【 祈り、拝むということ 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私は昔から、スピリチュアル的 なことは信用していません。

神も存在しませんし、死後の世界もない。
そのように考えています。

なので、神社や寺で祈ったり拝んだりすることは
まったくしてきませんでした。

しかし、

最近、その考え方が変わりつつあります。

確かに、神は存在しないし○○如来とか○○菩薩というものが
何かをしてくれるとは思っていません。

でもです。

『祈るとか拝むという行為は、それ自体が尊いのではないか?』

そう思ってきたのです。

なので、

祈ったり拝んだりすることでご利益を得ようとしてはいけない。
ただ、自分の気持ちを落ち着かせ、平常心を保つためには
その行為は非常に重要である。


そう考えます。


『自分の利益を求めてはいけない。大事なのは、ただ祈る
 ということだ』


その考えのもと、しばらくしたら厄除けに行ってこよう
と思っています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

うめぞーさん、おはようございます。

神様、仏様の存在は実際に見ていないので、半信半疑と言ったところでしょうか。
祈る、拝むについては、自分の最も望むものを再確認できる行為なのでしょう。
今、祈るとしたら完全完治かな。
自分を落ち着かせる行為、そのような意味なのでしょうね。

ただ、娘の受験は、本気で祈りましたけどね(^-^;

RE:おっさんさんへ

おっさんさん、こんにちは。

神は当然ですが、寺にある仏様がなにかをしてくれる
ということはないと思っています。

でも、それを拝む。

その本質は、ご利益を求めてはいけないと思うのですね。

要するには、祖父や祖母、または親の墓や仏壇を拝むのと
同じことのような気がするのです。

禅の世界で「只管打坐」というのがあります。
何故座禅をするのかという問いに対し、そんなことはどうでも
いいから「ただ座れ」というものです。

最終的に何かを求めて拝む、祈るというのは、その行為自体が
大切(尊い)であってその見返りを期待してはいけないと思います。

ちょっとわかりくいと思いますが、要はおっしゃるように、自分の
最も望むものを再認識してそれを願う。結果はどうあれ、その
行為自体がなにかの力を動かす。そのような気がしています。

おっさんさんの手術の成功と完全完治。私もそれを祈っています。
でもそれは、何に対して祈るのか?などということではありませんよね。

それでいいと思うのです。祈る対象物がなくても、祈りは通じる。
そのように考える次第です。

コメントありがとうございました。

No title

こんにちは。
うめぞーさん、私は初婚の時に洗礼を受けたカトリック信者です。
でも、信心深くないです。
教会へ行かないとお祈りできない私です(^_^;)

昨日母と話していて、
私が禅や88か所巡りに興味があると言ったら、
カトリックだから他の宗教はダメではないか…
と言われました

私はそんなこと関係ないのですけどね、
そう思われているのだな~と思いました

ただ祈る…そのシンプルさがいいですね
見返りなど求めず、ただ祈る…
素敵な言葉を発見しました

ありがとうございます

RE:mercy12さんへ

mercy12さん、こんばんは。

そうですか。キリスト教(カトリック)の洗礼を受けられたのですね。
ということは、キリスト教で信じられている「神と契約した」という
ことになります。

キリスト教の考えでは、他の宗教の行いや儀礼に参加することは
認められてないと思います。それだけ神というのは、絶対的な
存在なのです。

キリスト教の形式にのっとるならば、禅や88か所巡りに参加する
ためには、神との契約を解除する必要があるでしょう。


と、ここまでは一般的なことを書いてきましたが、私としては、

キリスト教信者であっても、禅や88ヶ所巡りに参加してなにが
悪いのか!!と言いたいのですね。

さらに私的な考えとしては、信仰する対象物が2つ以上あっても
いいと思っています。

何故なら、信仰することを決めるのは神や仏でなく人間である、
と考えるからです。

宗教とは、「人間による人間のためのもの」です。
なので私は、宗教とはもう少し融通が効いてもいいのではないか?
と思います。


無宗教の私にとっての祈りや拝みというのは、その対象物という
ものは一切なく、「ただひたすら祈る」のみであります。

「漠然としたぼんやりとした感覚で祈りを捧げる」
私はそれでいいと思っています。それでも通じると考えます。

コメントありがとうございました。


困った時の神頼み。

世の中、神も仏もあったものじゃないとか、困った時の神頼みとかありますが、人間切羽詰まると神仏を信じていなくても、「あー神さま助けて下さい」とか言ってしまいますよね。これは気休めなのでしょうね。祈っておけば心が休まるような気がするのかと思います。
この事も精神的安定には良いことなのでしょうね。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんばんは。

世界中、信仰する神の違いによって争いが絶えない世の中
ですが、日本のように「困った時の神頼み」ぐらいが丁度いい
のだと思います。

「あー神さま助けて下さい」
いいではないですか。その時の神さまは、なんのどんな神でも
いいのです。

「ただ祈る」
それだけでも祈りとは、なにかに通じるもののような気がします。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ