【 日常生活を大切に 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近私が思うに、日々を過ごしていくことにおいて最も大事
と言えることは、これだと思っています。

それは、

『日常生活を大切にすること』

です。

夢をみることがあるでしょう。また、自分はこうなりたいという
ことだってあるはずです。

しかし、そういう遠くの方を見据えるよりも身近な生活を大切にし、
それを懸命にこなしていく。

それが、日々を充実させる術であるような気がしています。

私と同じような考えをされた方では、この方がおられます。
(私と同列にするには恐れ多いですが)
日本における 曹洞宗 の開祖の 道元禅師 であります。

道元

道元禅師は当然座禅を組むことを大切にしていますが、
色々な著書のなかには日々の生活のあり方について
語っておられます。

それは、食事や掃除の仕方。そして、トイレの所作にまで
及んでいます。

では、何故道元禅師はそういうことを大切にせよと説いた
のでしょうか?

私が思うに、日々の生活をきちんとすること。それこそが、
修行の一つだと考えていたのであろうと推測します。


また、道元禅師は「只管打坐(しかんたざ)」を大切にしていました。

只管打坐とは、余念を交えずにただひたすら座禅すること
であります。

なにかのために座禅するのではない。ただ、ひたすら座る
のです。

そこには、何の目的も存在しません。
ただ、一つ挙げるとしたならば「無」になるということでしょう。

なにも考えずに「無」になる。非常に難しいことでしょうが、
それこそが「禅」ということなのだと思います。


以前の記事でも書きましたが、仏教において大切にされて
いることに「諸法無我」という考え方があります。

その意味は、全てものは実体のないものであり人間すらも
「我」を持たない「無」であるということです。

全てが「無」である存在の人間が、欲望を持つことは
ありません。

しかし、今の日本仏教界の僧侶たちを見ると、「無」でなく
煩悩の塊だと言えるでしょう。

酒を飲み肉を食べる。結婚はいいとしても愛人さえつくる
僧侶も多く存在する。

完全に堕落していると思います。

私は、寺を世襲にすることにも反対の立場をとっています。

檀家を守っていく寺の住職が世襲でいいのか?
いいはずはありません。

修行などろくにしないで寺を息子が継ぐ。そんなことでは、
ますます日本仏教界は堕落してしまいます。

仏教のいいところは、固定観念に執着せずにその時代に
合わせて変化していくところだとは思っています。

しかし、酒を飲んで肉を食べる住職は、もはや僧侶とは
言えないです。

葬式仏教と化した日本仏教ですが、五戒 くらいは守ってほしい
と思うところであります。

最後に、

戒名を得るだけで何百万円も請求する。
そんなビジネスと化した日本仏教界は、もはや釈尊の存在すら
忘れていると言える気がします。

凡人である私が言うのもなんですが、非常に情けない限りだと
思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうだね
日常の生活こそが大切である

日々懸命に生き抜く事

時にパンクしてしまうけれど
それでも生きていかなければならない

遠くも少しみつつ
デコは今目の前にある生活を今以上に
充実させる事がその先に繋がるかなぁ?と思う

RE:♪デコ♪さんへ

♪デコ♪さん、おはようございます。

そうなのです。日常の生活をおろそかにしない。
そして懸命に行う。そこに、真実がある気がします。

ただ、時にはガス抜きが必要ですね。

おっしゃり通りで、遠くを少し見据えながら自分の足元を
見つめて歩んでいくこと。その連続の末に、夢や目標などが
繋がっていくのだと思います。

コメントありがとうございました。

日常生活

おはようございます。

日常生活が大切だというのは納得です。
1日1日を大切に積み重ねていく事が大事になるのかなぁ。
毎日タスクを掲げているのは間違いじゃないのかなぁ。

RE:kaionさんへ

kaionさん、おはようございます。

kaionさんが、毎日タスクを掲げて1日を過ごそうとするお姿、
間違いはないです。
それが完璧に達成されなくても、60%完遂できれば
いい1日だと言えるのではないでしょうか。

私も、見習わねばいけないと痛感している次第であります。

コメントありがとうございました。

僧侶で修行を積んだという話を聞きますが、実際にその僧侶をみるとどんな修行を積んだのだろうと疑問に思う事があります。酒あり女ありの世界にどっぷりと浸かっているのに修行僧と言っているのはこれいかに?と思えます。
私達はそんなえせ修行僧に騙されずに自分自身の毎日を大切に生きて行きたいと思います。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんばんは。

現在僧侶で、修行を積みながら寺を守っている方は稀でしょう。
皆世襲で、住職になる資格を取り、檀家の葬式などを行っている
というのが現実であります。

私の知っている僧侶でも、酒は飲むし歯肉は食う。おまけに愛人
さえつくっているというのがほとんどです。こんな僧侶、仏教家
とは言えません。

少なくとも五戒くらいは守ってほしいと思うのは、仏教を学ぶ
人間としては当然のことでありましょう。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ