【 理性 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人間にはいろいな感情がありますが、その中で一番大切だと
思うものはこれでしょう。

それは、

『理性』

であります。

人間、自分の思い通りに事を進めたいという欲望はあります。

しかし、

それだけを追求していたら、人は世の中では生きていけなく
なるのです。

例えば、自分の思うまま、好きなように生きていたならば、
必ず法律に触れることとなります。

そうすると刑事罰が下され、身柄は拘束されてしまいます。

また、家族の中で好き勝手なことをやっていたらなら、
当然家族は逃げてしまい自分は孤独になってしまいます。

自分が所属している組織内でも同じことです。

たとえその組織に誤りがあるとしても、自分の義務を果たさないと
孤立し挙句の果てには処罰されてしまいます。
(組織を追い出されることだってあります)

そういう時、

『何故、人や世の中は自分のことをわかってくれないのだろう』

と思っても無駄なことです。

世の中には、自分が正しいと思っても言ってはいけないこと。
そして、やってはいけないことというものがあるのです。

若い頃はまだ世間というものがわからないので、
理性を欠いた言動をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、

人間、40代を超えたらならば、自分の言動は理性に基づいた
ものでなくてはならないのであります。


今問題になっている相撲界の貴乃花親方のこと。

おそらく彼は、相撲協会というものを変えたい(改革したい)と
思っているのでっしょう。

しかし、もしそうならば、もっとうまく組織の中で渡っていくべき
であります。

今の、子供が駄々っ子しているような態度をとるのでなく、
理事長になるまでは黙って自分の義務を粛々と行っていく
べきだと思います。


『理性』

この感情は、人間が生きていくにはとても大切なことです。

いくら自分の信念があっても理性に反していては、
物事をうまく進めることはできません。

自分も理性をきちんと持って、うまく人生を渡っていきたい。

そう思う次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 人は、評価されないと生き甲斐を感じられない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私、年末年始の休みは12月28日~1月4日までであります。
ということは、今日は4日ですから明日から仕事となります。

そういう今、私が思っていること。

それは、

『人間というのは、弱い生き物だな』

ということです。

私は休みに入って少し経った頃から、精神状態が悪くなりました。

それは、鬱になったり病気になったりしたのではありません。

なんと言うのでしょう。こう、なんとも言えない虚脱感が
私を襲ってきたのです。

これはいったいなんだろう?そうずっと思い続けてきました。
しかし、今日ようやくその答えが見つかったのです。

その答えとは、

『この8連休の間、私は誰にも求められていないし
 評価もされていない』

ということだと思うのです。

仕事をしている時は、現在ありがたいことに自分は求められている
と感じるし、ある一定の評価が得られていると思っています。

しかし、この8連休中はまったくそれがないのですね。

なので、やはり人間とは、

『自分が求められて、かつある一定の評価というものが必要』

なんだと思います。

以前の記事にも書きましたが、人間は自己評価だけでは
生きていけません。

やはり、評価というものは必要ですし、それは自己ではなく
他人からのものでなくてはなりません。

過酷な仕事であっても、自分が評価されていれば働いていける。

しかし、どれだけ一生懸命働いても評価されない場合は、
人は必ず行き詰る。そういう気がします。


ようやく私、明日から社会復帰ができます。
それは、とてつもなく嬉しいことです。

頑張って仕事をしようと思っています。

何故か?

それが、自分の存在価値を示せることだからであります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 人には、二通りの生きる道がある 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人にはそれぞれ、生きる道というものがあります。

その道は、100人いたら100通りあるという感じで、
幾通りもの道が存在します。

ただ、自分の道を感じながらその道を進んでいる
という人はなかなかいないと思います。

ただ漠然と、自然の成り行きのまま無為に生きていく。
そういう生き方をしている方も多くいらっしゃいます。

しかし、

自分の生きるべき道は、自分できちんと決めて
いった方がいい。私はそう思っています。

何故なら、自分の道を進んでいるならば、「生きる意味」
というものも感じ取れるからであります。


『死ぬ時に後悔したくない』

人はそう思うことがあります。

それならば、やはり自分の生きるべき道というものを
きちんと決めて生きていき、「死から逆算した人生」
を歩まなければいけません。

人は、自分の寿命を予想することができません。

たとえ「自分は100歳まで生きるんだ」と生き込んでも、
現実にはその通りにはいかないのであります。

なので、

人間が生きる道とは、二通りを考えなければいけません。

一つ目は、
自分が予想(このぐらいだろう)した寿命まで生きると仮定した道。

もう一つは、
いつ死がやってきてもいいように、きちんとした死生観に基づいた
生き方(道)。

前者は、うまい具合に生きれた時の道です。
この道も、当然ながら考えておく必要があります。

しかし、

人は、いつ死が来るかわかりません。

なので、常に死を意識した生き方をしていかないと
いけないのです。

つまり、

そのように考えていくと、生きるということは結構
難しいことなのであります。


私は、なにも考えずに生きていくということができません。

なので、常に生きる道を考えてそれを行動に移す。
そういう生き方をしていっています。

しかし、その中で最も忘れていけないのは死の存在です。

人間は、永遠に生きることはできません。
そして、死がいつやってくるかもわからないのです。

ならば、前記したように、二通りの道を考えながら生きていく。
その覚悟が必要なのでしょう。


少々理解できないところがあるかもしれませんが、
生きる(人生)というのはそういうものなのです。

いつまで生きれるのか。そして、いつ死ぬのか。

それが全く分からない以上、人は死を意識した道も
考えておかねばなりません。

そして、「死の宣告」を受けた時、心動じない自分でいたい。

そう常に考えて生きている次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 日本人は、アメリカのマインドコントロールから脱却すべきである 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私は、今の日本人に対してこう思うのです。

それは、

『先の大戦後、日本人としての誇りと愛国心をなくしてしまったよな』

と。

「なくしてしまった」と書きましたが、事実は「なくされてしまった」
と言えるでしょう。

太平洋戦争で敗戦した日本は、GHQ(ほぼアメリカ)に
占領されました。

この時、

おそらくアメリカは、日本という国を怖れていたと思うのですね。

何故なら、日本のような小国が大国アメリカに対して4年余りも
戦ったのですから。

多分、アメリカが原爆を投下しなければ、太平洋戦争はかなり
続いていたと思われます。

そういう日本であったからこそ、アメリカは日本という国の
誇りや何千年と培ってきた精神力というものをなくす必要が
あったのです。

そして、あの悪しき東京裁判。

裁判というのは、判事が偏った考えの人たちだけで構成
されてはいけません。

しかし、東京裁判の判事は、すべて日本の敵国だったのです。

こういう裁判が許されるのでしょうか?
私はNOと言わざるを得ません。

さらにアメリカは、日本の教育制度を変え道徳というものを
なくす手段に出ました。

そして最後は、憲法であります。

今の日本国憲法は日本人の考えのもとで作られたものでなく、
完全にGHQ(アメリカ)の思惑通りに作らされたものなのです。

私は、立憲主義はとても大切だと考えています。

政治とは憲法のもと、憲法を守って行われなければいけない。
そう思っています。

しかし、今の憲法(GHQに作らされた)では良くないと思うのですね。

なので以前も申しましたが、日本国憲法は改正でなく
もう一度日本人が作り直すべきと考えています。


私は、歴史的に見ても日本という国は素晴らしい国であると
思っています。

「日本という国一つで文明というのが作られた」、とも考えています。

そういう日本が、アメリカのマインドコントロールのもとに
愛国心と自分達の国の誇りをなくされてしまった。

私は、今こそ日本人はその事実に気付くべきだと思います。

そして、マインドコントロールされた状態から脱して、
きちんとした独立国家となるべき。

そのように強く思う次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 成長はゆっくりとしていく 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


初冬


人とは、成長を求めるものであります。

ただ、アスリートの方がよくこういうことを言います。

『日々、成長していきたい』

と。

アスリートの方は、確かにそのことを望むのかもしれません。

昨日の練習より今日の練習の方が成長している。
そういう毎日でありたい、と。

しかし、

アスリートでもそうですが、特に私のような一般人は
成長に関してはこう考える方がいいと思います。

それは、

『成長はゆっくりとしていく』

ということです。

人間、毎日を過ごしているといい時ばかりでなく
失敗することだってあり得ることです。

そういう時、「あぁ、なんで自分は成長できないのだろう」
などと嘆くのでなく、大切なのはその失敗からいろんなことを
学び取り二度と失敗しないようにしていく。

まずは、そのように対処していくことが大事だと考えます。

しかし、

失敗から学び取ることは、すぐにできることではありません。

なにが悪かったのか。また、今後どのようにしていけば
同じ失敗を繰り返さないのか。

そのようなことを試行錯誤しながら、少しずつ学び取って
いくのです。

そして、失敗の要因がわかり、どう対処すべきかわかったなら
そのことを実践していく。

そうやって、人は以前の自分から成長していくのであります。

この期間はその失敗の度合いによって違うことですが、
どちらにせよ少々時間がかかることです。

でも、そういう時に一番大切なこと。

それは、

『決して焦らないこと』

であると私は思っています。


このように、成長していくにも段階というのがあるのです。

なので、決して急激な成長を望まず、ゆっくりと焦らずに
事に臨むことが大切なのであります。

また、

『時をじっくりと待つ』

そのような忍耐力も必要なことです。


『成長はゆっくりとしていく』

このことを肝に命じて日々を過ごしていきたいものであります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ