【 脳内麻薬(ドーパミン編)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


このような本を読み終えました。

脳内麻薬
著者:中野信子
【幻冬舎新書】

※この記事は、この本を引用・参考にする形をとって進めます。

この本の内容は、脳科学の観点から、依存症というものを
解明しようというものです。

依存症になるための原因や脳の働きなど、たくさんの説明があるの
ですが、まずはその一番大元となる物質のことから説明したいと
思います。

その物質とは、

『ドーパミン』

です。

ドーパミンとは、私たちの快楽を感じる直接の源になっている
物質で、俗に「快楽物質」と呼ばれています。


まだ、全部が解明されたわけではないようですが、次のような時、
人の脳の中にはドーパミンが分泌されることがわかっています。

・楽しいことをしているとき
・目的を達成したとき
・他人に褒められたとき
・セックスで興奮しているとき
・美味しいものを食べているとき


上記のリストを見ていると、私たちの人生の良い部分すべてが
ドーパミンに関係しているようです。ドーパミンが「快楽物質」
と呼ばれる理由がわかると思います。


ドーパミンは「前頭前野」を興奮させ、意欲的にさせる物質です。
なので、大量に分泌されると過剰な興奮が生じます。


前頭前野

その結果、下記のような症状が起きると考えられています。

・興奮状態になり、時に攻撃的となる
・アルコールやタバコの依存症や過食など、ある種の行動が
 やめられなくなる
・幻覚を見たり、妄想を抱いたりする


ここで重要なことは、依存症は決して心の弱さといったものが
原因でなく、脳内の物質の異常からくる病気であるということです。


では、ドーパミンが不足すると、人はどうなるのでしょう。
それには、次の症状をもたらすと言われています。

・意欲や興味、好奇心などが減少し、無気力な状態になる
・パーキンソン病


また、うつ病のように、ドーパミンとの関係が疑われている病気も
あります。



最後にかじり部分だけ、依存症の正体について言及したいと思います。

依存症の方の依存対象はたくさんあります。
物質ではニコチンやアルコール、プロセスとしてはギャンブルやセックス、
人間関係では恋愛や宗教・DVなど・・・・・

これらには何の共通性もないように思えます。
例えばアルコールは脳の中に入っていく物質ですが、ニコチンはどう
でしょう。さらに、恋愛や宗教・DVなどは物質ではありません。

つまり、依存症の依存対象そのものには共通性がほとんどありません。
しかし実は一つだけ、重要な共通点があるのです。


その共通点とは、依存対象に接しているとき、人の脳の中には
ドーパミンが分泌されているということです。


初めて依存対象に接した時、「意識する脳」である前頭前野がそれを
好きかどうか判断します。

それが好きなものであると、ドーパミンが放出され、脳は快感を覚えます。
さらにこの結果は、脳の 「海馬」 という部分に記憶されるのです。

このように、最初の体験が快感とともに記憶されると、「再びあの体験
をしたい」と考えるようになります。


そして、依存症となっていくのです。




≪今回の1曲≫
アース・ウィンド・アンド・ファイアー で、『 Boogie Wonderland 』 です。

アース・ウィンド・アンド・ファイアー

ここをクリックしてください




今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
よく研究されているのですね、私も脳内麻薬物質なる物の存在はウィンドサーフィンをやりはじめた30年近く前にウィンドサーフィンの雑誌で知りました。なんでも「プレーニング状態」という滑走の状態になると足裏から伝わる快感で脳内麻薬物質が分泌されて「またこの状態になりたい」と無意識に思うようになってしまってついつい海に通い詰めてしまう、というものでした。確かにあると思いました。ウィンドサーフィン以外でも、スノーボード、登山、ジョギング、物作りなどで直接的な快感、達成感などで分泌されている気がしています。最近では有酸素運動20分くらいでβエンドルフィン、のちドーパミン、エフェドリンなどが分泌されるなどと書かれた本を読んだことがあります。だんだん横文字を覚えるのが面倒になってきて詳しいことは忘れてしまいましたが、なにやらが出てきて良いことをしてくれているとは思っています。

特にこれだけは持続させていきたいと思っているのは大腿筋に(運動による)刺激を与えると脳を刺激して「やる気」が出るらしいのでジョギングだけは週1程度で続けています。

ドーパミンの言葉は聞いたことがありましたが何をするものかはわかりませんでした。そうすると女性に多い過食症も食べたい(食べたときの満足感が忘れられない)という欲求からドーパミンが多く分泌されるのでしょうか?
やっかいなものですが、果たしてこの物質は必要なのでしょうか?
持って生まれたものを無くすという事もまぁ出来ないですよね。

RE:massan さんへ

おはようございます。

足裏から伝わる快感で脳内麻薬物質が分泌されるという、「プレーニング
状態」。そういうこともあるのですね。

ウインドサーフイン・スノーボード・物づくりなどをやることで
快感や快楽を得る場合、おそらく「ドーパミン」が分泌されて
いるのだと思います。

しかし、登山やジョギング(特にマラソン)などをすることで快感
・快楽を得られるのは、おそらく(予想ですが)、苦痛を和らげる
時に出る快楽物質である、「オピオイド」が分泌されているのでは
ないでしょうか?
よく「ランニング・ハイ」になる方がいると聞きますが、この時に
関係しているのが「オピオイド(β‐エンドルフィン)」だそうです。

お書きになられているように、脳を刺激し、「ドーパミン」の分泌
をうまく利用して「やる気」を出していきたいものですね。
楽しく趣味をやることも、その一つの方法かと思います。

コメントありがとうございました。

RE:ブーちゃんさんへ

おはようございます。

過食症の場合、確かに「ドーパミン」が分泌されてますが、
もう依存症の部類に入ります。

人は自分の好きなことをやって快楽・快感を得ると、「ドーパーミン」
が分泌されます。しかし、通常の快楽では満足できない場合、
「もっと、もっと欲しい」と思い始め、「ドーパミン」が大量に
分泌されることとなります。

通常の適量の食事で満足できればいいのですが、食事の量が極端に
増え、生活の大半を食費に使い、必要以上に食べては吐くを繰り返し、
悪いと思ってもやめられないのが過食症(摂食障害)です。

「ドーパミン」の分泌をうまく利用すれば、人は非常に良い状態
となりますが、これがまた依存症と紙一重なのでやっかいなのですね。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ