないでしょうか。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

デコの場合
苦しみや辛さを受け止めるのは
とことん落ち込んで闇に入って
そこから冷静になれた時受け入れられれきたのだと考えます

普段の生活を維持していくうえで
より質のいい生活にする
デコの場合元気に生きられる環境を作る上で

写真と言う楽しみを見つけました
なので日々頑張っていられるのだと思います

その写真を写せる環境が幸せ
なのかもしれない^^

RE:♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん、おはようございます。

そうですね。苦しみや辛さは、そう簡単に受け入れることが
できないのが現実です。私もとことんまで悩み、底にいき
ついてから這い上がるということを繰り返している次第です。

日々の生活の質を高め、自分が自分でいられるような環境を
作っていくのは大事なことです。
「日々の生活を大事にすること」。これについては、次回の記事
にてお話しようと考えています。

デコさんは、写真という素晴らしいものを得たわけです。
写真を写せる幸せというものを見つけたというのは、とても幸運
なことだと思います。

コメントありがとうございました。

自分の場合

おはようございます。

自分の場合は幸せの追及をしてしまいます。
100%の幸せはないにしろ、少しでも幸せになりたいと
努力してしまっています。果たしてそれが良い事なのか
悪い事なのかは判りませんが…

RE:kaionさんへ

kaionさん、おはようございます。

幸せになりたいという気持ちは、誰にでもあると思います。
ただ、それを求めていくと、段々今の自分の状況が冷静に
判断できなくなるような気がしてきたのです。
つまり、今十分幸せなのに幸せではないと思ってしまう、
ということに陥ってしまう感じがするのですね。

それよりも、目の前にある日常生活を懸命に行っていく。
そうすることで、達成感というか充実感が得られる。
そう考えてきています。

穏やかに、かつなにも起こらずに1日を終えたなら、それが
幸せというものなのかもしれません。

コメントありがとうございました。

No title

こんにちは。
自分の内心をじっくり見つめると、やはり幸せにつながる事を意図して選択しています。「幸福感」につながることを強く求めています。どちらかというと精神方面/脳科学方面において好影響のある事が物的な幸せにもつながるという方向が強いかも知れません。

RE:massanさんへ

massanさん、こんにちは。

そうなのです。人間的にはおっしゃる通りなのであります。
私も幸せを求めたいですし、楽しいことをしたいです。

ただ、幸せになりたいということや楽しみたいということを
人生の目的にすると、際限が無くなるような気がするのです。

つまり、幸せを感じたことでドーパミンが分泌しされます。
そうすると、もっとその状態が欲しいという依存が止まらなく
なってしまうわけです。

今回の記事は、かなり誤解されることと思います。
悲観主義と言われても仕方がないでしょう。でも人間は、
リスク管理をしていく必要があるという観点から記事にした
次第です。

コメントありがとうございました。

幸せ楽しみを追い求めないほうがベスト

私は何かを成功させたり、良い事があった時でも決して浮かれたり幸せだなぁと思わぬようにしています。
思った時は必ず悪いことが起きるからです。何かがあっても何事もなかったように振舞い、嬉しがらぬ事幸せだなぁと思わぬ事そうすることにより、悪いことは起きずに平穏無事に過ごせるのです。
こんな人生嫌だと思う人もいるかもしれませんが私にはこれがベストな状態です。

コステロ久しぶりに聴きました。良い曲ですね。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんばんは。

共感いただき、ありがとうございます<m(__)m>

私が求めない理由とブーちゃんさんの理由は少々違いますが、
人生において幸せを追い求めない方がいいと思います。
お書きになられているように、良いことの後には必ず悪いこと
が待ち受けています。それは、必然的と思うほどです。
なので、物事は一喜一憂せずに淡々とこなしていくのがベスト
かと思います。

そうですね。コステロは久しぶりに出しました。
コステロは知らなくても、「she」は知っているという方が多い
かもしれませんね♪

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ