【 原爆投下について思うこと 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~

今日8月6日は、広島市に原爆が投下された日です。
毎年のとおり、平和記念公園では、平和記念式典(原爆死没者慰霊式)
が行われました。


私が毎年思い続けることは、

『いいかげん、アメリカさんも謝罪したら
 どうなの?』


ということです。

8月6日に広島市、8月9日に長崎市に2度投下された原爆。
この行為は絶対に許されるものではありません。


しかし、アメリカ国民の感情の多くはそうではないです。

アメリカでの原爆投下に関する一般的な考え方が、

『原爆を投下したことにより、戦争は早く終結した。原爆投下により、
 アメリカ兵士はもちろん、日本人の被害も少なくした』


というものです。

この考えはあまりにも利己主義であり、事の本質を理解していない
ばかりか、犯した犯罪への多大な言い訳です。


上記のアメリカの主張に私が納得できないこと。

それは、

『それならなぜ、広島と長崎の2ヶ所に投下する必要があったのか。
 しかも、わずが3日後に』


というものです。

戦争を早く終結するために投下したならば、1ヶ所でいいはず。
百歩譲って2ヶ所目に投下したとしても、少なくとも広島市の投下
によって日本がどうでるか、を待ってもよかったと思います。


ここで事実を申します。

あまり報道では言いませんが、実は、広島市と長崎市に投下された
原爆の種類は違います。


広島は、ウラン型。
長崎は、プルトニウム型。


なのです。

要するに、広島市に原爆投下した3日後に長崎市に投下していること。
そして、2ヶ所の原爆の種類が違うこと。
これだけで判断できますように、アメリカは2種類の原子爆弾の
威力を試したかったのです。


さらに、このような経緯もあります。

戦後しばらくたった、1946年8月のアメリカ雑誌に載った「HIROSHIMA」
という記事とラジオ番組によって、初めて原爆の実態を知ったアメリカ国民
が騒ぎだし、大きな議論となりました。

これに困ったトルーマン大統領は、原爆を投下せずに日本本土上陸作戦
を行った場合の試算をし、提出しました。

そこで出たのが、「100万人のアメリカ兵の命を救うため」というもの。
実際には「最大で100万人の死傷者が予想される」という言葉でしたが、
それがいつのまにか「100万人の命」という風にすり替わったのです。


ここからは、私個人の考え方です。

戦争(戦い)に、やってもいい(やったほうがいい)ことなどありません。
しかし、一つだけ許される戦いがあります。

それは、自国が他国から攻められ、自国の存続及び国民の命が
危険にさらされる場合です。


この時は、世界の戦争学者もそうですが、私も戦いに応じることを
認める立場にあります。

なので、原爆の投下だけでなく、下記のことも許されないと思って
います。


・1945年3月10日:東京大空襲
・1945年3月12日:名古屋大空襲
・1945年3月13日:大阪大空襲
・1945年3月17日:神戸大空襲


原爆投下、ならびに大空襲、絶対に許される行為ではありません。
これらは、明らかに大虐殺です。


日本はアメリカに対し、これらのことについてもっと責任を追及し、
謝罪ならびに補償を求める必要があると思います。

現在原爆症を患われている方の補償は、日本が行っています。
最近韓国で多く訴えられている原爆症の補償も、日本政府に対して
です。


これ、明らかに間違いです。

原爆症の補償は、アメリカがするべきだと思います。
日本がするのは筋違いです。



今回の記事で書きましたこと。それは、「勝てば官軍」ではすまされない
ことなのです。





≪今回の1曲≫
マーヴィン・ゲイ で、『 What's Going On 』 です。

マーヴィン・ゲイ

ここをクリックしてください

※この動画は携帯端末では再生できません。
  ご了承ください。





今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
たしかにごもっともでありますね。日本人は人が良いので都合の良いようにされている気がします。
ただ私の本音は、もういいからきれいさっぱり忘れて仲良くすれば良いのに...です。いいかげん面倒くさくなってきました。ののしりあいをテレビで見るのが。

ところでテツさんの生まれ故郷の津市もけっこうひどい目にあったようですね。橋北中学校の水難とともに地元では有名な話しです。

No title

うめぞーさん、こんばんは。

全く仰る通り、一言一句その通りであります。

が、ただ一つ・・・、戯言になりますが、発端はどうあれ戦争には絶対に勝たなくてはいけません。
日本の愚かであったところは、勝ち目のない戦いをした事、であると思っています。

究極を言うなら、日本も「核武装」すれば日本を取り巻く様々な憂うべき事案がかなり軽減されるでしょう。


修太が、「今度は何とかオセロ勝ちたい」と申していました(笑)。

長崎・広島の原爆について被爆された方の気持ちは経験した人でない限りはわからないと思いますが、しかしながら私たち日本人は少しでも理解を示したいと思います。そうでないと只、観光にきて通りすがって行くような何処かの国の人と同じになってしまいます。果たしてアメリカは原爆を投下する意味があったのでしょうか?自国の国民の何万人もが亡くなってしまったらどうなるのでしょうか?
うめぞーさんは良く調べていますね。これからはペンを持ち、又パソコンに向かい少しでも日本の未来を良くしようと頑張ってください。アメリカ人は事実をはっきり話すと言いますが実際は要領の良さだけで生きているようですよね。あちらの水が美味しいと聞けば方向を換え、又こちらの水が美味しいと聞けば方向を替える要領良く生きている国民性のように思います。

RE:massan さんへ

massan さん、こんばんは。

ほんと、おっしゃられるとおりです。日本は人がいいというか、
なんというか・・・であります。
現在政府が進めている、安保法制案の集団的自衛権の行使。
これは明らかに、アメリカを後方支援するためのものです。
日本政府が進めなければならない理由もわかりますが、ちょっと
人が良すぎるような気がします。

過去の戦争に関しては、訴えるところは訴える。謝罪するところは
謝罪する。そしてことが収まったなら、いつまでも過去を引きず
らずに「水に流す」。
このような簡単なことがどうしてわからないのでしょうか。
このことは、隣国である中国と韓国にも当然言いたいことです。

私の実家のある津市は、かなり大規模の空襲にあいました。
相当酷いものだったと、私の父がいつも申しております。
橋北中学校の水難もありましたね。実は私、橋北中学校に通って
いました。

コメントありがとうございました。

RE:ひゃくしょうさんへ

ひゃくしょうさん、こんばんは。

その通りだと思います。太平洋戦争は、どれだけ経済制裁を
受けていたとしても、やってはいけない戦争であって、
まったく勝ち目のない戦いでした。

アメリカは真珠湾を例に出し、「先に戦争を仕掛けたのは日本だ」
と言いますが、あれは明らかに日本がアメリカの陰謀にのって
しまったのです。

私個人の見解では、核を保有することには反対の立場をとっています。
しかし、今の日本の丸裸の状態では、東シナ海の領土問題を発端
とした中国の脅威に押されることは必至なことです。


修太君、またオセロをやりましょう。でも、まだ負けないよ~(^-^;
(うめ先生より)

コメントありがとうございました。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんばんは。

これは私個人の考えですが、「天災は忘れていかないといけない。
しかし人災は忘れてはいけないし、きちんと理解しないといけない」
と思っています。

なので、原爆のこと、特攻隊のこと、そして戦争のこと。
このことは他国に左右されることなく、我々日本人がきちんと
理解して、国民主導の形で決めていかないといけません。

アメリカをはじめとした欧米諸国は、外交がとても上手いです。
真正面から彼らの言うことを信じていたら、後でとんでもない
しっぺ返しをくらいます。
アメリカは、尖閣諸島問題は日米安保の範囲内と言ってますが、
本当に中国と衝突したとき、彼らは絶対に助けてはくれない
でしょう。そのことを、日本政府も日本人も、よく理解する
必要があると思います。

コメントありがとうございました。

No title

テツさんお早うございます。

米国の理屈、「戦争の早期終結の為に原爆を使った。」

これは偽りです。
自国兵の命を守り、日本の一般民間人を殺戮したのです。

民間人の無差別殺人は、決して許されません。

日本は、賠償も戦犯の断罪も求めていません。

ただ被災者に謝罪し祈れというのです。

民間人の原爆による大量殺人、歴史が何時か裁くでしょう。

何れにしろ、トルーマン大統領は、神様の厳しい裁きを既に受けているはずです。

更に現在の米国人、彼らが原爆を正当化するなら、同じ事を他国にされても良いという事になります。

この点において、米国民は恥しらず、正しくご都合主義の国だと思うのであります。

酷暑です、お体大切にしてください。 (*_*;

RE:豆大福さんへ

豆大福さん、おはようございます。

「戦争の早期終結の為に原爆を使った。」
偽りですよね、言い訳ですよね。

原爆投下、絶対に許される行為ではありません。
お書きになられているように、無差別殺人であり大虐殺です。

あのローマ帝国が滅びたように、いつの日かアメリカも滅ぶ
時がくるでしょう。
その時、原爆投下、イラク戦争、ベトナム戦争・・・数えきれない
程のアメリカの戦犯が裁かれると思います。

アメリカという国は、あまりにも自分たちの都合のよい方向で
世界を操っています。そんなアメリカを日本は、本当の意味で
信用してはいけないです。

しかし現状、アメリカを無視しては日本が成立しないことも事実
です。なので日本は、アメリカをうまく利用していくべきだと
思います(今のように利用されるだけでなく)。

ありがとうございます<m(__)m>
だいぶ絶頂期の酷暑よりはマシになった気がしますが、
まだまだ暑い毎日です。
豆大福さんも、お体には十分にお気を付けください。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ