【 孤独に強くなる 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


【ミルク:生後10ヶ月】
ミルク


これから年齢を重ねていくにつれ、自分自身が覚悟
しなければならないことがあります。

それは、今の日本の少子高齢化や核家族化の方向性を
考えると仕方がないものと考えています。

それは、

『孤独に強くなる』

ということです。

現在私は、妻と二人で過ごしています。
なので、孤独になることはありません。

しかし、子供がいない私としては妻に先絶たれることも
考えられることです。

そうなったら、私は独りで生きていくことになります。

つまり、

私が言いたいのは、そういうことも頭の中に入れて
おかなければいけないということなのです。

今現在生活している中で、精神的に妻に依存している分は
かなりあると思っています。

仕方ないですよね。二人で生きているのですから。

でも、今後のことを考えると、その依存の割合を
少なくする必要があると考えています。


現在の日本では、高齢者の「孤独死」が問題になっています。

しかし、それは、今の世の中では避けられないこととも
私は思っています。

『独りになって家で死んでいく』

嫌なことですが、それも覚悟しなければなりません。

当然そうなれば、孤独に強くならなければいけない必要が
あります。

また、自分で自分のことをすべてやっていくことも
考えておかなければならないでしょう。
(生活する金銭面も含め)


家族得満で良い生活ができている今だからこそ、
孤独になった時のことも考えておく。

そういうリスク管理もしておかねばならない。

そう思う次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 自分の立ち位置について 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私が常日頃、大切にしているものがあります。

それは、

『自分の立ち位置』

であります。

人にはそれぞれ立ち位置というものがあり、
それにおける義務を果たすことやその位置をキープすること。

それが大切だと思っています。

・家族の中での立ち位置。
・夫としての立ち位置。
・仕事における立ち位置。

そういうものをきちんと把握し、それを超えることもないし
放棄することもない。

そういうつもりで現在いる次第です。


いろんな方を見ていると、

『あなた、もっとやらなきゃいけないでしょ』

と思うこともあります。

それは、その人が自分の立ち位置を理解していないのです。

また、

『あなたのポジションで、そんなこと言っちゃいけないでしょ』

と思う時があります。

それは、完全に自分の立ち位置を理解せず越権行為を
している。

そう感じます。


立ち位置をきちんと理解してその義務を果たす。

とても大切なことです。

この、基本的な部分をきちんと守っていく。
それこそが、長い間安定した生活を送る基盤となる。

私はそう思っています。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 心配していることの9割以上が起こらない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人間は、ときに不安になったりとても心配になる時があります。

・このことは失敗するのではないか?
・とても悪いことになるのではないか?

そう思うことが多いです。

しかし、おかしなことにこんなことが言えるのです。

それは、

『心配していることの9割以上が起こらない』

ということです。

だいたい失敗したり悪いことが起きるのは、自分の想定外のことが
ほとんどです。

そして、頭を悩ませて心配していることは、ほぼ起こりません。

不思議なものですよね。

でも、このことに気付いていないといつも心配事で一杯に
なってしまいます。

つまり、

『心配だけど、そういうことはほぼ起こらないだろうな』

そういうことがわかっていたなら、心配で頭と心を悩ませる
必要はないのです。


失敗や悪いことは、想定外のことから起こる。

でありますから、前回の記事のように常に物事は慎重に
進めていった方がいいです。

そして、心配事が出てきたなら、

『どうせ、そうなりゃしないよ!!』

と思ってあまり考えないようにしましょう。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 慎重であること 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私が今、最も大切にしていること。

それは、

『何事にも慎重であること』

であります。

世の中では、楽観的であまりクヨクヨせずに前へと進んでいく。
そういう生き方をよし!としていますが、私はそうは思いません。

人生をうまく渡っていくためには、一つ一つのことを
よく考え、立ち止まりながら慎重に物事を進めていく。

その姿勢が大事だと思っています。

人間が生きていくというのは、選択の連続であります。

その一つ一つの選択に対し、常に「どちらが正しいのか?」
と問いただしながら前へと進んでいく。

この時、楽観的な方は2~3ある選択のどれかを選ぶのでしょうが、
私的にはどれも間違っている道であればどの道も選ぶことはない。

そういう選択肢も持つようにしています。

こういうことを書くと、どうしても臆病なのではないか?
と思われると思います。

しかし、人間は少々臆病な方がいいと私は思っています。


人は、成長していかねばなりません。
そして、成長するにはチャレンジすることも必要になってきます。

しかし、そのチャレンジは無謀なものであってはいけません。

すべてのことに配慮しながら、「これならいける!」という
確信がなければいけないのです。

つまり、

以前の記事でも書きましたが、チャレンジも「絶対に勝つ勝負」
でなければならないのであります。

なので、

少しでもチャレンジにリスクがともなう場合は、そのリスクを
取り除いてから行動する。

そこまでの慎重さが必要であると私は思っています。


自己啓発本なのでよく書かれているこのようなこと。

・何事もポジティブに考えていく。
・失敗を恐れずにチャレンジしていく。
・常に前向きに進んでいく。

確かにそれができれば申し分ないのですが、
人間というのはそう簡単に性格を変えられるものではありません。

なので、

私は慎重であり、かつネガティブな考えを持っていても構わない。
しかし、きちんとリスク管理しながら少しずつ前へと進んでいく。

そうすれば、少々臆病であっても失敗することは少なくなる。

そう考える次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 メンタルを強くする PartⅡ 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


以前に、「メンタルをを強くする」という記事を書きました。

その後、ネットにて「メンタルを強くする方法」を色々検索しましたが、
どれもピンときませんでした。

なので、やはり自分の考えで進めていこうと思います。


私が今考えていることは3つになります。

まず一つ目は、

『自分のペースやリズムを崩さない』

ということです。

生活のリズムや自分のペースが乱れると、どうしても精神が
不安定な状態になります。

なので、まずは生活のリズムを毎日一定なものにする。

そのことが大切かと思います。

二つ目は、

『自己肯定感を強くする』

となります。

人は、自分を肯定できないと自信が持てません。

言ってみれば、「自分は正しいのだ」と思うことが
必要なのですね。

しかし、自己肯定感を強く持つというのは意外に難しいものです。

ならば、どうすればよいのか?

それは、「自分が正しいという道を進んでいく」ということに
なるでしょう。

自分が進んでいる道が間違っていると思うと、
どうしても自信が持てなくなります。

ですので、自己を肯定させるためにも、自分が正しいと思う道を
進めていく。

そのことが大切だと思います。

三つ目は、

『辛抱する力を養う』

ことだと考えています。

人間、良い時ばかりではありません。

当然、いろいろショックを受ける時もありますし、
不安になることだってあります。

そういう時、「落ち込むな!」と言っても無理なことでしょう。

やはり落ち込むことは落ち込むと思います。

しかし、

悪い時期というのは永遠には続きません。
必ず先が開ける時というのが来るのです。

まず、「今の状態は必ず良くなる」と信じることが大切でしょう。

そして、

そのことを前提に、「良い風が吹いてくるのをじ~っと待つ」。

その辛抱力が大切になってくると思っています。


現在、「メンタルを強くする」には、この3つのことを考えています。

どれも努力することが必要ですが、実践するにはそれほど難しい
ものではないと思います。

頑張っていきたいものです。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 韓国は、きちんと日韓合意を履行すべき(問題提起)】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近私、かなり憤りを感じていることがあります。

それは、

『慰安婦問題に関する日韓合意に対しての韓国の対応』

についてです。

日本と韓国は2015年に慰安婦問題を、「最終的で不可逆的な解決」
なものと確認して合意を結びました。

(不可逆的とは、もうこれ以上元に戻らない。
最終的なものとするということです)

この日韓の合意は条約ではないですが、国家間の外交という面では
それに近いものであります。

しかし、

現在の文在寅大統領は、「朴槿恵政権のもとにおける、誤った合意であった」
と主張し、事実上日韓合意を破棄しようとしているのです。

韓国が間違っているところは二つあります。

一つ目は、

まず、国家間で結んだ条約や合意というものは、粛々と確実にその内容を
履行しなければいけません。

それを韓国は放棄しているのです。

二つ目は、

国家の政策というのは、前政権が決めたことでもきちんと引き継いで
いかなければいけません。

なので、現在の文政権が朴槿恵政権で決めたことは間違えだった
ということは国際的に通用しないのです。
(特に、国家間の外交問題については)

しかし、そのことを韓国が承知しているかどうかはともかく、
日韓合意は間違ったものと主張し、日本側にさらなる謝罪と
新たな対処を要求しています。

今まで先の大戦下で朝鮮側に日本がしてきたことを、
日本の各政権は何度も謝罪してきました。

さらに、天皇陛下であっても同じであるのです。

それを、「もう一度きちんとした謝罪を求める」とは、
いったいどういうことなのでしょうか?

まったく、意味がわかりません。


今回の韓国側の日韓合意の事実上の破棄。
これは、国家間において許されるののではありません。

日本側としては、韓国がなにを言ってこようと再検討など
する必要はないです。


私は日本人として韓国にこう言いたい。

『慰安婦問題を外交のカードとして使うな』

と。

そして、

『韓国には、慰安婦問題を主張する前にベトナムに対して
きちんとした謝罪と賠償をするべき』

と。

それは、いわゆる ライダイハン の問題です。

先のベトナム戦争において、韓国はベトナム国民を虐殺し
婦女子を暴行しました。

そして、

その行為において、ライダイハンという子供たちが多く生まれたのです。

韓国は、まずそれに対する謝罪と賠償をベトナムに対して
しなければいけません。

慰安婦問題について言及するのは、それをしてからだと思います。


話はそれましたが、

韓国は日韓合意を確実に履行し、日韓関係を良好なものにすべきです。

国家間で合意したものを、政権が替わったといって破棄することは、
国際的にも許されません。

日本も、この問題については強気の対応をしてもいいと私は考えます。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 人生をうまく進めるには、ディフェンスが大切 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


以前はそういうことを思っていませんでしたが、
現在はかなり強く思っていることがあります。

それは、

『人生をうまく進めるには、ディフェンスが大切』

ということです。

「ディフェンス」、つまり守りということですが、
人生のかなりの部分はディフェンスを強化することで
対応できると考えています。

しかし、ディフェンスだけでは人間生きていきません。

当然ながら攻めることも必要なのですが、
その割合はかなり低いと思っています。

私が考えるに、「何をどう進めていくか」ということも大事ですが、
それよりも「何をしてはいけないか」ということを明確に
理解していることが大事である気がします。

人生、そして世の中というのは危険で一杯です。

その危険の中で生き延びていくには、完全なるディフェンス(防御)
が大切と考えます。


以前の記事でも書きましたが、攻める場合は絶対に勝てる勝負
しかしてはいけません。

もし、現在勝てる状態にないならば、勝てる状態になるまで待つ。
その辛抱が必要です。

しかしながら、その勝てる勝負に出た場合でも、もし負けた時の
対処方法をきちんと準備しておく必要があります。


人生の大部分は、きちんとしたリスク管理をすることで
うまく進めることができます。

『攻撃は最大の防御』

などといういい加減な諺がありますが、私から言わせていただくなら、

『防御は最大の攻撃』

なのであります。

つまり、防御(ディフェンス)をきちんとしておくことで、安心して攻めに
転じられる。

もし、防御もしてないのに攻撃するというのはいささか愚である。
そう私は思っています。

もし、今現在生活や生き方がうまくいっていない場合は、
まず「今自分は、なにをしてはいけないか」をきちんと理解することが
大切です。

そして、きちんとしたディフェンスができたなら、もう一度勝てる勝負に
転じましょう。


「リスク管理を徹底すること」
それこそが、自分の生き方を良いものにする。

そう思う次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 メンタルを強くする 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今年の目標の一つとして、このことを挙げたいと考えています。

それは、

『メンタルを強くしたい』

というものです。

私はどちらかというと強気な部分もありますが、どうしても
調子が悪い時や不安を抱えた時などに落ち込む傾向が
あります。

そういう悪い時、あまり落ち込むことなく心動かさないように
したいのです。

言い換えれば、もう少し精神状態を安定させたいのですね。

ならば、どのようにすればいいのか?

今はあまり答えが出てないですが、悪い状態の時こそ
「じっと辛抱する」ということが必要な気がします。

そして、何事にも一喜一憂せず平常心を保つ。

さらには、嫌なことや不安なことがあっても、やるべきことを
淡々とこなしていく。

そういう辛抱強さが大切であるように思えます。


人生や世の中は諸行無常であり、いつまでも同じことが
続くことはありません。

悪い状態であっても、必ず終わりが来るのです。

その部分をよく理解して辛抱強く時が経つのを待つ。
その精神力が必要であると思います。


これからも、「メンタルを強くする」ことについては、
引き続き書いていこうと考えています。

試行錯誤しながらもなにかいい考えが出たら、
また記事にしようと思います。

『メンタルが強い人間こそ、幸せを維持することができる』

そう思って修行していこうと考えている次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 負ける勝負はしない。勝つ勝負をする 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私は以前がらそうですが、このことはとても大切と思って
きちんと守ってきました。

そのこととは、

『負ける勝負は絶対しない。勝てる勝負をしていく』

というものです。

しかし、

負ける勝負に無関心、ということではありません。

負ける勝負の場合は、なんとか勝つ状態までもっていく。
その努力をして勝てる状態になったら勝負に入るのです。

こういう性格ですから、私は基本的にギャンブルはしません。

負けるリスクがあるという状況で、勝負に出れない。
私は、そういう性格なのであります。

でも、

それでも若い頃は、結構負けるかもしれない勝負をしてきました。

しかし、その結果はあまり良くありませんでした。

なので、歳を重ねてきた今は、ほんと勝てる勝負しかしなくなりました。

『臆病なのか?』

と言えば、そうなるのかもしれません。

人間、時にはギャンブルすという時も必要ですからね。

しかし、

やはり、負ける確率が多い状態で勝負に出るのはリスクが
多過ぎます。

私はずっと、「人生は確率の問題である」と言ってきました。

なので、勝負に関しても確率というのを大切にするのです。

今年は、あまり大きな勝負には出ないと思います。

それよりは、昨年の状態をさらに良くする。
そちらの方を重要視したいと思っています。


堅実に、かつ地道にコツコツと人生を進めていく。
そして、勝てる!と思ったら勝負に出る。

手堅いと言えばそうなのですが、今年もそのように
生きていきたいと思います。

しかし、

『たまには、負けるかもしれない勝負をしていいかな!』

いやいや、自分の信念は変えない方がいいでしょうね(笑)


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 理性 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人間にはいろいな感情がありますが、その中で一番大切だと
思うものはこれでしょう。

それは、

『理性』

であります。

人間、自分の思い通りに事を進めたいという欲望はあります。

しかし、

それだけを追求していたら、人は世の中では生きていけなく
なるのです。

例えば、自分の思うまま、好きなように生きていたならば、
必ず法律に触れることとなります。

そうすると刑事罰が下され、身柄は拘束されてしまいます。

また、家族の中で好き勝手なことをやっていたらなら、
当然家族は逃げてしまい自分は孤独になってしまいます。

自分が所属している組織内でも同じことです。

たとえその組織に誤りがあるとしても、自分の義務を果たさないと
孤立し挙句の果てには処罰されてしまいます。
(組織を追い出されることだってあります)

そういう時、

『何故、人や世の中は自分のことをわかってくれないのだろう』

と思っても無駄なことです。

世の中には、自分が正しいと思っても言ってはいけないこと。
そして、やってはいけないことというものがあるのです。

若い頃はまだ世間というものがわからないので、
理性を欠いた言動をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、

人間、40代を超えたらならば、自分の言動は理性に基づいた
ものでなくてはならないのであります。


今問題になっている相撲界の貴乃花親方のこと。

おそらく彼は、相撲協会というものを変えたい(改革したい)と
思っているのでっしょう。

しかし、もしそうならば、もっとうまく組織の中で渡っていくべき
であります。

今の、子供が駄々っ子しているような態度をとるのでなく、
理事長になるまでは黙って自分の義務を粛々と行っていく
べきだと思います。


『理性』

この感情は、人間が生きていくにはとても大切なことです。

いくら自分の信念があっても理性に反していては、
物事をうまく進めることはできません。

自分も理性をきちんと持って、うまく人生を渡っていきたい。

そう思う次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 人は、評価されないと生き甲斐を感じられない 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私、年末年始の休みは12月28日~1月4日までであります。
ということは、今日は4日ですから明日から仕事となります。

そういう今、私が思っていること。

それは、

『人間というのは、弱い生き物だな』

ということです。

私は休みに入って少し経った頃から、精神状態が悪くなりました。

それは、鬱になったり病気になったりしたのではありません。

なんと言うのでしょう。こう、なんとも言えない虚脱感が
私を襲ってきたのです。

これはいったいなんだろう?そうずっと思い続けてきました。
しかし、今日ようやくその答えが見つかったのです。

その答えとは、

『この8連休の間、私は誰にも求められていないし
 評価もされていない』

ということだと思うのです。

仕事をしている時は、現在ありがたいことに自分は求められている
と感じるし、ある一定の評価が得られていると思っています。

しかし、この8連休中はまったくそれがないのですね。

なので、やはり人間とは、

『自分が求められて、かつある一定の評価というものが必要』

なんだと思います。

以前の記事にも書きましたが、人間は自己評価だけでは
生きていけません。

やはり、評価というものは必要ですし、それは自己ではなく
他人からのものでなくてはなりません。

過酷な仕事であっても、自分が評価されていれば働いていける。

しかし、どれだけ一生懸命働いても評価されない場合は、
人は必ず行き詰る。そういう気がします。


ようやく私、明日から社会復帰ができます。
それは、とてつもなく嬉しいことです。

頑張って仕事をしようと思っています。

何故か?

それが、自分の存在価値を示せることだからであります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 新しい年を迎えて 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


新年明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い申し上げます


年末から元旦にかけて、少々気持ちが不安定なところがあり、
年が明けてブログを更新できないでいました。

しかし、今日はもう3日。
そろそろ気持ちも通常状態にしていかないといけないので、
気持ちを新たにして記事を書きたいと思います。

今年も基本的な生き方は昨年同様となります。

なので、簡単に言いますと、今年は現状を維持する年に
なると思います。

その中で、今年も守っていけなければならないこと。

それは、

・身の丈に合った生活をする
・社会規範を守った生き方をしていく
・仕事は今のまま続けていく
・真面目な生き方をする
・地道にコツコツと進めていく

であります。

つまりは、

「きちんとリスク管理をして失敗の少ない年にする」

それが、今年の目標となるのでしょう。

そして、欲望のことですが、これについては生活に支障を
きたさない程度に満足し不必要な要望は抑止していこう。

そう考えています。

しかし、1年間とは意外に長いものです。

その1年の間には、悩みもあり迷うこともあるでしょう。
しかし、そういうことにも焦らずに対処をし、少しずつ改善していこうと
思っています。

そして、自己鍛錬を積んで自分を成長させる。

それをコツコツとやっていき、少しずつ理想の自分に近づけたい
と考えています。

最終的な私の人生の目的は、「成熟した人間になること」
となります。

そのためには、日々努力していかねばならないことが
たくさんあります。

しかし、それについてもあまり焦らずゆっくりと向上していきたい。

そう思う次第です。


改めまして、今年もよろしくお願い申し上げます。

そして、皆様方にとっても2018年が良い年になりますよう
願っております。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 今年1年、ありがとうございました。】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


2017年も、ついに大晦日となりました。

今年は結構真面目に生きてきた(笑)ので、感慨深く感じます。

悪いこともありましたが、いい方が多かった年であったと
思います。

身の丈に合った生き方をし、欲望に溺れず真面目に過ごしてきたのが
良かったのだと思います。

途中から、「地道にコツコツと」生き出したことも良かっのでしょう。

来年の抱負はまだあまり考えていませんが、以前の記事で書いたように
知足安分」、「克己復礼」で生きていこうかと考えています。

つまりは、

「身の丈を知った生活をし、己に負けず社会規範を守って生きる」
ということになります。

ただ、再来年は少々生活を大きく変化させようと思っています。
それは、夢であり目標でもあるのですが、その下準備を着々と
進めていこうとも思っています。


今年も、拙いブログを閲覧いただき感謝いたします。
来年も同様のブログになるでしょうが、よろしくお願いします。

では皆様、よい新年をお迎えください!!


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 食事は、好きなものから食べる 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私が今まで生きてきた中でわかったことですが、
人生の中で大切なことなので記しておきます。

そのこととは、

『食事は、好きなものから食べる』

ということです。

今の健康ブームの中、食事は嫌いでもサラダ(野菜)から
食べるのがいい。
と言われます。

しかし、私はその提案には反対です。

確かに、サラダから食べた方が健康にはいいのでしょうが、
その嫌いなものから食べ始めるという行為が身に付くと
危険なのであります。

何故か?

それは、

『人生とは、嫌いなことを先にすると損をする』

からであります。


まず、食事の方に話を戻します。

もし、嫌いなサラダを食べ終わった時に何かが起きて
食事ができくなったらどうなるでしょう?

当然、自分の好きなものは食べることはできません。

また、嫌いなものを食べて腹が満たされてしまったら
どうでしょう?

これも、好きなものを食べれないのです。

ですので、食事は好きなものから食べるのがいいのであります。


話を仕事のことに移します。

上司から10の業務が与えられたとします。

その10のうち、7つは好きなことで完遂も簡単。
しかし、後の3つは自分の不得意な分野で処理も難しい。

こういった時、あなたならどこから手をつけるでしょうか?

答えは簡単です。
好きな7つの業務から手を付けて完遂してしまうのが正解です。

何故か?

例えば、後者の3つの難しい業務から手をつけたとします。

当然ながら処理が大変なので、時間も多く使ってしまいます。

挙句の果てには、時間ばかり使ってしまって業務を完遂できない。
そういうこともあるでしょう。

そうなっては、ある程度10の業務遂行に時間の制限があった場合、
最高でも30点しかとれないのです。

しかし、

好きなことで完遂も簡単な方から手を付けると、
あっという間に7つの業務をこなすことができます。

つまり、たとえ時間制限があったとしても70点はとれるのですね。

さらには、簡単な方を処理してまだ時間が残っている場合、
処理が難しい業務の方にも手を付けることができます。

そうすると、

80点以上の点数が取れる場合もあるのです。


このことは、食事や仕事に限ったことではありません。

嫌いなものから先に手をつける癖があると、
競争にも負けてしまうのです。

「よ~い、どん」で沢山の人と競争する時、
目の前にあるもののどれを選ぶか?

「自分は嫌いなものから手をつけるほうだから・・・」
と言ってそのようにしてしまうと、結局損をすることになります。

そうやっている間に、好きな(いい方の)ものはなくなってしまうからです。


話を最初に戻します。

少々健康に悪かろうが、絶対に食事は好きなものから食べましょう。
そして、その癖を他のことでも同様にするのです。

このことは、世の中を渡って行く中でかなり重要なポイントです。

もし、食事で嫌いなものから食べる方は、それを直すこととを
お勧めいたします。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 今年1年を振り返ってみて 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


昨日で、今年の仕事が終了しました。

午前中、作業に関わる道具の整理やビニールハウス内の
清掃などを行い、昼食は皆でカレーとオードブルなどを食べて
半日で終わりとなりました。

というわけで、今日から年末年始の休暇となります。

12月28日~1月4日までの8日間が休暇となりますが、
「少々長い休みだな」というのが私の実感です。

一応スケジュールをたてようと思ったのですが、
妻との折り合いがつかずに今のところ何も予定がない
という状態であります。

えっ!!ということは・・・

「引きこもり休暇??」

それも

「8日間も引きこもり??」

という途方もない恐怖感に現在苛まれています。

でもまぁ、世の中というものはなんとかなるものです。
現在は何も予定がなくても何かが出てくるでしょう。

そうやって、楽観的に考えるのが一番いいかな?
などと思っております。


さて、今年1年を振り返ってみていったいどうだったか?
ですが、

全体的に見ると、「よい1年だった」と言えるでしょう。

新しい仕事も見つかり生活の方も安定しました。

それに伴い、精神の方もほぼ安定してきて、
あまり生きることに苦労することはありませんでした。

来年も基本は、今の状態のままで進んでいこうと思っています。

しかし、

再来年に私自身大きな変化を考えており、それに対しての
準備に追われるかな!という感じもします。

ただ、来年もいろいろことを考えていくと思いますが、
一番大切なのは体が健康であることです。

なので、健康に気を付けながら妻と二人の生活を
営んでいこうと考えています。


というわけで今年1年を振り返ってみました。

来年の抱負はまた来年書くことにして、
今年の残り4日を楽しんでゆっくり過ごしていこうと考えております。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 人には、二通りの生きる道がある 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


人にはそれぞれ、生きる道というものがあります。

その道は、100人いたら100通りあるという感じで、
幾通りもの道が存在します。

ただ、自分の道を感じながらその道を進んでいる
という人はなかなかいないと思います。

ただ漠然と、自然の成り行きのまま無為に生きていく。
そういう生き方をしている方も多くいらっしゃいます。

しかし、

自分の生きるべき道は、自分できちんと決めて
いった方がいい。私はそう思っています。

何故なら、自分の道を進んでいるならば、「生きる意味」
というものも感じ取れるからであります。


『死ぬ時に後悔したくない』

人はそう思うことがあります。

それならば、やはり自分の生きるべき道というものを
きちんと決めて生きていき、「死から逆算した人生」
を歩まなければいけません。

人は、自分の寿命を予想することができません。

たとえ「自分は100歳まで生きるんだ」と生き込んでも、
現実にはその通りにはいかないのであります。

なので、

人間が生きる道とは、二通りを考えなければいけません。

一つ目は、
自分が予想(このぐらいだろう)した寿命まで生きると仮定した道。

もう一つは、
いつ死がやってきてもいいように、きちんとした死生観に基づいた
生き方(道)。

前者は、うまい具合に生きれた時の道です。
この道も、当然ながら考えておく必要があります。

しかし、

人は、いつ死が来るかわかりません。

なので、常に死を意識した生き方をしていかないと
いけないのです。

つまり、

そのように考えていくと、生きるということは結構
難しいことなのであります。


私は、なにも考えずに生きていくということができません。

なので、常に生きる道を考えてそれを行動に移す。
そういう生き方をしていっています。

しかし、その中で最も忘れていけないのは死の存在です。

人間は、永遠に生きることはできません。
そして、死がいつやってくるかもわからないのです。

ならば、前記したように、二通りの道を考えながら生きていく。
その覚悟が必要なのでしょう。


少々理解できないところがあるかもしれませんが、
生きる(人生)というのはそういうものなのです。

いつまで生きれるのか。そして、いつ死ぬのか。

それが全く分からない以上、人は死を意識した道も
考えておかねばなりません。

そして、「死の宣告」を受けた時、心動じない自分でいたい。

そう常に考えて生きている次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 私も、人の世話をする歳になりました 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私、今日少し趣向をこらしました。

私の職場に36歳の男性がいるのですが、とてもいい方です。
仕事も真面目にされるし、人にも優しく男気のある人物です。

でも、現在出会いというのがないために彼女がいません。

そういう彼を見ていて、私自身なんとかしてあげたいと
思いました。

私事になりますが、私は32歳で離婚をしました。

しかし、仕事柄女性と出会う機会が全くなく38歳で今の妻と
出会うまで女性とお付き合いをしませんでした。

なので、36歳の同僚の気持ちがよくわかるのです。

そして少し前に妻に言い、「よい女性を探してほしい」と
頼みました。

少し時間がかかりましたが、ようやく28歳の女性が
会ってもいいということになりました。

そして、今日の昼に顔合わせ会(食事会)をセッティング
したのです。

ただ、人には異性に対しての好みがありますので、
うまくいくかどうかはわかりません。

でも、友達付き合いから始めて良い関係になればいいな、
と思っています。


私たち夫婦は現在幸せな状態にあります。

なので、人間というのは、誰かに対して幸せのお手伝いを
しなければいけないと思っています。

今回のことがうまくいくかどうかはわかりませんが、
私もいい歳になり、少しずつ若者に対してなにかお手伝いを
していきたい。

そう思う今日この頃であります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 最近、思っていること 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


『自分の感情を最優先する人』

そういう人が、私が最も苦手とするタイプです。

・約束をしていたのに、簡単にそれを破る。
・組織の中で自分の義務を果たさない。

等々。

つまりは、

『人との約束をきちんと守れない』

そういう人が私は嫌いなのであります。

私の周り(仕事場)で、今そういう人が一人います。
私、何回も約束を破られ裏切られました。

人間、我慢というのにも限界があります。

一度くらい約束を破られるならまだ許しますが、
それが二度三度と続くようになるとまったくその人間を
信用できなくなります。


組織の中で生きていくには、その組織のルールを
守らなければいけません。

確かに、その組織自体が良いものでない場合もあります。

しかし、人が組織の中で居る以上、不満があっても義務は
きちんと果たさなければいけないのです。

現在問題になっている、大相撲の貴乃花親方のやり方。

彼は、相撲協会に不満があるようですが、私的には彼の
やり方は間違っていると思います。

組織を変えたい。改革をしたい。

そう思うならば、まずはどんな組織に居ようが義務は
果たさないといけません。

そして、きちんと義務を果たした上で物申すならいいですが、
今の貴乃花親方はそうではないです。

「信念」を貫くのもいいでしょう。しかし、その信念が間違って
いるのならば自分で柔軟に変えていかねばなりません。

つまり、

間違っている信念を貫き通すというのは、あまりにも稚拙な
行為であり、はっきり言いうと我がままとしか言えません。


・約束はきちんと守る。
・組織にいる以上、自分の義務は果たす。

そういう人間でなければ、大人になり切れないただの子供
なのであります。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 心穏やかでいること 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


最近、私が心掛けていることがあります。

それは、

『常に、心穏やかでいること』

であります。

テンションを上げ過ぎることもなく、かといって落ち込むこともない。
心の状態をナチュラルな状態に保つのです。

しかし、このことを実践するには結構難しい部分があります。

何故か?

それは、人には感情というものがあるからです。

頭にくる時もあるでしょう。体調が悪い時だってあるはずです。

でも、それでも心を穏やかにしておく。

それが大切だと私は思っています。


自己コントロール。これをうまくしていけば、心は穏やかになります。

そして、決して腹を立ててはいけません。

怒りは、人の感情の中で最も悪いものです。



何事があっても心動じない。

なかなか難しいことですが、それを意識していると意外に
できるものです。

『心穏やかならば、心身は常に健全である』

そう私は思っている次第です。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事

【 気持ちで負けず、常に攻める気持ちを持つ 】

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


いろいろなブログを拝見していると、たまにこういう方が
見つかります。

それは、

『完全に、気持ちで負けている』

という人です。

確かに人間ですから、調子が悪い時もあるのでしょう。

しかし、

『人間、少々のことで弱音を吐いたらいけない』

のであります。

弱音を吐くと、何故かしら心と身体はそちらの方向へと
進んでいきます。

いわゆる、弱音神に取り憑かれるのです。

でも、そんなことではいけません。

弱音を吐かず、常にモチベーションを高く持つように
するべきなのであります。

モチベーションの上げ方は人それぞれでしょう。

しかし、

大切なのは、常に今を大切にして前を向いて生きる。

その姿勢だと思うのです。


あと、この気持ちを持つことも大切です。

それは、

『常に攻める気持ちを持つこと』

であります。

実際のところは、攻める時と守る時を使い分けるのですが、
守る時でも気持ちは攻めていなければいけません。

ただ、私が言っている攻めとは、人に対して攻めるのでは
ありません。

人間、「人には優しく」でなければいけないと思っています。

つまり、攻める気持ちとは、「自分に負けない」ような精神力
のことを言うのです。


『気持ちで負けずに、攻める気持ちを常に持つ』

それぐらいの気概を持っていなければ、この辛い世の中を
渡ってはいけない。

そのように思う次第であります。


※ちなみに私は、うつ病を持病としています。


応援の程、よろしくお願いします。

にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
関連記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
リンク
プロフィール

うめぞー(又はテツ)

Author:うめぞー(又はテツ)
性別:♂
趣味:音楽鑑賞・ゴルフ・車(ドライブ)・動物鑑賞/飼育

カテゴリ
月別アーカイブ