【 甘えとうつ病の関係性について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人は、甘えたい時に甘えられないと傷つきます。
甘えの言葉が拒否されたり、甘えの態度が拒絶されると
同様に傷つきます。

私が思うに、甘えの欲求を持っている人は傷つきやすいと
考えています。

その甘えとは大人になると情緒的に未成熟である場合が多い
ですが、この理由には子供の頃の育てられ方が大きく関係
している場合があります。

子供というのは親に甘えたいものです。

でも、その甘えたい時期に親(特に母親)に拒絶される。
また、反対に親のいいように利用されてきた子供というのは、
自分の本性を出せなくなってしまいます。

そうすると、親の顔色をうかがい、機嫌ばかりを取る行動に
子供は走るようになります。

そういう子供が大人になると、周囲の人の機嫌ばかりを
気にして自分の本性が出せなくなるのです。

本性が出せずにいる人は、自分をつくろい段々無理が生じる
ようになっていきます。

その無理が段々溜まってくると、とてつもないストレスを抱える
ことになり、段々心が疲れていくという状態に陥いるのです。

でも、そのことがわからない人は、もっともっと頑張って
なんとか自分というのを満足させようとします。

しかし残念かな、そうすると心は非常に悪い方向へと進んで
いくのです。

最終的に間違った頑張りを続けた人は、心の病気(うつ病)
になってしまいます。

うつ病の発症の原因はたくさんありますが、自分の甘えが
満足されない。そういうことが原因でなる場合もあるのです。

子供の頃に形成された思考パターンとは、そう簡単に変える
ことができません。

なのでうつ病になった方は、周囲の人や家族に甘えたいという
欲求が強くなり、常に「苦しい。辛い」と訴え始めてしまいます。

本当はうつ病になったら自分というものを見つめ直し、
そのようになってしまった思考パターンを変えていかねばなりません。

だから、うつ病になってしまった時は、今までの自分の生き方を
よく反省する時なのです。


話は少々変わりますが、うつ病になる方というのは真面目な人が
多いです。

なのでそういう方は、少々仕事ややるべきことをさぼって休息する
ことが必要です。

子供のころから真面目だった方は、仕事を休んで少し遊んだ方が
長い人生を考えると効果的な時間の使い方となります。

出世や自己実現が少々遅れても、最後にその方が良い結果に
なるのです。


私がうつ病になった原因は今回書いたことによるものでは
ないですが、根が真面目であるという点は同じです。

なので、

少々のんびりとした生き方をしていった方がいいと考えています。
そして、決して間違った頑張りをしない。

自分の欲求というのが、頑張ることによってさらに満たされる。
そういう自分というのを形成し直さなければいけない、と思っています。

人生という山を登る方法は一つだけではありません。
人が百人いれば百通りあるのです。

人と比較せず、自分が良いと思った生き方をしていこうと思います。
そうやっていくことが、最終的に幸せに通じると思う次第です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 運がツクようにするには 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近、こういうことを考えています。

それは、

『善い行いをし常識的な行動をしていると、運がツイてくる』

というものです。

善い行いをすることは、当然ながらとても大切です。

しかし、なかなか善い行いってできないのですね。
どうしても自分の利益を優先してしまい、自分中心の行動を
とってしまいがちです。

それが現実であると思います。

こう言っている私も善い行いができない場合が多いですが、
善い行いをした時というのはとても気持ちがよくなるものです。

そして、

「常識的な行動をする」
これも意外に難しいことです。

どうしても人は、自分が出来ることを優先してしまうところが
あり、なかなか常識的な行動をとることができません。

しかし、

非常識的な行動をとっていると、なにかわからないですが、
とても精神的なものが悪い方向へと進み始めます。

だから、人は他人が見ている時もそうでない時も、
常識的な行動をとる必要があると思っています。


と、ここまで話を進めてきましたが、一番大事なのは
それらのことをすることで運がツクか?ということでしょう。

私が思うに、運とは自分の努力でツキが回ってくるものだと
考えます。


「幸運を自分に引き寄せる」
それができれば、人の人生というのはとても幸せになります。


それを可能にするのが前述した行為をすることなのです。

別に、スピリチュアルなことを言うつもりはありません。
でも、善行や常識的な行為をするというのは、
世の中の何かがそれを見ていて幸運を差し与える
という気がするのです。


善い行いをしていきましょう。
そして、正しい行動をするようにしてみましょう。


そうすれば、

きっと運というのはツイてくるようになる。

そんな気がします。

私は当然ながら聖人君子ではありませんが、できる限り
そのように行動してみよう。

そう考えている次第です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 あるものを使ってやっていく 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


京都にある 龍安寺つくばい にある、

『吾唯足知(われただ足るを知る)』

の4文字はとても有名です。

龍安寺つくばい

これは、釈迦が説いた教えを図案化したものだと
言われています。

では、この「吾唯足知」をどう読み解くかですが、
普通に言うと、

『今あるもので我慢をする』

ととらえがちですが、事実はそうではないと思います。

本当は、

『今あるものを感謝して使う』

となるのだと思います。

これは、

一つの言葉でもどうとらえるかで、その意味が変わってくる
といういい例だと思います。

では、「足る」という言葉に注目すると、

「今これしかない」と考えるか、「今これだけある」と考えるかで、
かなり人の心は違ってくるでしょう。


「足るを知った生活」をしていくのは、とても大事なことです。

「もっといい生活がしたい」とか、「もっと裕福がしたい」という
欲望(煩悩)を抑制するという行動であるからです。


だいぶ前に、プロ野球の野村克也氏がヤクルトの監督に
就任した時にこう言いました。

野村克也


『他の余裕ある球団は、外国人助っ人などを高額で雇い
 チームを補強しているが、うちはそんなことはできない。
 なので、今うちにいる選手たちをうまく使って勝利していく
 しかないんだ』


と。

そして野村氏は、生え抜きの選手たちを鍛え上げて
リーグ優勝を成し遂げます。

この話は、「足るを知る」ということを自ら実践して功績をあげた
いい例だと思います。


前述しましたが、

「今これしかない」と思って嘆くか、それとも「今これだけある」
と思ってあるもので活用していくのかでは、大きな違いがあります。


『あるものを使ってやっていく』

これはとても大切なことでありますし、私もこれからの人生
そうしていきたいと思う次第です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 人は何を大事にして生きていくべきか 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、午前中はまだだるさが残っていました。

でも、昼からは段々良くなっていき、今ではもう体の変調は
ありません。

あまりにも早いですが、変更した薬が効いたのでしょうか。
それとも、治る時期だったのか。

どちらかはわかりませんが、何にせよ良くなってよかったです。
明日もこのような調子で過ごしたいと考えています。

皆様には大変ご心配かけました。


さて、今回のお題です。

それは、

『人は何を大事にして生きていくべきか』

ということです。

これも、人それぞれに色々あると思います。

その中で私が考えるには、

『自分を愛し、他人を思いやる心を持って生きる』

ということではないか?と思います。

人はまず、自分がきちんと生きていかなければいけません。
なので、まずは自分が大切です。

そして、自分を大切にするには、

『自分を愛し、自己を肯定してあげる』

ということが大事でしょう。

自己を否定しては楽しい生き方はできません。

作家の五木寛之氏が言ってましたが、

『人は、少々ナルシストでもいいから自分を愛するべきでしょう』

とおっしゃっていました。

その言葉に私は賛成です。

他人の評価はあまり期待できません。
悪いことを言われることが多いです。

ならば、自分が自分を愛してあげなくてどうするのでしょう。

自分の価値を信じることが大事だと言われます。
それには、自分を愛することが必要だと私は考えます。


そして、自分が愛せるようになったら、今度は人を愛する番です。

愛するまでいかなくても、他人に対して思いやりを持つ。
それは、利他の精神とともにとても大事なことだと
思っています。

『自分を愛せる人は他人を愛せる』

そして、

『他人を愛せる人は自分を愛せる』

そうではないでしょうか。


私は聖人君子ではありません。

なので、自分を否定することもありますし、嫌いになる人もいます。

でもです。

大きい枠の中で考えると、

『自分を愛し、他人を思いやる』

という心を持ちたいと考えています。

要は、自分も大切であるが他人も大切である、ということなのですね。

私はまだまだ未熟者です。

でも、それでも自分を愛し他人に対して思いやりを持って生きていこう。

そう思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

【 たまの贅沢もまたよろし 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私たち夫婦は、どちらも糖尿病です。
なので、毎日が粗食でなければいけません。

しかし、健康であることだけが幸せではないです。
たとえ、血糖値が上がったとしても美味しいものを食べたい
という欲望はあるのです。

なので私達夫婦は、月に1回「贅沢食事の日」
というものを設けています。

つまり、普段食べてはいけないような食べ物を
目一杯食しようというものであります。

今月の「贅沢食事の日」は昨日でした。

回転していない寿司屋に行ったのですね(*^^)v

最近、回転すし屋のクオリティがあまりにも下がっている
と言わざるを得ません。

握りずしも子供のことを考えて全部さび抜き。
ネタはシャリの上に乗っているだけ。

だから、我々夫婦はあまり回転寿司に行きません。

確かに回転していない寿司屋は高いです。
しかし、味は抜群に違う。


『それは欲望の塊でしょ』

と言われようが自分たちがいいと思えばいいのです。

確かに、「何もなく過ぎていく1日は幸せである」
ということはわかっています。

なので、毎日はそう過ごしています。

しか~~~し、

人間、それだけでは幸福を感じないのも事実です。

だから、「月1回や年1回の贅沢はいいでしょ!」
と思うのですね。


節約や倹約は大切です。

でも、でもです。

『それだけじゃ物足りない!』

のであります。

生活にもメリハリというのが必要だと思います。
なので、たまの贅沢は良し!と思っています。

昨夜の寿司は極上に美味かったです。
これで、1ヶ月粗食で我慢できます。

『来月は何を食べようか?』

帰りの車で妻と話す。そういうのもいいと思う次第です。


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ