【 ストレスに強い心をつくる 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


穏やかであることはいい。
人は、できるなら穏やかに過ごしたいと思う。

しかしです。穏やかだけではいけないのであります。

何故か。

それは、人が穏やかに慣れ過ぎると、

『ストレスに弱くなる』

からです。

穏やかであるとは、自律神経 副交感神経 がうまく働いている状態
です。

でも人は、常にリラックスできて穏やかな状況にあるとは限りません。

活発に行動し、緊張を高めることで、興奮や発奮したりしなければ
いけない時もあります。

この状態を維持するには、自律神経の交感神経がうまく働かねば
なりません。

私が考えるに、ストレスに負けないようにするには、この交感神経を
上手にコントロールすることが大事だと思うのです。


私は今、わりと穏やかに毎日を過ごせているため、副交感神経の
働きは上手にできています。

しかし、緊張感を高めていく交感神経の働きがうまくできていない
と思います。


話は変わります。

今日私は、車検証の住所変更のために陸運局に行きました。

手続きや書く書類も多く、四苦八苦しながら書類を準備しました。

しかし、申請の窓口にいくと、ことごとく間違ったところや記入漏れを
指摘されたのです。

1回訂正点などがあると、また書類を書き直し、申請窓口に再度
並ばないといけません。

2回までは我慢できました。

しかし、3回目に訂正点を指摘されたとき・・・

『あぁ、もう嫌だ!』

と思い、投げ出したい気持ちになったのです。

でもまぁ、なんとか訂正して4回目でパスしたのですが、
手続きが終了した後、イライラした気持ちが収まらないのです。


家に帰り精神を安定させる薬を飲んだのですが、
まだ気持ちはそのままの状態。

ついに私は、寝逃げに走りました。

1時間半くらい眠ったでしょうか。起きたら気持ちは落ち着いて
いました。

つまり私は、ストレスという大きな緊張に対応できなかったのです。

今私の状況としては、人生においてのリハビリ期間にあります。

そのなかで、心穏やかに過ごすことはだいぶできてきた気がします。
なので次は、『ストレスに強い心をつくる』ことが課題です。



交感神経をうまく働かせてストレスに強くなること。
どうすればそうできるかは、これから模索していかねばなりませんが、
成し遂げなければいけないことだと思っています。






≪今回の1曲≫
デヴィッド・ボウイ で、『 Space Oddity 』 です。

デヴィッド・ボウイ

ここをクリックしてください




今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ストレス

こんにちわ。

自分も今はうめぞーさんと同じ状況かもしれません。
普段は穏やかにいられて良い感じですがストレスがかかると
ガタガタになってしまうかもしれません。ここでストレスに対して
対応が出来ると良いんですけどね。

RE:kaion さんへ

kaion さん、こんにちは。

そうなのです。完全復帰のためには、多少ストレスがかかった
時にでも対応できないといけません。

そのへんが難しいところなのですね。

しかし、鬱にまでならないように、自分の性格(気持ちの持ち方)
を変えていくことはできると思っています。

完璧を求めない、根を詰めないなど、ストレスに負けない対策が
必要となってくるのでしょう。

コメントありがとうございました。

ストレスに強い人は中々いないように思います。
でも、少しずつでもメンタル面を強くしていかないとですね。
いっぺんにいろいろな事を解決しようとすると鬱が発症してしまう可能性もあるので注意してくださいね。

ブログを拝見している限りでは充分に穏やかそうですよ。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんにちは。

メンタル面を強くするか、性格の根本を変えるか、そのどちらか
だと思いますが、ストレスを回避できる心身にしたいと思います。

しかし、おっしゃられるように、いっぺんに色々は解決できません
ので、焦らずにじっくりと進めていきます。

ありがとうございます<m(__)m>
おかげさまで、穏やかに暮らしております(笑)

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ