【 現在の松山英樹について思うこと 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


松山英樹

米でのPGAツアーの今週のザ・プレーヤーズ選手権にて、
日本の松山英樹が予選落ちしました。

これで、先週のウェルズ・ファーゴ選手権での予選落ち
を含めて2週連続決勝には進めませんでした。

本人のインタビューでもあるように、2月初旬に左親指付近を
怪我したあと結果が出ていないと言っていますが、私はそうは
思いません。

松山が調子を崩し始めたのは、昨年秋の全米プロゴルフ選手権
で優勝を逃してからだと思っています。

なので、今の松山の不調は大スランプと言ってもいいと私は
考えます。

松山は専属のコーチと契約していません。

なので、スイング・メンタル・マネージメント・パッティングなど
すべてのチェック項目を自分で模索して判断しなければ
いけません。

世界のトップ選手で専属コーチをつけずにいる選手というのは、
ほぼ皆無です。

それだけ世界の頂点を獲ることは難しく、自分だけの判断で
世界のトップを維持することは不可能に近いのです。

松山は、調子がいい時とそうでない時の波が激し過ぎます。

その原因は、やはり専属コーチをつけていない。
自分のゴルフを客観的に見てくれる人がいない、ということが
その原因だと私は考えています。

松山はショットの具合をよく口にしますが、私が今季見る限り
問題はパッティングにあると思われます。

ピン(カップ)から2m以内にショットがつくとバーディーが獲れる
のですが、5m以上残ったパッティングがまず入らない。

5~6mのロングパットを決めてバーディーを獲らないと
上位にはいけません。

そこをわかっているからこそ松山はショット力を強化しようと
するのでしょうが、それは間違いであると思います。

調子のいいトッププロを見ていても、ショットはそれほど良くない
場合があります。

しかし、それでも優勝できるのは、メンタル面の強さと
パッティングの巧さであると私は思います。

これは私からの提案ですが、松山は専属コーチと契約するべき
だと考えます。

自分のゴルフを総合的に見てくれるコーチでもいいですし、
メンタル面やパッティングなど細かい部分のみを見てくれる
コーチでも構いません。

もはや、松山は世界のトップ選手であります。

その選手が安定して結果を出し、かつメジャートーナメントを
勝つということになれば、自分だけでそれを実現できるほど
世界は甘くない。

私は彼のファンとしてそう考える次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

もう少し自分の技量を知るべき。

うめぞーさん、おはようございます。

私も同意見です。ゴルフに限らず、アスリートであればメンタル面意外にもフォームや細かい面にも気を配らないと試合に勝って行くという目的を達成出来ないのでは無いでしょうか?

ちょうど結婚した辺りから悪くなってきたので下世話な言い方ですが奥様が下げマンと言われても仕方ありませんね。

RE:ブーちゃん🐷さんへ

ブーちゃん🐷さん、おはようございます。

なんのスポーツでも、世界のトップを維持し続けるのは
非常に難しいことです。
なので、アスリートは自分が迷ったときに相談できるコーチ
を持っておくべきかと思います。

松山選手は、「スイングをコーチの枠にはめられたくない」
との理由でコーチと契約しないらしいですが、コーチは
スイングコーチだけではありません。
ですので、スイングは松山選手自身がチェックしていき、
他方面(メンタル面・パッティングなど)でコーチとともに
やっていく。
もう、そういうことをする時期にきていると私は考えます。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ