【 ようやく、抗うつ剤をゲット 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


実は私、14日の夜から鬱状態に入っていました。

翌15日はそれ程でもなかったのですが、16日になって
起きてみたら最悪の状態。

抗うつ剤は、残っている アナフラニール を15日の眠前から
服用し始めていました。

でも 16日の朝、あまりにも調子が悪いので、精神科の病院に
行こうということに。

しかし、病院といっても、現在かかっているところの主治医に
診てもらったところで、抗うつ剤を出してもらえるとは思えません。
(今年の4月に止められてから処方されてません。)


なので、妻に頼んで、すぐに診てもらえる別の病院を探して
もらいました。

1件だけありました。しかしそこは、現在かかっている病院と
同系列(経営者がいっしょ)だったのです。


しかし、「同系列でも病院が違えば大丈夫だろう」と考え、
そこの病院に診察してもらいに行きました。

待合所で1時間半くらい待ったでしょうか。
長いこと待った後、誰かわからないドクターから診察を受けました。

しかし、最初はよかったのですがやはり同系列の病院です。
現在かかっている病院と主治医の話になると、

『○○先生が抗うつ剤を処方しないのなら、私が処方することは
 できません』


と、完全拒否状態に・・・

もうそこまでいったらどうしようもありません。「わかりました」と言って、
すごすごと病院をあとにしました。


それから妻と相談しました。「どうしたらいいだろう」と。

結局出した結論は、

『もう1回ダメ元で、主治医に相談してみよう』

ということになりました。

そして今日の昼過ぎ、現在かかっている病院へと向かいました。

私たちの戦略は、

『とにかく低姿勢でいく。そして、どうにか助けてほしいと訴える』

というもの。

なので、主治医の診察時には頭を下げまくり、言葉もいつもより
丁寧でかつ低姿勢な態度をとりました。

主治医は、最初は渋い顔をしていましたが、私と妻の懇願が
効いたのでしょう。


『わかりました。以前と同じアナフラニールを出しましょう』

と折れてくれました。

その後の診察はいつもの通りで、主治医の話(自慢)を聞くばかり。

でも こちらは、「薬さえ出してもらえばいいんだ」との考えのもと、
「はい。わかりました。そうですね。」と神妙に主治医の話を
延々と聞きました。

そして、やっと診察室を出たときに妻ととった行動は、

『やったね。粘り勝ちだよな!』

と言い、握手を交わしました。


こうやって苦労しながらも、なんとか抗うつ剤を手に入れました。
ほんと、よかったです。

まだ鬱は完全に治ってはいないものの、あと2日もすれば
おそらく良くなることでしょう。

しかし思いました。

『なんで、抗うつ剤を処方してもらうだけでこんなに苦労せな
 いかんかったのだろう』


と。

原因はよくわかりません。ただ言えることは、
「私と主治医は相性が合わない」


ということです。

しかし、今回のことで肝に銘じてこうも思った次第です。

『絶対に、医者を敵に回してはいけないな』

と。


話が長くなってしまいました。
ここまで閲覧いただき、ありがとうございました。





≪今回の1曲≫
ビル・エヴァンス で、『 My Foolish Heart 』 です。

ビル・エヴァンス

ここをクリックしてください




今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良かったですね

こんばんは。

苦労の末、手に入れた抗うつ剤。
薬だけで完治する病気ではありませんが、兎にも角にも、症状を抑えないコトには前に進めませんからね。
まずは薬のチカラを借りて、それから克服への道を歩いていけるといいですね。(^^*

RE:あ~ちゃん仮面さんへ

あ~ちゃん仮面さん、こんばんは。

なんとか、なんとか苦労の末に抗うつ剤を処方してもらいました。

確かにうつ病は、薬だけで完治する病気ではないですが、
やはり抗うつ剤の効果は抜群です。

お書きになられているように、とりあえず抗うつ剤で鬱状態から
脱し、そして克服への道を歩んでいこうと思います。

コメントありがとうございました。

No title

おはようございます。
 大変な思いをされました。
待つ、辛抱することが耐えがたいですよね。
そもそも鬱というのは、イライラや焦燥感で居場所がなく、じっとすらしていられないですから。
 小生も、8月盆明けから不調です。
通常の薬+デパス です。
お互い症状が少しでも改善されることを願います。
 医師と患者は、圧倒的に立場が違い、苦しむのは患者です。
いい医師と巡り合いますよう。
 前回コメントは解りきったことを書いてごめんなさい。
頭で解ることに、ついていけないのが鬱ですから。

RE:yamadagaga さんへ

yamadagaga さん、おはようございます。

本当に大変でした。群馬でダメなら他県まで足を運ぼうか!と
思ったくらいです。

抗うつ剤は、鬱になってから服用するものではありません。
常日頃、状態のいい時でも服用してこそ、その効果が発揮される
のであります。

そうですか。8月盆明けから調子が悪いのですか。長いですね。
鬱は、気力が出ないので辛いです。あと、何とも言えない体の
だるさや重さがとてもしんどいのですよね。

相性の合う医師は大切です。鬱は心の病気ですから、薬だけ
正しく処方されているだけではダメで、きちんとしたカウンセリング
が必要です。そういう意味で、いい医師と巡り合いたいものだと
思います。

前回のコメント・・・全然問題ありません。私の知らない言葉だった
ので、とても勉強になりました(^-^;

体調管理、お気を付けください。

コメントありがとうございました。

相性

おはようございます。

医師との相性ってありますよね。
自分はうつ病の初診だった病院の先生と相性が悪く、約1月余りで
今の主治医の病院に転院しました。いまの主治医とはバッチリです。
患者の声をちゃんと拾ってくれる先生が良いですよね。

薬がゲット出来て良かったですね。

RE:kaion さんへ

kaion さん、おはようございます。

相性の良し悪しってありますよね。私はとても悪いです(>_<)
しかし現在、他で診てもらえる病院もないので、仕方がなく
通院している次第です。

kaion さんは、相性いいのですね。とても羨ましいです。

そうなんです。きちんと患者の話を聞いてくれればいいのですが、
いつも診察では自分の話ばかりです。「もう、うんざり」ってかんじ
であります。

でももう、「薬さえもらえればいいや!」とさえ思ってきています。
医師との関係に、完璧を求めてはいけないのかもしれませんね。

コメントありがとうございました。

薬ゲットおめでとうございます。
良かったですね。
医師と相性が悪くても、とにかく薬をもらってしまえばこちらのものです。
昨日はうめぞーさんにとってラッキーな日だったのですね。
これからも診察日のその時間だけ我慢してください。頑張って。

RE:ブーちゃんさんへ

ブーちゃんさん、こんにちは。

ありがとうございます<m(__)m>
ようやく、ようやく抗うつ剤をゲットしました!良かったです。

今の私の現状では、現在の病院・主治医を変えるのは困難です。
なので、多少主治医との相性が悪くても我慢しなければいけません。

診察は2週間に1回。それも、診察時間は10分もありません。
なので、「こういう医者もいるよね」と軽く流し、薬だけもらって
こようと考えております。

頑張りますね!

コメントありがとうございました。

大変でしたね

こんばんは。
抗うつ薬を処方してもらうのに随分苦労されましたね。この病気は医者との相性も大事ですから、致し方ないかもしれません。いずれにしても、セカンドオピニオンは重要だと思います。

RE:パルタ7 さんへ

パルタ7 さん、こんばんは。

大変でした。苦労しました。

しかし、医者というのは1回へそを曲げてしまうと、
まったく融通がきかなくなってしまうものなのですね。
今回のことで痛感しました。

セカンドオピニオン、どうもシステムがよくわからないのですが、
よく調べて検討したいと思います。

コメントありがとうございました。

No title

今晩はです。
鬱の辛さは、なった者でなければ分からない辛さ、
傍に寄り添ってくださる奥様がおられたことは、
幸いでした。

ところで心の病のホームドクター、こればかりは信頼出来る医師でなければ困ります。

テツさんのお近くに、精神科が少なければ、心療内科で探されたらどうでしようか?

多少手間が掛かっても、医師だけは人間的に信頼出来る人が大切だと思います。

早いご回復がありますように・・・
(^-^)/

RE:豆大福さんへ

豆大福さん、こんばんは。

おっしゃられるように、鬱の辛さは言葉にあらわせないですよね。
しかし、そういう時でも傍にいてくれた妻には、本当に感謝する
次第です。

少し前に病院をかえようと思い、めぼしいところの精神科と
心療内科に問い合わせました。しかし、初診で早く診てくれる
ところは本当にないのです。一番遅かったのは、「来年になります」
でした(>_<)

しかし医者とは、信頼関係で結び合いたいものです。
なので、今回はとりあえず薬を処方してもらいましたが、転院する
ことも同時並行で考えていく必要があるな、と考えております。

病院が他県になってもしょうがないとも思っています。

ありがとうございます<m(__)m>
早く回復するように色々調べてみます。

豆大福さんも、お体お大事になさってください。

コメントありがとうございました。

お疲れ様です。

アホな医者ですw患者を何だと思ってるんですかね。神の手の福嶋先生や上山先生、天野先生達を見習って欲しいですよ。患者を助けるのが医者じゃないんですか?苦しんでいる人を助けるのが医者ですよね?自分も数年前に頭が毎日痛くMRI検査をしても何でも無く藁にもすがる思いで2件目の市立病院に行きましたがそこでは「1件目で検査しましたが頭痛が止まらないんです」と伝えると若い兄ちゃん医師に「何しに来た?」と言われた事がありますw数十年前に「患者は客だ!」と言う本を出された方もいました。その通りだと思います。医者と言う仕事に誇りを持って困っている人を助けて欲しいですね。

RE:クワさんへ

クワさん、こんばんは。

正直なところ、「なんでこれほど医者に気を使わなければ
いけないのか!」と思いますね。今回下手にでて、なんとか
薬を処方してもらいましたが、この何ヶ月ず~っと「薬を戻して
欲しい」と言い続けてきたのですから・・・

その市立病院の医者もおかしいですね。1件目の病院で治らな
かったから来たのであって、病院側としてはきちんと対応すべき
だと思います。

ひどい医者や言葉使いがなってない医者に出会うと、「患者は
客だぞ」と思ってしまいますね。どうも勘違いをされている医者
というのが、たまにおられるような気がします。

お書きになられているように、医者としての仕事に誇りを持ち、
困っている(苦しんでいる)患者にきちんと対応してほしいものだ、
と私も思います。

コメントありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ